「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2006年度冬季アニメ 第2週#2
2007-01-13 Sat 04:23
「私を失望させるな」 「ゼロはアタシが護るっ!!」 「お願い、信じさせて・・・」
 シーツーはシャーリーに嫉妬し、シャーリーはカレンを羨ましがり、カレンはシーツーに対抗意識を見せる。この、トライアングルがたまらん(え~

パンプキン・シザーズ」#14 「コード・ギアス 反逆のルルーシュ」#13
「機動戦士ガンダムSEED-DESTINY 自由の代償」 鑑賞
パンプキン・シザーズ#14
ようやく、待ちに待った「水道局編」だぜ!!
やっぱ、作画はかなり健闘しているから見応えがある。
・・・のだが、やっぱ整合性が取れていない
水道局員に配備された自動小銃を見て、どうして真っ先に戦車を思い出すの?
どっちかっていうと、#07の自動小銃を思い出すべきじゃないのか。
アニメシリーズを通してみると、整合性が取れておらずもの凄く不自然に感じた場面。
まともにシリーズ構成する力量がないのなら、下手にストーリーを弄るべきじゃないだろう。とりあえず、少尉殿の大立ち回りまで我慢我慢。

「コード・ギアス 反逆のルルーシュ」#13
op・edのテーマ曲変更
アニメーションは部分改変だったが・・・ 新opは微妙すぎると思う。
タイトルは「解読不能」だったが、これってひょっとしてギャグなのだろうか?
毎度だが効果的に時間を使っているというか、密度が濃い。
アバンが非常に効果的だったと思う。
 行動の果てには、結果という答えが待っている。例外はない。
 そこにルルーシュの力は及ばない。いかなる相手にでも命令を下せる
 絶対遵守の力を持っていようと、その必然からは逃れられない。
 母の仇を討つ為に、妹ナナリーが幸せに過ごせる場所をつくる為に、
 動き出したルルーシュ。だがしかし、世界は、人々は、彼の思惑とは
 別に結果を付きつけ、その続きを求めてくる。
 その続きが世界を紡いでいくというのなら、誰かが負うべき罪は、受けるべき罰は、
 一体どこにあるというのだろう。

このナレーションは非常に示唆に富んでいると思う。
己の復讐のために、ルルーシュは行動を起こした。そこには圧政を惹く敷くブリタニア皇帝と、不条理に母親を奪われた妹がいて、彼の真摯な思いがある。そして、その背後には彼を指示する多くのイレブン達がいる訳だ。
それらの全てが積み重なったのが、ナリタ連山での事故なのだが・・・
たとえば、この事故の責任の一端は、ブリタニア軍にもある。
作戦行動を行う時に、近隣都市への避難勧告が遅れた(あるいはコーネリアの性格上、行わなかった)ことから、戦闘に巻き込まれたブリタニア市民に死傷者が出ることは充分あり得たわけで・・・
ただ、こんな理屈でルルーシュもカレンも心を軽くはしないだろうけど。
そして、ルルーシュやカレンが心を悩ます描写は非常に良かったと思う。そして虚勢をはっている故にか、採りうる最も非情な策を敢えて選択するルルーシュの痛々しさがよく伝わってきたと思う。
また、ゼロとスザクの対比が明確になってきた点も注目
 ゼ ロ「貴様さえいなければ!!
 スザク「お前がいるから!!
う~ん ダブル主人公としては成功しているんじゃないだろうか。 
キャラネタで、いろいろ書きたいこともあったが、疲れたのでやめた(お

「機動戦士ガンダムSEED-DESTINY 自由の代償」
何度見ても、酷いアニメだね。
素材が良かっただけに、際立ってしまう。
「THE EDGE」の最終決戦の方が遙かに説得力があったというか・・・
DESTINYは真面目に作り直したら名作になると思うんだけど、今の首脳陣が居座っている限りは、何度作り直しても碌でもない駄作が再生産されるだけだろう。
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<テンプレート変更 07年01月12日 | 「幻想工房」雑記帳 | 今日の散財 07年01月12日>>
この記事のコメント
>パンプキン・シザーズ
ついに水道局編なわけですが、なにかそこに行くまでの間がありすぎて、興ざめしてしまったというか。
漫画で感じた怒涛のストーリー展開も、こうなっては形無しですね。
しかし、アニメだけしか知らない人がどう評価するのかは気になるところです。
もっとも、あまり知名度はないようですから、そんなにヒットはしていないんでしょうかね・・・
2007-01-14 Sun 21:53 | URL | 南斗 #I4t1ZHtI[ 内容変更]
>>パンプキンシザーズ
掲示板などでは、概ね好意的な意見が多いようです>原作未見派
ただ、原作のスピード感溢れるジェットコースター的な怒濤の展開に慣れてしまうと、アニメの構成は間延びしすぎていて正直、勿体ないと感じます。作画・アニメーション(動き)が健闘しているだけに、軽率にストーリーを組み替えたシリーズ構成者の軽挙が悔やまれます。
>>低い知名度
ただ、このアニメのお陰で素晴らしい原作に巡り会えたわけで、そういう意味ではアニメに感謝でしょうかね(^^;)
2007-01-15 Mon 02:26 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。