「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
近況とか
2010-12-17 Fri 03:25
勤務時間とか言ってたら、会社が潰れるぞ!」
・・・らしいですよ?

勤務先の毒吐きと、某条例についてとか
・・・まぁ、呆れてものも言えないな。
確か、「勝手に残業で仕事するな」とか言ってなかったか、うちの偉い人たちは。
何というか、
 俺が法律だ
ってことですね。ほんと、脊髄反射でもの言ってるな~ 発言・通達に整合性がない。
まぁ、仕事はするよ。会社潰れたら困るし。
ただ、この思いついたら即言ってみた式の通達はいい加減にして欲しい。少し考えろ、な?そしたら、いろいろと拙いことが想定できるはず。・・・少なくとも、私程度に頭が悪くても。それから発言するなり、実行するなりして欲しい。教材・指導システムを開発→即実戦投入とか、
 お前らはどこのジオン軍だ?
とかいう状況は本当に勘弁して。顧客に説明するの大変だから(-_-;

で、どうもうちの会社だけではなく、最近の政治家も随分と出たとこ勝負じゃね?
基本的に、未来の展望とか全くない。てか、未来とかほとんど見てない。
心配しているのは自分が次に当選できるかどうかだけ。まぁ、そういう奴を当選させている挙民が愚かなのであって、政治家だけの罪ではないと考えるが。で、この脊髄反射な政治家たちの「軽さ」を余すところ無く有権者に伝えてくれるのがTwitterだったりする。
とりあえず、アホがバレるので政治家はTwitter禁止の方がよくないだろうか?
政治家の言葉は「軽い」ものではないはずだ。しっかり未来を見据えて、沈思黙考した上での「言葉」でなくてはならない。Twitterには有効利用できる局面は多いのだが、明らかに政治家向きのツールではない。そのへんのところをよくよく考えた方がいい気がする。特に某条例の騒動を見ていると。

「火の鳥は近親相姦があるけど規制?」
猪瀬副知事「されません」「傑作であれば、条例なんてないも同然」

何というか、開いた口が塞がらないというか。
この条例が
 としても、文化論としても、犯罪抑止策としても間違いだらけ
だと痛感できる。
まぁ、
 一番心配なのは副知事の頭の構造
だが。療養のため辞職されることを強くお勧めする。
てか、これって脊髄反射・・・だよな? 大脳をフル回転させて考えた末の結論じゃないよな?考えた上の結論がこれだとしたら、本当にやばい。すぐさま入院された方が良いだろう。1200万の都民のためにも、日本国の体面のためにも。

としての問題点
恣意的に運用できる余地が多すぎる。法としてはいかにも不適格。
それとも、石原都知事や猪瀬副知事は
 法を恣意的に運用可能な人治主義をご希望
なのだろうか?それなら是非、中共にでも亡命して下さい。ハッキリ言って、表現の自由を制限するに足る明白な根拠に欠けるし、人間にとっての最大のタブーである「殺人」「傷害」について、映画やTVドラマへの規制が全くないようだと、法としての整合性にも欠ける。多くの著作のある両名がこの程度の認識しかないというのなら本当に残念である。
てか、ふつうに
 ゾーニングの徹底
でよくないか?或いは対面販売の徹底ネットでの売買については厳格な年齢制限を設けるとか。規制自体には反対しないが、あまりに安直な発想だと言うことと、整合性の欠如など問題点が多すぎる。

文化論としての問題点
誕生した瞬間から「傑作」と認められる作品はかなり稀ではないだろうか。
今では日本を代表する文化である
 「歌舞伎」「能楽」「浮世絵」「華道」「茶道」
も、誕生したばかりの頃はアヴァンギャルドだったはずだ。最初から格調高い芸術だったのではない。誕生当初は「良識」ある人たちから白眼視されながらも独自の価値観・世界観を生み出していき、誰もが認める芸術へと昇華されていったはずである。浮世絵を例に取るなら、大首絵などは紛う事なく娯楽に供されるための、大量生産の「商品」だったハズなんだがな~
春画などはその最たるものだろう。
当時はポルノ商品でも、時間が経てば立派な芸術品ですよ?可笑しくなってくる。
ちなみに、都知事閣下がこよなく愛する「小説」も同様である。
ご存じないというなら、その語源を調べてみるべきだろう。「小説」もかつてはアヴァンギャルドであり、サブカルチャーだったのだというより、作家自体が今日ほど尊敬を集めるような存在ではなかった。だから東大招聘を固辞し、朝日新聞に籍を置いたまま小説を書きまくって血を吐いて死んだ夏目漱石は稀有な存在たりえたのだ。今日「傑作」を残した明治・大正時代の作家のうち、生活苦の中で作品を残した例は枚挙に暇がない。「傑作」がすぐさま評価されるものではないのだ

犯罪抑止策としての問題点
もうお馴染みの統計へ 人口1,000人あたりの強姦発生件数(英語)
ちなみに、
 3位 オーストラリア  5位 カナダ  9位 アメリカ
などは日本よりも格段にポルノ規制が厳格な国々だったりする。以前から主張しているとおり、ポルノが性犯罪を誘発するという科学的根拠が存在するなら規制もやむなしだろうが、どう見てもポルノ規制と実際の性犯罪の発生率には関連があるとは思えない

