「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2006年度冬季アニメ 第8週#2
2007-02-25 Sun 04:24
「この分からず屋がっ!!」
・・・ついに・・・

コードギアス 反逆のルルーシュ」#18 鑑賞
何か、opアニメーションが変更されていたり。
こんなことしている暇あるなら、総集編#17.5「仮面の告白真実」とかやってるなよ、と(^^;)
 "黒の騎士団"会議&スザク騎士叙任式 → 学園のスザク祝賀会
の流れはなかなか良かったかも知れない。
各キャラの心情や状況を短い時間で無駄なく描いており、感心した。
"黒の騎士団"再編会議 
ディートハルトの献策通り、組織再編
 ・総司令 ゼロ
 ・副司令 扇
 ・軍事総責任者 藤堂
 ・情報全般・広報・渉外総責任者 ディートハルト
 ・技術開発 ラクシャータ
 ・零番隊隊長 カレン 「ゼロの親衛隊」を拝命し、感激している様子が可愛らしい
 ・一番隊~四番隊 四聖剣の皆さん
 ・第二特務隊隊長 玉城 いわゆる"鉄砲玉"って奴か?
順当な人事だが、やはり玉城の起用が予想外。
扇さんは・・・ 大きな爆弾(記憶喪失のヴィレッタ)を抱えているからなぁ~
カレンがびっくりしたのはC.C.が役職無し、ってポイントか。
私はてっきり、玉城を起用した予想外人事に驚愕しているのかと思ったよ、最初(^^;)
あとは、ディートハルトは本当に参謀役が板に付いてきたというか、あれだとまさに"帝国印・絶対零度の剃刀"って感じになっていることだろうか。カレンとはまた違った意味でゼロに心酔しているというか、狂気を感じるな、この人からは。
「スザク騎士叙任式」
やはり、反発ありまくり
 貴族♂「どうやって取り入ったのやら・・・」
 貴族♀「そこはほら、ユーフェミア様も年頃だから(ヒソヒソ」
そして、宣誓・祝福が終わっても拍手無し。どんだけ陰険なんだよ(-_-;)
「銀河英雄伝説」のラインハルトがゴールデンバウム朝に出仕した時以上かも(^^;)
ちなみに、「ナンバーズを区別するのは帝国の国是」(コーネリア)とのことだが、そんなことしていたら急速にエリア(植民地)を拡大させる帝国はあっという間に人材が払底することになる。古代ローマも周辺諸国・諸部族の指導者層の子弟を人質として預かり、当時の最高水準教育を受けさせてローマシンパとしていたことを考えれば、まことに拙劣な政策だと言える。
ちなみに、叙任式で真っ先に拍手したロイド伯爵の漢っぷりと、軍人らしく肚を決めているダールトン将軍をちょっぴり見直したり。まぁ、ロイド伯爵は大好きだけどね。中の人もまさに怪演って感じでノリノリだし(^^;)
ちなみに、スザクの騎士叙任に不快感を示したのがコーネリア。
国是を変えてみせる、と意気込みを語るユーフェミアに、
 「それは皇帝になるということだぞ、判っているのか?」
と窘めるあたりが、やはり姉らしいけど・・・ これも後編への伏線か?
「アッシュフォード学園祝賀会」
叙任式と違い、こちらは本当にスザクを祝福している感じで良い対比になっていた。
そして、リヴァル・・・ ちょっと哀れになったかも(-_-;)
相手は伯爵さんだし・・・ でもミレイはあんまりロイドとは波長が合っていそうにないから、まだまだ希望はありそうだ。・・・まぁミレイ自身が婉曲的にであってもルルーシュ大好きをアッピールしている現状だと、やはり望み薄か・・・
そして、驚いたのはカレンのゼロへの傾倒ぶり
あれほど戦うことに躊躇いを見せていたスザクに対して、「ゼロのためだ」と暗殺する度胸を完全に決め込んでいる。基本的に情に厚いキャラクターだが、決め込んだら本当に突き進む。実はあの組織だと玉城以上に猪突猛進型なのかも。
「式根島の攻防」
そして、今回の山場。
帝国本国から出向いてくる貴族を歓迎するため、式根島に向かうユーフェミア。そこを打倒・スザクの好機と捉え、ランスロット及びスザク捕獲を企図する。
ゼロ自身が囮となり、スザクをおびき寄せてランスロット捕獲に成功するが・・・
ここでもやりとりはなかなか良かった。
ゼロ=ルルーシュには切り札がある。スザクが戦う理由、スザクが背負った罪を知り抜いている訳で、これを衝いてやればスザクがを口説き落とせると踏んでいたのであろうし、実際にスザクは相当に動揺していた。
が、基地司令官の命令によって元の「死にたがり」に戻ってしまった様だ。
このへんの駆け引きというか、スザクとルルーシュのぶつかり合いは見応えがあったが一つだけ納得できない点があった。だって、捨て駒を使って戦術目的を達成するのはルルーシュの十八番じゃなかったか? 少なくとも、彼は帝国がスザクの犠牲を前提とした作戦を立案してくることを考慮していて然るべきだと思うが・・・

まぁ、最後はシュナイゼル皇子所有の浮遊要塞"アヴァロン"が登場。
ひょっとしてあれか、アヴァロンといいランスロットといい、シュナイゼル麾下の嚮導兵器は全てアーサー王伝説繋がりなのか?
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<宿酔 07年02月26日 | 「幻想工房」雑記帳 | 読書報告 07年02月23日>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。