「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「大航海時代4 PK」ホドラム編 その1'
2011-02-24 Thu 03:35
データがバグって強制終了するようになったので泣く泣くやり直し(T_T)
詳しい話は、「1」参照のこと(お
ちなみに、ホドラム自身の言葉でスウェーデン海軍の実態が語られている。
ホドラム01
「…つまりはワンシップ・ネイビーたった一隻の海軍なのだよ」

これで、ブリガンディン級一隻でどうにかしろ、とか無理難題にも程がある。まぁ、単身スペインのガレオン船を分捕って、スペイン無敵艦隊を破ったオットー・スピノーラ卿の先例があるから、多少なりとも「マシ」だと感じてしまう。それに当面の相手は、ハンザ同盟を代表するシュパイヤー商会(独)
 いくら金満でもハンザコグ級(最弱の艦船)で艦隊を編成してくるナイスガイ
なので、スペイン無敵艦隊に比べたら組みしやすい。

ちなみに、スタート時点では以下の陣容
ホドラム・ヨアキム・ベルグストロン(主人公)
ホドラム02
主人公の中では武闘派タイプ。場合によっては斬込隊長甲板要員も任せられる。
最大の特徴は
 白兵戦で乗っ取った敵船を曳航できる
ことか。まぁ、「II」までだとどのキャラでも可能だったんだがな~
あと、戦闘に勝利すれば国家から報奨金が出る。

ゲルハルト・アーデルンカッツ(独)
ホドラム03
ハイレベルなオールラウンダー。まさに万能。何でも出来る頼れる「両腕
来世ではきっと銀河帝国軍の上級大将だろう。
長期航海中は頼れる副官として、交易時は泣く子も黙る鬼の主計長として、戦闘時は一騎当千の斬込隊長として活躍の場を選ばない。まさに八面六臂。また、アイテムイベント(掃滅のカッツバルケル→教経の胴丸具足→カール・マルテルの甲冑)を全て起こしたのなら、地方艦隊提督に起用するのも良いだろう。ただ、謀略術はやや苦手としているので参謀には不向きか。

マヌエル・アルメイダ(葡)
ホドラム04
測量術に優れる。測量士船大工に向くか。肉弾戦は苦手とするが、それ以外は結構なんでもこなせる。ただ、観察力は低めで観察室を任せるのは難しいかも知れない。こう見えても詩人。というかポエマー。何語で詠んでいるのか気になる

シャルル・ロシュフォール(仏)
ホドラム05
マヌエルとよく似た能力値。同じく測量士船大工に向く。また、命中力が高く成長しやすいので砲術を任せるのもありか。麾下の艦船を任せるのも悪くない。

これが北海の地図。
ホドラム06
ちなみに、北海には新たに仲間に出来る航海士はいない。
シュパイヤー商会を倒すのが第一の目標だが… 正直、シュパイヤー商会は放置していても全く脅威にならないので、むしろ地中海・新大陸・アフリカ方面に航海士を集めに行った方が得策だろうか。特に押さえておくべき港は、ブリストルナント。ブリストルは新大陸とのターミナルになるし、ナントは地中海との結節点。特にブリストルはうかうかしているとクリフォード軍(英)に独占されてしまうので、急ぐ必要がある。

そういう訳で、各都市と最低限の契約(シェア1%)をすませて、さっさと地中海に出てしまった。
途中、心優しいドイツ人ハンザコグ10隻現金を何度か貢いでくれたのだが、それらを拿捕して艦隊に加えて南下を続けた。本当、立派な海賊だぜ~
別窓 | 「大航海時代4」ホドラム編 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<今日の散財 | 「幻想工房」雑記帳 | 帰宅時間>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。