「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
season2010 ベアーズ、カンファレンス・チャンピオンシップで敗れる
2011-02-05 Sat 22:27
ベアーズ 14 - 21 パッカーズ
奇しくも「伝統の一戦」となったCC。
69年ぶりのプレイオフでの対戦は、パッカーズに軍配が上がった。
はい、敗因は3つ。

(1)ディフェンスが前半に機能しなかった
QBロジャースが、tampa2の弱点となるミドルレンジのパスを連投してくることは目に見えていた。が、4menラッシュがなかなかポケットを食い破れず、ロジャースにかなりの時間を与えてしまった。レギュラーシーズン中のWeek3の対戦では、ロジャースをフィールド狭しと追いかけまくったのだが・・・
また、RBスタークスに走られまくったのも誤算。これを止められていれば・・・

(2)QBカトラーが完封された
あまりに不甲斐なかった。
Week17に続いて完封されたわけで、これではエースQB失格である。また、ここまで比較的好調だったオフェンスラインもパスプロテクションはもとよりランブロックも拙い出来で、カトラーを援護できなかったのも攻め手を欠いた一因といえる。Q2最後の攻撃をあっさりINTされたりとガッカリな出来であったが、既にあの時点でカトラーの動きが怪しかった。痛みを押してプレイし続けていたのだろう。その点についてカトラーを非難するつもりはない。

(3)スペシャルチームが機能しなかった
サイドラインに蹴りこむわけでもなく、GBのPマシェイは目立たないながら実に良い働きをしていた。GBファンから見ればNTラジのINTリターンTDに目が奪われてしまうかもしれないが、この試合の殊勲はマシェイだったかと。WRヘスターは自慢のキックリターンをほとんど披露できなかった

負けるべくして負けた、という印象。ただ、勝てる要素はあった。

後半に入ってからは、自慢のハイパーディフェンスがようやく機能し始めた。
QBロジャースは全くパスが通らず、RBスタークスも封じて、後半はほぼGBオフェンスを完封。ここまでGBオフェンスを封じ込めることが出来たのはDETくらいじゃなかったろうか?LBアーラッカーのサック・INTと見せ場も充分につくれた。
ただ、後半は最初のドライブでQBカトラーが負傷交代
…まぁ、これは仕方ない。重症だったみたいだし、明らかに動きが鈍かったので。
カトラーを「臆病」だと批判する向きがあるようだが・・・ 本当にどうしようもない奴らだな。好き勝手に批判して。確かにカトラーのプレイは不甲斐なかったよ?ただ、明らかに動きが鈍ってきた以上、チームのために交代するのは当然だろう?
そもそも、カトラーはリーグ最弱のオフェンスラインによってリーグ最多のサックを浴びながらも、健康の許す限りゲームに出場し続けた。積極的にスクランブルするし、場合によってはエンドゾーンに頭からダイブすることだってある(昨シーズンのブラウンズ戦では宙返りしながらダイブ)。機動力と強肩、闘志。どれをとってもカトラーはリーグ水準以上のQBだし、ことにタフネスぶりはリーグ屈指と言っていいだろう。
・・・まぁ、マスコミとのつきあい方とかは下手だけど(-_-;
カトラーは「性格が悪い」とされているけど、ことプレイに関しては真摯だと思う。また、フィールドの外でも闘犬やったりとか、性犯罪を犯したりとか、不倫したりとか、傷害事件を起こしたりとかいった不祥事とも無縁である。「人格者」とされているダンジーもカトラーに批判的で、違法闘犬で服役したビックに寛容なあたり、カトラーの「悪評」の所詮は各個人の好き嫌いの問題だと思うのだが。

本題に戻ろう。
でも、どうしてQBコリンズが出てくるかな~?
コリンズのQBレーティングが凄いんだよ~ 5.9 何の数値だ?
この試合でも、結局パスが一つも成功せず。@NYJ、@CARの二戦で全く役に立てなかったお爺ちゃんに仕事させちゃダメだろう。この二戦では明らかに第3QBのQBヘイニーの方が動きが良かったし、戦術理解度も高いように思う。INT寸前のパスを投げた(誤審→赤旗チャレンジで覆る)こともあってか、負傷したコリンズからヘイニーに交代。
ここで、QBヘイニー大活躍
ラジにINTリターンTDを決められはしたが、2TDを挙げる活躍。状況判断はまだまだ甘いのだが、度胸があって積極的なゲームマネイジメントを見せてくれたし、何よりもオフェンスのテンポが一気に改善した気がする。気の所為かもしれないが、実は生粋のマーツオフェンスに適しているのはカトラーよりもむしろヘイニーかもしれない。

いずれにしろ、コリンズは放出の方向で宜しく。
QBヘイニーはバックアップとしては申し分がないだろう。来季はオフェンスラインを強化した上でもう一度地区優勝、そして今度こそスーパーボウル制覇を!やっぱりアーラッカーとブリッグスにリングをとってもらいたいので。
前評判はイマイチだったのに、今季は本当に楽しませて貰えた。毎週ワクワクして過ごせたし、本当に心の浮き立つようなシーズンだった。
別窓 | シカゴベアーズ応援団 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<新年度本格始動 | 「幻想工房」雑記帳 | 今日の散財>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。