「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『とらドラ! 4』 読了
2007-01-17 Wed 03:21
『とらドラ! 4』(竹宮ゆゆこ・電撃文庫) 読了
toradora04
素晴らしいシチュエーションが出来上がった!!
既刊読者は絶対買い。
今にして思えば、前巻のやや空回り気味のテンションは準備動作だったのかも知れない。
北村祐作、逢坂大河、櫛枝実乃梨、川嶋亜美と高須竜児。いつもの面々が夏の思い出にと海辺の別荘を訪れる。直前に期せずして同じ内容の「悪夢」&「警告夢」(大河&竜児エンディング)を見た大河と竜児はこの機会にそれぞれの思い人との距離を詰めようとするが、共倒れを避けるため、一方は完全フォローに回ることにして、周到(?)な計画を練り上げるが・・・
夏の海に高校生だけで宿泊旅行というシチュエーションらしく、買い出し・海水浴・肝試し・花火大会と青春万歳なイベントが続くのだが、その辺は割愛する。そういった青春イベントは、あくまでヒロイン達が普段隠している本心・本音を導き出す、呼び水でしかないからだ。
日常から外れた状況で、竜児にそれぞれの隠してきた本心を漏らす実乃梨と亜美の描写は秀逸。普段のコテコテかつパロディねた全開の各キャラの掛け合いとまさに好対照をなしていると言える。
竜児への好意をストレートに伝えた亜美は勿論だが、日頃のハイテンションぶりが嘘の様に悄然として独白する実乃梨と竜児の掛け合いは素晴らしい。竜児に依存していることを思い知らされた大河もだけどね。
とにかく、当世風の言い方をすればいろいろとフラグが立った感じだ。この状況は一見平穏そうだが、その実かなり緊迫してきていると思う。喩えるならゼッフル粒子が充満した密室と言おうか。あちこちに地雷が敷設されているけど対戦車地雷だから反応していないだけと言おうか。この立体交差ヘキサゴン修羅場好きとしては見逃せない。次巻への期待が否が応にも高まってくる感じだ。
別窓 | ライトノベル | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
<<いろいろ 07年01月17日 | 「幻想工房」雑記帳 | 『私立! 三十三間堂学院』 読了>>
この記事のコメント
4巻は買いですか。
実は丁度先日他の本と一緒に買って読み始めたところです。

3巻でちょっと読む気力が無くなってきていたところですがこれは期待していいですかね。
2007-01-17 Wed 19:50 | URL | 南斗 #I4t1ZHtI[ 内容変更]
>>買い
いや、あくまでも私の好みですが(^_^;)
ただ、次に向けて充分に火薬がばらまかれた感じかな~ いつ火がついてもおかしくないという、おっかない状況になっています。
2007-01-18 Thu 02:39 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
というわけで、とらドラ!3・4まとめていきます。 …
2007-01-20 Sat 20:58 徒然なるままに・・・
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。