「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「タクティクスオウガ 運命の輪」1週目 第2章
2010-11-27 Sat 02:40
運命の分かれ道、バルマムッサ・・・ 果たしてデニムの決断は?
 「…わかっています」
「馬鹿なことはやめるんだッ!」

当然、虐殺には荷担せず。
Lルートは嫌いじゃないけど。あの甘い機密管理で謀略かまそうとか・・・
ストーリー展開に誤魔化されているけど、実は虐殺に荷担した場合、バルマムッサの虐殺によって戦況はほとんど変わっていないんだよな~ まさに無駄死に。そりゃ、アロセールもキレる。彼女がキレているのは別の理由からだろうけど。

が、Cルートに入ると ラヴィニスが死亡 するみたい。
実際に試してみた。ヴァイスの放った矢に中って負傷→そのまま戦傷死。あっけない(-_-;

…え~と、アレだ。
虐殺に荷担するのもやむ無しかな、これは?(お
SS_0013.png

「バルマムッサの虐殺」をもってしてもガルガスタンの反体制派を蜂起させるには至らなかった… ウォルスタ解放軍は指導者・ロンウェー公爵の策に従って、デニムは再びバルマムッサの土を踏むことになる。陽動部隊としてガルガスタンの戦力を誘引しつつ、場合によっては

SS_0014.png
性格、変わっとる
Lルートのデニムは全般的に殺伐としていて好き。敵将の二人称は「アンタ」だし、発言の内容もなかなか荒んでいたり。ちなみに、Lルートは松葉博・作画のコミックスがオススメ。各キャラクターの心情描写がきめ細かくて、なかなか宜しい。特にデニムとアロセールはね。あと秘かにカチュア姉さんも。

ウォーレンレポートを見ているとイベント発生
SS_0015.png
ラヴィニス生存ルートはこっちっぽい。
…けど、この救出マップでもラヴィニスは超積極的。「ヒール」を装備しているにもかかわらず、回復よりも敵ユニットへの攻撃を優先する傾向にある。突出するラヴィニスを救援するために、これまた突出したルーンフェンサーが敵の集中攻撃を浴びてHPが0に。負傷者にカウントされた。(お

クァドリガ砦 ザパン救出
ザパンは多少脆くなっているけど、AIは若干自重気味で助かる。
で、こいつも顔グラが…
SS_0016.png
何というか、「愛すべき傭兵野郎」にしてはゴツすぎる
SS_0018.png
ここでもカノープス大活躍。基本的に、
 前衛+後衛 …敵主力を拘束
 カノープス …側背に回り込んで、敵の回復役を射殺
という流れ。あとはジワジワとこちらに有利に展開してくる。面倒なのは敵ナイト「ファランクス」しながら「ヒール」連打されるともの凄く鬱陶しい。うちもデニム&ヴォルテールのナイトコンビがそういう戦術を採っているけど(^^;

ゴルボルザ平原 カチュア姉さん、本領発揮
「祈りのカズン」がたじたじ(^^;
SS_0019.png
美人にこんなこと言われたら、そりゃ凹むわ~
SS_0020.png
てか、ヴァイスはどんだけ美化して話していたのだろう(^^;
ここでニンジャが初登場。機動力に加えて、一定の打たれ強さMP不要の忍術(触媒は必要)を使ってダメージを与えてきたり、バッドステータスをばらまいたりとかなり厄介。特にナイトを足止めされると痛い

古都ライム vs.ネオ・ウォルスタ解放同盟
おそらく、「タクティクスオウガ」屈指の高難度ステージ
ヴァイスのクラスは「レンジャー」、アロセールの強さは相変わらずで、「トレメンダスショット」「プラックダウン」を連発してくる。後衛が狙われると一撃死しかねないダメージを追う。高台で砲台と化しているアロセールを片づけても…「リザレクション」をドロップしない…orz
それなら、殺すことはないよな~
(※ウォルスタ人同士で殺し合うと、ユニットの忠誠度が低下しやすくなる)
ということで、再びチャレンジ。
ヴァイスに攻撃を集中させて、さっさと倒してアルモリカ城に乗り込んだ

アルモリカ城 騎士レオナールの最期
個人的には「タクティクスオウガ」の魅力は、レオナールに凝縮されると思うんだ~ 「伝説のオウガバトル」にない要素というか。「外伝」には似たようなキャラ(シビュラ)がいたけど、レオナールには遠く及ばなかった。従って、どのルートでもレオナールとの戦いは燃える。
で、予想を裏切る事態が
SS_0021.png
Lルートでツンデレアロセール参戦!
戦いは、
 レオナール vs. デニム カチュア ヴァイス アロセール
…幾ら何でも、レオナールが哀れすぎる。
ヴァイスを執拗に狙うレオナール。遠い間合いから着実にダメージを与え続けるアロセール。カチュアが狙われないように、「ランパートフォース」(ZOC)でレオナールを拘束するデニム… と戦いは優勢なのだが
 カチュアがヴァイスを回復しようとしない
という。ヴァイス…ここまでされても惚れた弱みって奴なのだろうか(-_-;
結局、デニムはヴァイスの回復で手一杯になってしまった。
それでも、レオナールに最期の時が。コミックス版でも彼の恬淡とした生き様は印象的である。
SS_0022.png

まぁ、Nルートだと死んでも死にきれないだろうし(お
別窓 | 「タクティクスオウガ 運命の輪」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ここ最近の散財 | 「幻想工房」雑記帳 | 特別勤務終了>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。