「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2006年度冬季アニメ 第7週#1
2007-02-14 Wed 08:22
「やがて失うものに意味がないのなら あなたの命もまた無意味でしょう」
こういう台詞が多いのが、本来の持ち味

パンプキン・シザーズ」#19 鑑賞
パンプキン・シザーズ#17
いよいよ、クライマックスの「舞踏会編」に突入。
・・・が、#7で着替えネタを使ってしまっているのが痛かった・・・
そして、ソリス&エリスのお姉様方のお化粧がケバ過ぎる件について。
原作だともう少し化粧っけを感じさせないというか、もっとお上品なメイクだった様な・・・
ただ、今までなんのために登場したのか判らなかった自称"アリスの婚約者"シュルツがようやくスポットライトを浴びたというか、存在感をアピールできたというか。まぁ、最初から出さなかった方がスッキリするんだけどね(お
まぁ、登場させた意図を測りかねるアニメオリジナルキャラだったな~。
原作から改変された部分はあるものの、悪い出来ではなかった。
この作品の根底に流れる"持つ者"と"持たざる者"との対比が最も鮮明に現れるエピソードの掴みとしては(アニメオリジナルエピソードで貧困層の生活を描写しているだけに)上出来だったと言って良いかも知れない。
・・・が、レオニールの台詞を入れるタイミングがズレているお陰で意味不明になっていたりとか、次回以降はレオニールと伍長は既に面識があるので、あの台詞は削られるんだろうなとか、伍長もアリスのドレス姿を一度見ているんで驚かないんだろうな、とか思うとねぇ~
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<2006年度冬季アニメ 第7週#2 | 「幻想工房」雑記帳 | 華燭の典 07年02月13日>>
この記事のコメント
何気にあの貴族のお兄さん(シュルツ)が、ただのアホからまともな人に人格が変わっていたのが印象的でした。
って・・・どこを見ているんでしょね^^;
しかし彼にアリスの心のうちを読ませて語らせるのは、キャラ的に違和感ありまくりでした^^;

というか、やはり戦闘はあるのでしょうが、敵はやっぱり「あの国」の人なんでしょうかね?
既にあの国の人も使っちゃってるわけですが。
この舞踏会編でテレビシリーズは終わりでしょうから、次期シリーズの予定がないなら、あまり気にする必要もないのでしょうけど。
2007-02-17 Sat 07:57 | URL | 南斗 #I4t1ZHtI[ 内容変更]
>>シュルツが代弁
確かに、違和感を覚えますね。
てか、普通にありえないような気もします。
>>大立ち回り
いや、もう普通に出てくるでしょう、近衛兵さん。
オリジナル展開で、原作要素を切り売りしていても、何事もなかったかの様に原作通りに進めて、アニメ内での整合性に頓着しないのがgonzoクオリティ。
2007-02-18 Sun 02:58 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。