「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『武田信玄 伝説的英雄像からの脱却』 読了
2007-05-01 Tue 10:28
『武田信玄 伝説的英雄像からの脱却(笹本正治・中公新書) 読了
shingen
サブタイトル通り 「戦国大名」としての武田信玄に迫る入門書
「甫庵太閤記」や「川角太閤記」などのお陰で、かなり胡散臭い話や嘘っぱちが「通説」として流布している信長・秀吉だったが、近年に至って実証主義的な立場から、かなり説得力のある批判が行われる様になってきている。これは、信長・秀吉は朝廷との関係などが緊密で、武家伝奏を務めていた公卿たち(勧修寺晴豊ら)が日記を残してくれており、比較的史料に恵まれていることと無関係ではないだろう。
・・・が、後に「神君」と祭り上げられて過大評価が目立つ家康などは、なお通説に対する批判的な論証が不足している様に感じる。そして、その「神君」を倒した男であった武田信玄は江戸時代から評価されてきた所為だろうか、今日でも「伝説的な英雄」「信長・家康も恐れた男」と、イメージが先行している感がある。実際の信玄は慎重すぎるくらい慎重(というより臆病)だが、機会主義的に領土拡大を狙ったために東国で孤立し、信長との同盟関係に依存しなくては勢力を維持できない存在であったことは『武田信玄と勝頼―文書にみる戦国大名の実像 で、当時の文書を論拠として説得力のある論証が成されている。が、同書は文書読解に重きを置いており、武田信玄を知る上での入門書、とは言い難い。また、永禄年間を画期として武田家の戦略・軍制がドラスティックに変化したことを論じた『信玄の戦略 組織、合戦、領国経営も好著ではあるが、内容的には平易であるとは言い難い。
本書は一級史料とは言い難い「甲陽軍鑑」によりかかってきた信玄像にに対し、「高白斎記」や「勝沼記」などを足掛かりにしてかなり徹底した批判が加えられている。「棒道」や「信玄堤」、「人は城、人は石垣、人は堀」、「甲州金」といった、これまで信玄を取り巻いてきた伝説的な虚飾を取り去ってくれる。信玄を伝説的英雄の座から追放するかの様な構成の本書だが、それと同時に信玄が「当たり前の戦国大名」としては手堅く有能な人物であったことも伝わってくる。
内容は平易論旨も明快、信玄に関する事柄については浅くではあるが網羅的に取り上げられており、入門書としては最適の内容。だが、「浅い」だけに物足らない感じがしたのも事実である。本書→『信玄の戦略』→『武田信玄と勝頼』の順に読めば評価が変わってきたかも知れないが・・・
別窓 | 読書 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<連休組曲 間奏曲  07年05月01日 | 「幻想工房」雑記帳 | 2007年度春期アニメ第5週#1>>
この記事のコメント
久しぶりです。
この本、面白そうですね。

信玄も寄り合い所帯の親方だったから結構苦労したろうな~とは思ってます。この本読めば、もう少し解るかな?

再見!
2007-05-02 Wed 15:06 | URL | 武侯仁従 #RFphBmaY[ 内容変更]
お久しぶりです

>>寄り合い所帯
信長のところもまた違った意味で「寄り合い所帯」ですけどね~
『信玄の戦略』を読む限り、永禄年間を画期として信玄は家内の制度改革(独裁強化)に取り組んで、その過程で義信を死に追いやっているのですが、それでも彼が手にした権限は全盛期の信長どころか、今川義元にも及ばない様子です。

ただ、個人的には『信玄の戦略』・『武田信玄と勝頼』の方がオススメです。特に文書読解を中心に据えて、一歴史人物として信玄を捉え直そうとした『武田信玄と勝頼』は良いですよ~
『信玄の戦争』は・・・ まぁ、お読みになった通りの出来です(-_-;)
2007-05-02 Wed 21:48 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
[>信玄の戦略』を読む限り、永禄年間を画期として信玄は家内の制度改革(独裁強化)に取り組んで、その過程で義信を死に追いやっているのですが、それでも彼が手にした権限は全盛期の信長どころか、今川義元にも及ばない様子です。

孫子の「権限の掌握」を為しえなかった、信玄は悲しい・・。

再見!
2007-05-03 Thu 10:35 | URL | 武侯仁従 #RFphBmaY[ 内容変更]
信玄は独裁権力を志向しながら、それが不徹底な部分がありましたね。
彼の家督相続の事情を考えれば、やむをえない部分がありますが・・・

しかし、とくに天正年間に入ってからの信長は権限強すぎですね。
自分の家臣達の封地に対しても直接軍事動員をかける書状が残っています。
2007-05-03 Thu 11:31 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。