「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2006年度冬季アニメ 第12週#1
2007-03-23 Fri 02:34
「友だちいうのんはな、迷惑かけ合うもんなんよ」
俺は迷惑かけっ放しだから人望がないのか?(最低

「パンプキン・シザーズ」#24 「ネギま!?」#25 「武装錬金」#25 鑑賞
「パンプキン・シザーズ」#24 最終回
サブタイトルは「軍人・平民・貴族」
 梶山静六(故人)と小渕恵三(故人)と小泉純一郎の顔が真っ先に思い浮かんだ(^^;)
最後は、不気味なほどほぼ原作通り。
いつでも第二シーズンの制作に入れる態勢なわけだが・・・
それだったら、1クールーに圧縮して欲しかった。
少なくとも、歩兵に生身で戦車に吶喊するようにを命じたのはちょっとねぇ~

「ネギま!?」#25
この期に及んでEDを差し替えてくるのが何とも言えない。
ちなみに、OVAとかCMでお馴染みの「らぶ★センセイション」ね
あれって妙に耳に残ろうというか、やっぱり電波ソングの一種なのだろうか
シリーズ終了間際にテーマソングを差し替えてくるって言うのは、「ガンダムW」だけかと思っていたが、結構いろいろ前例があったりするのかも知れない。
毎度お馴染みのメンバーしか活躍しなかったのが不満といえば不満。
アーニャファンは大喜びしていそうだけど。
最後の最後までチュパカブラに拘り続けたスタッフの姿勢には敬意を表したい(え~

「武装錬金」#25
原作以上に、「代わりなどいない」ことをこれでもかと強調する。
ちょっとしつこかったかも知れないが、これはこれで可とすべきか。
斗貴子さんの壊れ具合はよく伝わってくるが、それだけに見ているだけで不憫になって来るというか・・・ 次回最終回に注目
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<『つどうメイク・マイ・デイ』 読了 | 「幻想工房」雑記帳 | 新ソードワールドRPGリプレイ集Waltz2 『競争・怪盗・大湿原』 読了>>
この記事のコメント
>武装錬金
ここでまたオリジナルですね。
原作では語られなかった(?)斗貴子の葛藤が延々と描かれていましたが・・・・・
う~ん、原作の中でも病院にひきこもり(?)の斗貴子さんは描かれていますけど、私の中のイメージでは、わりと決断は早かったと妄想していたので、ああもめめしくしていられると、ちょっと斗貴子さんにしてはくどいかなと感じましたね。

しかしやはりパヒヨンの
「代わりなどいない。貴様にはいるのか、武藤カズキの代わりが」
の台詞はいいですねぇ。
後でなんとかなると分かっていても^^;
声優さんも熱演しています。
2007-03-24 Sat 14:29 | URL | 南斗 #I4t1ZHtI[ 内容変更]
>>武装錬金
確かに、斗貴子さんについてはややしつこかったかも。
サブタイトル「代わりなどいない」を考えると、パピヨンの熱演も含めて悪い内容ではありませんでしたが、犠牲になった原作部分を考えると・・・
2007-03-24 Sat 21:44 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。