「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『リリアとトレイズV 私の王子様〈上〉』 読了
2007-03-17 Sat 02:44
『リリアとトレイズV 私の王子様〈上〉(時雨沢恵一・電撃文庫) 読了
lili5
二ヶ月連続の前後編構成 その前編
・・・やっぱり、トレイズはヘタレだった?
シリーズの法則に則り、二ヶ月連続の前後編構成。
そして、親世代の「アリソン」シリーズは三巻で終了だったので、実は次回でラストだったりするのだろうか? 個人的には「キノ」シリーズよりも断然こちらの方が好みなので、何らかの形で続けていって欲しいのだが。
リリアとトレイズ。
リリアはダンスパーティーのパートナーを、トレイズは文字通り生涯のパートナーを。どちらもそれぞれの事情からパートナーを必要としている状況から物語は開始。これまでのリリアとトレイズの関係は、リリアがトレイズの好意に一方的に甘えている構図だった。そこに青天の霹靂、前巻ラストで「トレイズを婿にとる」と宣言し鳴り物入りで登場したマティルダ王女だったが・・・ ダメだ、この人。キャラ薄すぎ。まぁ、全般的に濃ゆいキャラが多いので、こういう薄味キャラの方が実は差別化を図れるんだろうけど。
それにしても、目立つのはトレイズ君のヘタレっぷりか。「俺はリリアと添い遂げる!!」宣言するのかと思いきや・・・ ひょっとして、このまま放っておかれたらなるようになってベゼル王家に嫁いで(違)いってしまいそうな気もしてきた。
子供世代達の方があまりに緊張感がないものだから、うっかりアックスさん(「アリソン」シリーズで、ヴィル=トラヴァス少佐=リリアの父が射殺したグラツ大尉の娘)のストーリーの方に引き込まれそうになってしまったぜっ・・・
で、「アリソン」シリーズを読んでいれば判るが、この「リリトレV」は「アリソンIII」とキャラクターやシチュエーションなどをかなり意識して被せてある。前シリーズからのファンは、相違点を探してみるのも面白いかも知れない。
別窓 | ライトノベル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『天空のアルカミレスIV カストラの虜囚』 読了 | 「幻想工房」雑記帳 | 2006年度冬季アニメ 第11週#1>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。