「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2006年度冬季アニメ 第6週#3
2007-02-13 Tue 02:41
「私を連れて行って―― 全てを壊してしまえ・・・」
漂泊者たちの挽歌

「天保異聞 妖奇士」#18 「地獄少女 二籠」#18 鑑賞
「天保異聞 妖奇士#18
アビ編、ようやく決着。
このシリーズは全編通して、この世に受け入れられない者或いは漂泊者がテーマの一つであることは間違いない。"山の民"に憧れ続けた米吉、逃避願望が形になって妖異を生み出しかつそれと交わって"異界"を安住の地としてニナイ、"古き民"を国津神の末裔だと盲信していた山崎屋。全て漂泊に憧れたり、それに絶望したりする者達ってことで。
見所としては、山崎屋に踏み込む際の鳥居耀蔵かな。
てか、「暴れん坊奉行」? 中の人ノリノリ(^^;)
そして、毎度のことながら放三郎さんが熱すぎる!! 当初は蘭学者上がりの頭でっかちっぽいキャラだったけど、こういうキャラになるとは思わなかったなぁ~ OPの簑笠を持ち上げた際の不敵な表情といい、個人的には男性キャラでは一番好感が持てる。
しかし、テーマとしてはなかなか面白かったけれど、エンタテインメントとしてみた場合、この番組ってこの時間帯にテレビを見ている層に対して訴求力があるんだろうかね? 妖異と人の子とか、インセストタブーもなんのその、なニナイの告白といい、明らかにこの時間にテレビを見ている良い子にはドギツすぎると思うんだが・・・
次回は往壓祭。てか、幕末にドッペルゲンガーって、斬新すぎるぞ(^^;)

「地獄少女 二籠」#18
ああ、良い具合に鬱なエピソード~
こういう陰鬱なアニメも悪くない。・・・一週間に一度ぐらいなら(^^;)
しかし、私は「自分の血をひく子供が欲しい」と切実に感じたことは生まれてこの方一度もないので、このお父さんの苦悩というか過去には今ひとつ感情移入できなかったり。てか、けしかけておいてそりゃないだろう、お母さん。
しかし、最後に残ったおはじきが何とも切ない。
次回は、輪入道の過去編。そして、何よりも温泉!!
あいのボディラインは起伏に乏しそうだが大丈夫か?(余計なお世話です
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<竜騎士ジル、「暁の女神」に参戦決定!! | 「幻想工房」雑記帳 | 2006年度冬季アニメ 第6週#2>>
この記事のコメント
>天保異聞
新キャラがずいぶん増えてきましたけど、個人的にはコナン狂斎が役回りも頭が切れてそれっぽい感じで、あえてやっているのかなとか思って見たりしています。
やはりああいうキャラがいないとあの時間帯の放送は厳しくなってきているとか^^;
なんとなく、出てくる新キャラも初期メンバーに比べるとあくが少なくなってきたというか。
少しずつ路線を柔らかくしてきたのかと思えば・・・
内容は相変わらず、ちょっと年齢層上目狙いでしょうか?
2007-02-13 Tue 07:37 | URL | 南斗 #I4t1ZHtI[ 内容変更]
>>天保異聞
狂斎はかなり良いですね。
キャラクター的にも年少視聴者が感情移入しやすいキャラだと思います。役回りも声も江戸川コナン君にそっくりですが(お しかし、忘れてはいけないのは彼がアトルのストーカーだと言うことです(え~
私自身はこういうのは嫌いじゃないですが、かなり大きなお友達がメイン視聴者になっていて、明らかに放送する時間帯を間違えているというか
2007-02-14 Wed 04:14 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。