というより、
 生粋の二次元オタは三次元の女性に興味・関心がない
と言える気がする。ソースは俺(お
正直、他人が傍にいるとイライラするから映像作品なり活字媒体なり、いろんな娯楽を享受していると現実の人間が鬱陶しくて仕方なくなってくる。まぁ、重度の二次元オタである私も性犯罪を犯すことは生涯ないだろう。娯楽作品が充実していれば、あえてストレスの多い他者とのコミットを試みるリスクを犯す必要がないからだ。

最後のあたりは私の妄想だが、大ハズレではないと思う。
別窓 | 日記・雑記 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<ここ最近の散財 | 「幻想工房」雑記帳 | season2010 ベアーズ、ペイトリオッツに大敗>>
この記事のコメント
>ゾーニング
普通にゾーニングの徹底だけでいい気がしますけどね。
これについては確かにコンビニなんかは徹底されていないと感じます。
ただし、実写も含みますが。
もっとも、置いてあるからと言って、子供が買えるものなのかは、疑問です。

>都知事
最新の情報だと、とうとうDNAレベルで狂った人認定されたようですよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101217-00000095-jij-polもう、いいたくなかったですけど、都知事は頭おかしいんじゃないですかとしかいいようがありません。
この人間、とにかく自分の理解できないものは、なんであっても遺伝子レベルでおかしい人にしたいようですね。
一般人がどこかでつぶやく戯言ならスルーも出来ますが、公人が言っていいことかと。
とんでもない愚物です。

で、この人が上のリンクの記事で言っていることを考えるに、自分の書いた小説も、なんの役にも立たないもので、書いた自分もDNAレベルで狂った人間だと認めたようですね。
これからは、彼のことは狂人であると認識しておきましょう。

>副知事
これも呆れましたね。
副知事のお墨付きで、条例を破っても良いと(笑
しかし、傑作かどうかが規制にはいるかどうかの分岐点であると。
それを決めるのはごく一部の人間。
『傑作』ってなんなのか、この人はわかるのですかね?
この人がもはや売れない物書きであることは承知していますが。


ちょっと感情的になってしまってかもしれませんが、この二人、人を煽る天才ですね。
正直自分の発言の影響や効果について深く考えていないでしょう。
その場の思いつきで発言してボロばかり出しているのは、どっかの与党の政治家を思い出させてくれます。
2010-12-17 Fri 19:49 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
さて、子供たちは彼らを見てどう思っているのでしょうね?
そして彼らは子供たちにどう見られたいのでしょうか。
どう見られてもいい?
思慮の足りないガキなどに分かるはずがない?
俺たちは偉いんだから崇めろ?
そんなところでしょうか。

そして人生に行き詰まりを私は感じてますよ?
こんな連中がでかい面しているんですから。
正直彼らが私たちの代表と認識されるのは真っ平ごめんなのですがね・・・
2010-12-18 Sat 00:30 | URL | Rath #aEmTB4nk[ 内容変更]
南斗さん
>ゾーニング
これを厳格化するのがまず第一でしょう。
まぁ、そもそも性描写を取り締まっても性犯罪が減らないのは自明なのですが・・・ 普通に、ネット犯罪を取り締まる体制を整備する方が建設的だと思いますね。

>都知事
ついに優生学にまで発展しましたか!
 平成のルドルフ大帝
が誕生した瞬間ですね。胸が熱くなってきますよ。
てか、その理屈が正しいのなら犯罪者は生まれてくる前から犯罪者だと判っちゃうんですよね、DNAが狂っているらしいので。ロンブローゾ先生も真っ青ですよ(^^;
てか、こんなに無知で無学な老人が都知事、というのはお寒すぎます。
もちろん、都知事閣下が心中でそういう信念をお持ちになるのは勝手ですよ。私も都知事閣下は大嫌いですから。ただ、それを公の場で発言するのは如何なものかと。特に、マイノリティと思しき立場の人を、公の場で公然と面罵するなど、民主政治の政治家としてはありえないです。
まぁ、一番言いたいことは
 自分の書いた小説を朗読してから言え
ってことですか。ハッキリ言って、都知事閣下の書いた小説の内容だけを見たら、そのまま全部あてはまりそうですよね(^^;

>副知事
堂々と
 条例を破っても良い
とか、明らかに地方自治体の行政のトップを補佐する副知事の発言とは思えません。本当に、知能を疑いたくなります。

>人を煽る天才
扇動政治家としても三流っぽいですけど、この二人は
オマケに、
 優生学を信奉する差別主義者
 法令遵守どこ吹く風の無政府主義者
本当に素晴らしい陣容です(^^;

Rathさん
>思慮の足りないガキなどに分かるはずがない
まぁ、規制派の方々の意見を集約するとそのへんに行き着くでしょうね。要するに、自分たちが特別だと思っているだけです。本音では次の選挙までに支持層を固めておきたいんでしょうが。
こういう人間が、
 「最近の若者には○○が足りない」
とか言っちゃう訳ですから、そりゃ若い人たちも嫌になっちゃうでしょうね。

>人生に行き詰まり
確かに。
革新勢力(現政府)が統治能力皆無なら、保守勢力(都知事)も非寛容な差別主義者。日本の民主制は死んだも同然ですから、私ももの凄い閉塞感を感じます(-_-;
2010-12-18 Sat 02:22 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。