「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ニュースの詰合
2010-06-16 Wed 03:27
久々の更新。
鮮度的にすごくまずいんだけど、そこは勘弁を。
【W杯】列強各紙が大穴・岡田ジャパンを評価
祝・日本代表、国外W杯初勝利!!
職場では
 「三戦全敗。上手くいって勝ち点1」
とペシミスティックな予測をしていた訳だけど、見事に外れた
これは、素直に岡田監督に「ゴメンナサイ」するしかない。でも、一番偉いのは選手だろうな。もの凄く走っていたと思う。明らかにカメルーンの選手よりも運動量が多かった。アメフト見ていると思うんだけど、やっぱりコンタクトスポーツにおいて「モンゴロイドがコーカソイドやネグロイドに勝てる道理が無い」と感じることがある。コーカソイドの体格・判断力、ネグロイドの人間離れした身体能力に対抗する術は・・・
 ・相手の長所を潰す
 ・局所的に数的優位をつくる

しかないと思う。そういう意味で、日本代表の戦いは実に理に適っていた。
・・・選手は死ぬほど苦しかっただろうけど(-_-;
本当にお疲れ様でした。とりあえず「嘲笑の的」になることは無いと思う。次のオランダ戦で大敗したとしても、デンマーク戦が消化試合になることはない。華麗でなくても良い。思いっきり「日本らしいサッカー」を貫いて欲しいと思う。

「はやぶさ」地球へ帰還
「お帰りなさい」
俺の中での認識は「イトカワを探査した」ってことくらいだけど(お
てか、つい最近まで 糸川博士=二式戦闘機(鍾馗)の開発者 だった。
というより、
 一式戦闘機()が、二式戦闘機(鍾馗)の開発者(糸川)に会いに行く
と脳内変換されていた。妄想脳内変換は俺の得意技
そして思いの丈が募ると擬人化しちゃうのも日本人の得意技。これは間違いなく世界一
hayabusa
で、こういった先端科学技術の予算は削っちゃダメだと思う。日本は地下資源がほぼ皆無であり、第二次・第三次産業の国際競争力が全て。「農業の振興」とかも大事だけど、国土は山がちで良質な牧草地にも恵まれていないから自ずと限界がある。「事業仕分け」など、目先の利益を確保するために社員をリストラしまくる無能経営者と同じ・・・ だと思うんだけどな。一律に何でもかんでも出費をカットする、というのは如何なものかと思う。

菅政権の行方を占う「鳩山政権の通信簿」
で、菅内閣は意外と手堅い滑り出しかと。
色々と苦労してきた人だけに、どこぞのお坊ちゃんよりはマシな平衡感覚を発揮してくれることを期待したい。・・・が、不安点もいっぱいある。まず、ついているブレーンが危なっかしい気がする。今日はそのことについて、いろいろと

・・・というより、「元・専門家」の方なのだが・・・ ちょっとビックリするような内容だったので。
迷走の原因は首相の抑止力「無理解」 柳澤協二氏寄稿
・・・まず、「抑止力」の概念が判っていないっぽいのだが・・・
で、これは岩上安身氏のツウィートからも伝わってくる。
この両氏のインタビューで一番衝撃的だったのが、

「最大の抑止力は、もしも不当な侵略を受けたら国民一丸となって反撃するぞ、という気概を示すことが、本当の抑止力なのだ」という、柳沢さんの言葉
「気概」で抑止できるのですか。素晴らしく安上がりですね。
気合いとか精神力で戦うとか、キチガイ右翼の田母神よりもひどい
これを聴いて、うんうん頷いている岩上氏もどうかしているというか・・・ これは最大のツッコミどころだろうと。ただ、産経新聞への寄稿についてはF-22/Aの生産中止について米国の安全保障政策に疑問を呈するなど、理解の及ぶ内容になっているけど・・・ 「元・専門家」とは言え、上のような発言があったとするなら、ビックリである。
他にも日米vs中共について、

兵員が1.7倍として装備が同レベルならランチェスターの法則から2.89倍の戦力差。装備で逆転するには3倍の性能差が必要。
というコメントがあったようだが・・・ これは正気を疑わざるを得ない。満州平野で会戦でもするつもりなのだろうか? あるいはご自身のモットー通りに肉弾攻撃で本土決戦するつもりだろうか? 日米側の不利はほとんど兵員数の不利によっているが、こと今日の海戦・空戦はランチェスターの第二法則はそのままあてはまらないと思うのだが。兵員の数ではなく兵員の練度と装備の性能で勝敗が決することくらい、素人でも判る。また、戦争は消耗戦なので人的損耗はもとより、装備の損耗についても考慮する必要がある。ランチェスターの法則は後に兵站・武器開発についても考慮されるようになっているが、基本的にこれらを数値化することは非常に難しい。またこの場合の「武器性能」=交換比率(キルレシオ)だが・・・ これも数値化は難しいだろう。というより、「やってみないと判らない」ハズだ。
他にも
考えにくいシナリオだが、中国が台湾に進攻する。
尖閣諸島も含め、東シナ海の問題で日中全面戦争はありえない
など、孫崎亨氏や田岡俊次氏にも通ずる、根拠のない思いこみが見て取れる。
歴史を顧みてみよう。
 かつて最大の貿易相手国に戦争を仕掛けた国があったのだ。
「バカじゃないか?」「狂ってやがる!」というのが一般的な反応だろう。





