「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
season2010 ベアーズ、レギュラーシーズン最終節に惜敗
2011-01-06 Thu 00:50
パッカーズ 10-3 ベアーズ
堅守vs.堅守の引き締まった好ゲームだったが、攻め手がなく惜敗。
同地区対決全勝ならず・・・ 無念!
満身創痍のパッカーズ・・・ 開幕ロスターがボロボロ欠損しとる。その中でここまでの戦績を残しているのは凄まじい。しかも、負け試合はいずれも僅差。個人的にはポストシーズン最大の脅威だと認識している。ワイルドカード獲得に死力を尽くすパッカーズに対し、我らがベアーズもWRベネット以外はほぼベストメンバー。NFC屈指の強豪同士の激突となったが・・・

ディフェンス
エースRBグラントを欠いていたとはいえ、パッカーズのランオフェンスをほぼ完封
ベアーズが採用する「Tampa-2」は
 ・DL ・・・パスラッシュ
 ・LB ・・・豊富な運動量でパスカバー
 ・DB ・・・SS・FSによる縦深防御
により、ビッグプレイの阻止を重視する守備隊形。これがいつになく上手く機能していたと感じた。強烈なパス攻撃力を秘めたQBロジャースを200yard台に抑えたのは大きかったかと。また、INT・FFの生成力は相変わらず。CBティルマンのINTは見事! しかし、よくよく考えたらCBボウマンが控えになっている、というのが凄いよな~
ロジャースほどの強肩・俊足のQBを低得点に押さえ込めたことは充分に評価できる。NFCにはロジャースほど危険なQBは他にいない、と考えているので。もちろん、ヴィックやブリーズだってこいつに比べたら与しやすい相手だと言えるんじゃないだろうか?
ただ、以前に対戦したときよりもGBのOLが格段に安定しており、オフサイドやホールディングの反則を犯さなくなっていたので、再戦時には注意を要するだろう。再戦するとすればNFCチャンピオンシップになるが、最も警戒を要する相手だけに是非、対策を講じておいてもらいたい。

オフェンス
パスオフェンスが・・・ かなり微妙なことに。元々パッカーズのセカンダリーが優秀というのもあるけど、QBカトラーINTの山を築きそうな勢いだった。まぁ、最悪の事態にはならなかったがもう2つくらいINTされてても不思議じゃなかったかも。QBカトラーの強引なパスも目立ったが、そこに至ったのは捕球陣が落球連発したりとかパスプロテクションが不十分だったりと、カトラーだけの責任には出来ないのだが(-_-;
ただ、OLは格段に改善しているのは確か。カバレッジミスであっさりブリッツを許す場面もあったが、かなり長時間にわたってポケットを維持していた場合も多く、カトラーもある程度早くリリースする必要がありそう。パスラッシュが強烈な場合はもっと早くボールを手放さないと。@NYGを彷彿とさせる展開だった。
そして、その中でも猛然とスクランブルをかけるQBカトラー。計算してのことなのか、ただの熱血漢なのか判然としないが。こういうカトラーの「熱さ」は嫌いじゃない。まぁ、あそこで怪我されたら元も子もないけど。あと、RBフォルテがキレてるな~ 12月に入ってからルーキーイヤーのキレが戻ってきている。

スペシャルチーム
これは完全に封じ込まれたな~
来季があるかどうかは判らないが、対策が必要だろう。WRヘスター&FSマニングのNFL最高クラスのリターナーを揃えているのだが、もうこいつらに正面からパントしたりキックオフしたりする間抜けはいなさそうだし。トーブコーチの手腕に期待したい。

結局、今シーズンは11-5。終わってみれば予想外の好成績だった。
WAS・SEAに連敗したのが計算外だったな~
ただ、Week16でヴァイキングスが頑張ってイーグルスを下してくれたので第2シードは確定しているのでワイルドカードマッチはバイウィークになる。ワイルドカードの予想や、その他のNFLニュースは、また別エントリで
別窓 | シカゴベアーズ応援団 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<season2010 NFL プレイオフ戦線(1) ワイルドカード編 | 「幻想工房」雑記帳 | 仕事始め>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。