「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
season2010 ベアーズ、パッカーズとの接戦に勝利
2010-09-30 Thu 05:10
ベアーズ 20-17 パッカーズ
NFC唯一の無敗チームの座を賭けて、リーグ屈指の古豪同士が激突!
前半は圧倒されるも、後半に逆転勝利を飾った
強力なディフェンス陣パスヘビーなオフェンス陣
ついでに、脆弱なオフェンスライン を加えても良いかもな(お
似通ったチームスタイルの両者が、ソルジャーフィールドで激突。twitterでは「厳寒期が似合う対戦カード」とのことだったが、確かそれは言えているかも(^^; 当日のソルジャーフィールドはほぼ無風状態だったようで、両チームにとって良いコンディションだったが・・・

オフェンスライン
懸念されていたように、QBカトラーを守れず
開始直後は何度も地面にノックダウンされるカトラー。被サック3。通算だとかなりの被サック数になるが、被サックは負傷のリスクを高めるのでやはり気になる。カトラーが欠けると一気にパスオフェンスが弱体化するので、この試合に限らずやはり何らかの対策は必要だろう。ただ、サックアーティストのLBマシューズに仕事をさせなかったのは立派だった、と言えるかな?

オフェンスバックス+レシーバー
大きめのターゲットとしては、やはりTEオルセンか。WRアロマンショデュは干されているようなので、カトラー好みの大きめのターゲットはオルセンで良いかな? WR陣はノックスヘスターベネットで安定。ただ、オルセンは試合中に一度ファンブルロスしているので、不安感は拭えない。まぁ、TEクラークは大事な4thダウンギャンブルでミスキャッチ(カトラーが非常に悔しがっていた)体たらく。
RBフォルテ&テイラーもあまり目立った仕事は出来なかった印象。脆弱こちらオフェンスラインと、パッカーズの堅固なディフェンス陣を考えれば、無理もないが。てか、何度か中央突破を図ろうとして穴が出来ずに失敗に終わっていたし。
しっかし、カトラーのパスは心臓に悪い(お

ディフェンス
勝利の立役者・その1
ここぞ、と言うときに働きが大きかったのはやははりLBアーラッカー&ブリッグス、そしてDEペッパーズ。ファンブルフォースは、両LBあればこそだし、ペッパーズは相手のダブルチーム反則を誘発した上、値千金のFGブロック! ペッパーズの契約金が高すぎる、といった批判があったようだが完全に払拭できたかな? ちなみにDTハリスも干されているようだが、個人的にはこれはチームの判断ミスかと。ハリスは膝を痛めやすい上に言動にも問題があるのは分かり切っていたので、「DTハリスか、DEブラウンか」の二択なら迷わずブラウンを残すべきだった。
まぁ、何よりもこの絶望的なポゼッション差の中でも粘り強く耐え抜いたことか。パッカーズを20点以下に抑えたのは大きかった。特に3rdQの8分くらいのロングドライブをTDなしに押さえ込んだのが大きかったか。その後のFGブロックで完全に流れが逆転した感がある。

スペシャルチーム
勝利の立役者・その2
ファーストドライブのFG失敗で「これはやばい」と感じたものの、その後は持ち直してパントリターンで特に頑張りを見せてくれた。とくにヘスターのパントリターンTDが大きかった。こうして、オフェンスの不調を補えるスペシャルチームあってこそのベアーズ。
・・・まぁ、ヘスターのリターンが「最終兵器」なのも切ない話だが(-_-;

そして、勝利の立役者・その3はパッカーズのファウル。
 計18個=152yardの罰退
というのは、獲得yardの差を覆す以上のものがあった。特にRBフォルテへのアンネササリーラフネスなどは酷かった。パスインターフェアも多かったりなどパッカーズの不必要なファウルに助けられた感がった。ただ、DEペッパーズのプレッシャーがファウルを誘発していた面もあるし、単純に相手のミスだとは言い切れないのだが。
しかし、パッカーズは強いな! 
スタッツ見ても、試合見てもベアーズが勝てた理由は「反則罰退の少なさ」くらいしか挙げられないorz それくらい、パッカーズのディフェンスは強力だったし、「平均以下」とされていたオフェンスラインも被サック0。まぁ、お陰でQBロジャースはフィールド中を逃げ回っていたが(^^;
恐ろしい機動力だな~ こういった機動力に優れたQBはやたらスクランブルしたがるし、強肩でも視野が狭くなりがちでINTも多めだったりする。あれだけ動き回りながら、非常に広い視野を保っている点に脱帽するほかない。強肩+高い機動力、とカトラーもスペックではロジャースに劣っていないと感じるが安定性がまるで違う。悔しいが、現状ではカトラーよりも一枚上手のQBと評して良いだろう。

・オフェンスラインの強化=被サック減
・レッドゾーン内のオフェンス強化

とあいかわらず課題が解決していないが、とにかく同地区対決に勝利。
昨シーズンは見事にスイープを喰らったので、何とか借りは返した。まぁ、真冬のランボーフィールドで思いっきり意趣返しされそうではあるが・・・ NFC唯一の無敗チーム、ということでFOXのパワーランキングでも6位に上昇。タイタンズとファルコンズがやや過大評価、という気もするが
 一番過大評価されているのはベアーズ
だと言われたら、反論は難しそうだ(お

week4はサンデーナイト。
ニュー・メードウランズ・スタジアムで、不調のジャイアンツと激突。
地力のあるチームなので全く油断できない。てかまた朝から昼間で観戦かよ(^^;
別窓 | シカゴベアーズ応援団 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<season2010 week3終了 | 「幻想工房」雑記帳 | 今日の散財>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。