まぁ、我らが日本国の前身である大日本帝国のことだがorz
要するに、「意図」で仮想敵国を図るのは安全保障においてはタブーであるということだ。あくまで「能力」で図るべきであり、その「能力」を正しく評価する必要がある、ということだと思うのだが・・・ いかがだろうか?
別窓 | 日記・雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<近況報告 | 「幻想工房」雑記帳 | 本日、快晴オタク色>>
この記事のコメント
はじめまして。
いつもブログを興味深く拝見させて頂いております。
宇宙科学に対する我が国政府の認識について、
少々感じるところがありましたので、私見ながら。

< はやぶさ
批判にさらされる事業仕分けではありますが、
(私も現時点ではあまり好意的には捉えられません)
宇宙事業に関する限り、ギリギリ踏みとどまったかなという印象です。
大幅に削減されたのは従来研究者の間ですら否定的な意見が多かった
GXロケットの開発費用で、
衛星関連予算1割減の判定については昨今の日本の経済状況を鑑みるに、
許容範囲内ではないかと(それでも痛いのは間違いないのですが)
JAXA自体の再編成も宇宙基本法を踏まえただけのモノですので。

民主党政権に感じる不安は、私もかなり大きいものがあるのですが、
それでも、現状日本の宇宙開発事業がおかれている困難な立ち位置に対する責任を、
政権担当一年に満たないような現与党に押し付けてしまう風潮を危惧します。

むしろ、明らかに見込みの甘い新型ロケットの開発に
行政側の都合でダラダラと優先的に予算を垂れ流し、
十分に機能していたISASを天下り先を確保する為に独法化し、
培われた堅実な技術を持ってするプロジェクトに対しては冷や飯を食わせ続けてきた
歴代の政権与党であるところの自民党が、
今頃になって手柄顔で「技術&科学立国」を標榜するなど、正直笑止に耐えません。
結局、この分野を軽視し続けてきたのは歴代政府、
そしてそれを支持してきた国民全体ではないのかと感じる次第です。

インターネットでの盛り上がりを見ていると、
やはり、宇宙科学とプロパガンダは不可分だという事を実感させられます。
その捉え方でも政府には予算を投入して貰いたいところではありますね。
2010-06-16 Wed 22:13 | URL | task #PTRa1D3I[ 内容変更]
はじめまして。コメントを頂き感謝致します

>GXロケット
自分は物理とかは全然判りませんが、こういった技術開発というのは「失敗」がつきものだと考えています。たとえ当初の目的を達成できなくとも、その失敗の過程で技術が蓄積されるのなら「無駄」ではないと考えます。

>事業仕分け
ただ、民主党が主導する「事業仕分け」は「成功」・「失敗」だけで近視眼的に予算を増減しているように感じますし、少なくとも安全保障関連についての議論は生産性以前の問題で、内容が低レベルすぎました。

>民主党政権への責任転嫁
民主党が事業仕分けによって「政治のショー化」を狙っているのと同じくらい、これも問題だというご意見には全面的に同意します。まず、意図を図りかねる予算配分が多すぎます。特に「男女共同参画推進関係予算」に4兆円近い予算を計上していますが、非常に無駄が多いと思います。もちろん、これらの予算を野放図に増やしてきたのは自公連立政権です。その間安全保障関係の予算を減額し続けてきた訳ですから、「自公政権が正しい」、ということにはならないですね。

色々と問題がありますけど、「事業仕分け」のお陰で国民が予算配分に関心を持つようになったことは民主党政権の功績といえると思います。そういう意味では政権交代の意義があったと言えるでしょうね。

>プロパガンダ
いや、本当にプロパガンダの効果は大きいと思いますよ。宇宙開発事業に予算を配分するのは、ぶっちゃけ「軍事技術の開発」と「国威発揚」だと考えている国が大多数だと思います。研究者や技術者の方々は純粋に宇宙への憧れで仕事されているのでしょうが・・・
2010-06-17 Thu 01:32 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。