「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
season2010 ベアーズ、パンサーズに勝利
2010-10-13 Wed 21:56
パンサーズ 6-23 ベアーズ
エースQBを欠いての一戦。
スコアだけだと「快勝」だと感じるが、内容とスタッツは結構ズタボロ
欠場が痛かったのはTEクラーク。チーム随一のブロッキングTEを欠いている状態。
ブロック能力を買われて入団したはずのTEマヌマレウナは・・・ プレイの質にムラを感じる。
あとは、OTシェイファーを下げて新人のOTウェッブを先発起用。新人に経験を積ませる気満々だ。このへん、パンサーズをナメすぎじゃ? ・・・とか思っていた時期が俺にもありました。うちもgdgdだったがパンサーズはそれ以上だった

オフェンスライン
やはり、強くはない。「リーグ最下位並」という評価はやや厳しすぎようが、「下位チーム並」というのは順当なところだろう。状態の良くない下位チームと戦っているときに、ようやくまともに機能するレベル。パスプロテクションとランブロックともにそこそこだったが、褒められるレベルではない。ただ、新人のウェッブを計算にれると健闘したと言えるかな?
今後、戦力として計算できそうになっているので。来年のドラフトはOT補強だな~

ランオフェンス
久々に機能。てか、パンサーズのラン守備がザルっていうレベルじゃない。
オフェンスのランブロックが出来ていた、というのもあるけど
しかし、以前にも書いたとおりRBフォルテとRBテイラーはどちらも
 ・クイックネスに優れる
 ・ソフトハンド パスレシーブ能力が高い
 ・初速が遅め トップスピードに移るのに時間がかかる
 ・コンタクトプレイに弱い
など、非常に似通ったマルチパーパス型RBというのが頭の痛いところ。
ベアーズとしては、
 3rd&short とか エンドゾーン前1yard とか
そういうシチュエーションんでごり押しできるパワーバック型のRBがほしいところ。
まぁ、久々に走れてフォルテは気分が良くなっただろうから、次も頑張ってくれ

パスオフェンス
まぁ、相手も酷かったけど、ベアーズも相当酷かった。
何せ、先発QBコリンズQBRate6.2 パス試投164INT ・・・勝つ気あるのか?
これは酷すぎる。確かに、カトラー先生も大乱調の時はあるのだが、そもそも試投回数が全然違うし「博打同然」とまで揶揄されているけどそれでも「博打」にはなるだけのパスyardとTDを稼いでいる。・・・が、コリンズ先生はほとんどパスyardが稼げていないという(-_-;
途中から明らかに、パスプレイに対するプレイアクションでパンサーズ守備陣の動きが鈍っていた様な・・・ そりゃそうだろう「全く脅威を感じない」パスプレイに備えるよりも、ランプレイに集中した方が効率が良いに決まっているので。終盤に登場したQBヘイニーは普通にプレイできていたので、これは明らかにコリンズの能力の問題だろう。控えQBがタフな仕事だというのは判るが、残念ながらいまの状態で控えQBが務まるチームはほとんどないだろう。ベアーズはQBの序列を見直すべきだし、仮に他の有望なドラフト外選手がいるのなら解雇も検討した方が賢明だろう。

ランディフェンス
最初はやられていたけど、ここがパンサーズの最大の武器。ここさえ封じれば良いわけだから、85yard程度に抑えられたのは上出来だと言えるだろう。ベアーズのディフェンススキームとしては、ディフェンスラインの4人で確実に相手OLを制圧することが前提になるのだが、DTハリスの不調でそれが難しかった。今季はDEペッパーズが加入したことによって、正面(DT)にかかる圧力が低減した。DTメルトンなどが台頭してきているだけに、もうDTハリスは要らないんじゃ?
それに増してすばらしいのは、やはりDEペッパーズ。相当契約金が高かったらしいけど、プレイを見て納得。これは金に糸目をつけるべき選手ではない。また、相変わらずの安定感を誇るLB三人衆。ヒレンマイヤーが脳震盪で戦線離脱しているだけに、ブリッグスの状態がやや不安ではあるがこのプレイメイカー達が残っている間は大崩れしそうにない。

パスディフェンス
これはノーコメント
だって、パンサーズのQBクラウセン(QBRate 29.7)、QBモア(QBRate 19.9)が酷すぎる。
特にクラウセンはオフェンスラインの脆弱さもあるのだろうが、非常に視野が狭い。ランを止められる以上はパスのコールがかかるのは仕方ない。・・・のだが、パスの弾道が低すぎるのが気掛かり。新人と言うこともあり、もう少しまともなオフェンススタッフの揃ったチームでないと育成は難しそうだ。ヴィックも「スカウトチームのQBを務めたことでパスの精度が増した」らしいので、本来は実戦に出すべき時期ではないのだろうが・・・ チームの台所事情的には致し方なしか(-_-;

スペシャルチーム
非常に良い。言うこと無し。
シーズン開幕前は「一番の不安要素」とかいってゴメン<(_ _)>

次は、ソルジャーフィールドでシーホークスを迎え撃つ。
エースQBカトラーが復帰するのだが、大丈夫だろうか? とりあえず、デンバーに行ったオートンが活躍中なので対抗意識を燃やして奮起して欲しいところ。QBの脳震盪は怖いよな~ 基本パス中は無防備だし。同地区の恐るべきQBロジャースも脳震盪で次戦は欠場濃厚とか。恐るべき敵手ではあるが、早期の復帰を祈りたい
別窓 | シカゴベアーズ応援団 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ここ最近の散財 | 「幻想工房」雑記帳 | ここ最近の散財>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。