「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
season2010 ベアーズ、シーホークスに敗北
2010-10-22 Fri 02:00
ベアーズ 20-23 シーホークス
不調のシーホークスをソルジャーフィールドで迎撃。
当然、勝ち星を期待されたのだが・・・ まさかの「完敗」だったorz
敗因は明らかに
 脆すぎるオフェンスライン
だろう。
ひどいプレイだと、
 開始直後に相手DEが突進→オフェンスラインがブロックせず→QBサックというのもあった。
この間、実に2秒足らず
一体どうしろと?
ちなみに、カトラーのパフォーマンスはほぼ完璧だったと言える。
最後はややキレかかっていたが、それまでは絶妙のタイミングでポケットから脱して粘り強くパスターゲットを探し続けるなど、かなり上手くサックを回避していた。・・・が、やっぱり限度というものがある。ジャイアンツ戦では、明らかにカトラーがボールを持ちすぎていた、というプレイもあったけど。
これに輪をかけたのが、RBたちの不甲斐なさ
ただ、これはオフェンスラインのランブロックが拙すぎるという問題でもある。やっぱ、敗因はオフェンスラインか。ランの不調のお陰で、「3rd&2」とかのシチュエーションでランを選択できない、というのが致命的だった。そして、
 ・3rdダウンコンバージョンの成功皆無 
 ・レッドゾーン内の攻撃不発
など、負けて然るべきというか・・・
あとは、シーホークスのオフェンスメンバーがかなり良かったというのもある。急遽獲得したRBリンチはゴリゴリ走れるパワーランナー。明らかにプレイを読まれているのだが、数人のタックルを跳ね飛ばせる力強さがある。あとは、OTオクング。とても新人とは思えない。ほぼ独力でDEペッパーズとマッチアップし、まったくプレイをさせなかった。これまで凄まじい自己主張を続けてきたペッパーズが完全に沈黙・・・ あとは、OLBブリッグスが不在だったことも大きかったかも知れない。

あとは、スペシャルチームが仕事をさせて貰えなかった・・・
最後の最後でヘスターが一矢報いたが時既に遅し。これくらいかな?

コーチ陣の采配もハッキリ言って酷かった気がする。
まず、OCのプレイコールに疑問があるどうして、4人もレシーバーを起用したがるかな?そんなもの、3人もいれば充分。どうせフォルテやテイラーはまともにブロックできないのだから、ランもダメ、ロングパスもだめならRBにスウィングパスなりスクリーンパスなりを投げれば良いんじゃないかな?と思うのだが。そうやって前掛かりになっている相手ディフェンスを崩すのが定石だと思うが。
OLコーチ・・・ タイスさん、頼みますよ(-_-

次は、レッドスキンズ戦。
カトラーにとっては師弟対決? 厳しいと思うけど、勝たないと地区優勝は遠のく。
何せ、このあと厳しいカードばっかりなので

・・・あ、BUFは別な
別窓 | シカゴベアーズ応援団 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「タクティクスオウガ 運命の輪」サントラがかなり良さそう | 「幻想工房」雑記帳 | 今日の散財>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。