「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
season2010 ベアーズ、完封勝利でフランチャイズ700勝目を飾る
2010-11-22 Mon 02:23
ドルフィンズ 0-16 ベアーズ
内容的には結構しょっぱい試合だったが、 ベアーズらしい勝ち方か?
season2006以来の完封勝利で、「鬼門」マイアミを撃破!

さぁ、一緒に合唱だ!
基本、MIA戦にはあまり良い思い出がない
SB優勝したseason1985では、マンデーナイトで敗戦。シーズン唯一の敗戦となった。
また、SB進出を果たしたseason2006でも、苦杯を嘗めている

仕事の都合で生では見られなかったが、情報遮断して観戦したのでとりあえず喜べた。
・・・が、内容的には厳しかったかな?

ディフェンス
鉄壁。確かに相手は満身創痍だった。
正副QBが共に故障しており、第3QBが先発。Cも同様に正副共に故障中で三番手(本職はGっぽい?)。ゲーム中でもRBへのハンドオフとかQBへのスナップさえ満足に果たせていなかったようで、見るも無惨な様子。主力WRと期待されたマーシャルも、変なパフォーマンスで15yard罰退。その後、勝手に自爆して負傷退場(貴重なタイムアウトを浪費)。・・・マーシャルェ
そんな満身創痍のイルカさんにも容赦なし。
膝を故障したLBティノイサモアを欠くとはいえ、ほぼベストメンバーで挑んだベアーズ守備陣には全く危なげがなかった。スタッツ的にはパスで187yardを許したことになっているが、時間の無くなった試合終盤に30yardほど失っているので、実際はほとんどまともに前進させていなかったことになる。何より3rdダウンコンバージョンでは1/11。ほぼ完璧に押さえ込んだと言っていい。
脆弱なオフェンスラインを相手にしただけあって、サックのボーナスステージに。ペッパーズを筆頭に、イドニジェメルトンなど売り出し中のDL陣が奮闘。INTを奪ったティルマンのプレイもペッパーズのブロックで軌道が変わったのが要因っぽい。アーラッカーとブリッグスの出来は相変わらず。この二人が揃っているなら、LBがロウチになっても何とかなるな。ロウチは「良い選手」だけど、「特別な選手」じゃないので

スペシャルチーム
FGユニット大活躍。パントも良好。
リターンはやっぱりヘスターが凄い。かなり警戒されているので、フェアキャッチするシーンが増えてきているがそれでも隙あらばフィールドを縦横無尽に駆け回ってタックルをかわす様は見ていて痺れるな。MIAのパントに飛距離がないのは、恐らくヘスターのリターンを警戒してのことだろうから。そう考えるとヘスターは存在しているだけで相手への抑止力になっていることになる。

オフェンス
一番の懸念材料。
ただ、オフェンスラインは全体的に改善傾向にある。これはラン攻撃にも現れており、フォルテがコンスタントにyardを稼いでいたことからもわかる。空中戦はスタッツ上では互角だったが、地上戦で優位に立てたことがベアーズの勝利の要因といって良いだろう。
フォルテのTDランでも、ウィリアムスオミエレがナイスブロックを披露していた。・・・が、懸念されるのはOTウェッブか。反則しすぎ(-_-; MIN戦ではそこそこの出来だったのに、思いっきり足を引っぱっていた。経験不足だけに難しい面もあるのだろうけど、見ていてつらいものがあった。
で、課題のパス攻撃
・・・カトラーは総じて低調だったかな。確かに不調時に比べると視野は広かったし、足で稼いでパスラッシュをかわしまくるなど見せ場はあった。いざという時は走れるし。カトラーの機動力は解説者も「いったん決断すれば、素晴らしい機動力を発揮する」と褒めていた。まぁ、彼と同世代のロジャースとかロモとかは機動力を売りにする「モバイルQB」ではなくとも、かなり脚が速くて身体能力が高いのだが。
ただ、運良くINTを回避できたプレイも多く、幸運に恵まれていた気もする。
それでも、しっかりラン攻撃でゲームを支配しており、ポゼッションでも大差をつけた上に、3rdダウンコンバージョンもほとんど成功と、しっかりと決めるべきところで決めていたことになる。
また、飛び抜けたタレントはいないが
 長距離爆撃要員 ・・・ノックス 
 近距離パス ・・・ヘスター+ベネット 
 エンドゾーン付近 ・・・オルセン 
 ラン ・・・フォルテ 
と武器が充分にあり、よほどの強豪チームでないかぎりこれらを完封するのは難しそう。後半に入ってもランで時間を潰すと見せかけ→ミドルパスで1stダウン更新して攻撃継続と、カトラーは彼らを上手く活用しており、相手に的を絞らせなかった感がある。

いずれにしろ、これでNFC北地区の暫定首位を堅持。
あとは、ファーヴのおっさんの奮闘に期待したい。てか頑張ってくれ、マジで。

プレイオフも見えてきたかな?
プレイオフの当確ラインは10勝くらいと予想できるので、残り6試合で3勝出来ればプレイオフ出場も夢ではなくなるはず。まぁ、残ったカードはタフな試合ばかりだし、そもそもプレイオフを勝ち抜ける感じはしないけどorz
別窓 | シカゴベアーズ応援団 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<今日?の散財 | 「幻想工房」雑記帳 | ここ最近の散財>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。