「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ニュースの詰合
2010-06-03 Thu 03:30
久々の「ニュースの詰合」

大きな目を潤ませ、辞任の理由は「普天間の混乱」と「政治とカネ」
結局、何も学ばないまま憲政史上もっとも愚かな宰相が職を辞した。

悪意に満ちたsankeiバイアスを嫌う人は、鳩山首相の退陣発言<全文
こちらに全文を引用。
なお、参照元の西日本新聞から申し入れがあった場合は削除する
お集まりのみなさんありがとうございます。そして国民の皆さんありがとうございました。昨年の暑い夏の戦いの結果、日本の政治の歴史は大きく変わった。国民の判断は決して間違っていなかった。若く素晴らしい国会議員がすくすくと育ち、国会の中で活動を続けています。国民の判断のおかげであります。

 政権交代によって国民の皆さんの暮らしが必ず良くなるとの確信の下で、皆さんにお選びいただき、首相として今日までまいりました。皆さん方と協力して「日本の歴史を変えよう。官僚任せの政治ではなく、政治主導、国民が主役になる政治をつくろう」と思いながら今日まで頑張ってきたつもりであります。
今日お集まりの国会議員と一緒に、国民のために予算をつくれたことを誇りに思っています。子ども手当、高校無償化も始まっています。子どもにやさしい、未来に魅力ある日本に変えていこう。決して間違っていないと確信をしています。産業を活性化しなくてはいけない。特に1次産業が厳しい。農業の戸別所得補償制度がスタートしています。1次産業が2次産業、3次産業とあわせて再生する日も近いと確信しています。

 さまざまな変化が国民の暮らしに起きています。水俣病もそうです。医療崩壊が始まっている地域をなんとかしないといけない。医療費をわずかですが増やすことができたのも国民の意思だと思っています。

 残念なことに、私たち政権与党の姿が国民の心に映っていません。徐々に聞く耳を持たなくなってしまった。そのことは残念でならないし、不徳の致すところと思っています。その原因を二つだけ申し上げます。

 一つは普天間(飛行場移設)の問題でしょう。徳之島の皆さんにもご迷惑をお掛けしております。ただ、本当に沖縄の外に米軍基地をできる限り移すため努力しないといけない。沖縄の中に基地を求めることがあたりまえではないだろうと、半年間努力してまいりましたが、結果として、できませんでした。これからも県外に移すよう努力することは言うまでもありませんが、一方で北朝鮮が韓国の哨戒艦を沈没させる事案が起きています。日米の信頼関係を保つことが東アジアの平和のために不可欠との思いで、残念ながら沖縄に負担をお願いせざるを得なくなりました。沖縄の皆さんにもご迷惑をお掛けしています。

 社民党さんに政権離脱という厳しい思いをさせたことが残念でなりません。国民新党とともに一緒に今まで仕事をさせていただいた。これからもできる限りの協力をと、申し上げたい。さらに沖縄の皆さんにも、できる限り県外に米軍基地を少しずつでも移すことができるよう、新しい政権として努力していくことが大切だと思います。「社民党より日米を重視した。けしからん」との思いも分からないではありません。日米の信頼を何としても維持していかなければいけないという悲痛な思いを、ぜひご理解願いたいと思います。

 いつかは日本の平和を日本人自身でつくりあげていくときを、求めないといけない。米国に依存を続けて良いとは思いません。ここをぜひご理解いただき、鳩山の「少しでも県外に」との思いをご理解願えればと思います。その中に私は普天間問題の本質があると思っています。あなた方の時代に、日本の平和を日本人自身で見詰めることができる環境をつくることを、日米同盟の重要性は言うまでもありませんが、一方でも模索していきたい。社民党を政権離脱という厳しい道に追い込んでしまった厳しい責任は負わないといけない。

 いまひとつは「政治とカネ」の問題でした。自民党を飛び出し、さきがけ、さらには民主党をつくってきたのも「自民党政治ではダメだ。もっとお金にクリーンな政治をつくらねば」との思いでした。結果として自分自身の政治資金規正法違反の問題で大変なご迷惑をおかけしたことは申し訳ない。なぜクリーンであるはずの民主党の代表がこんな事件に巻き込まれるのかと、お怒りになったことと思います。そのような「政治とカネ」の問題に決別する民主党を取り戻したいと思っております。皆さんいかがでしょうか。

 私自身も、この職を引かせていただくことになりますが、小沢(一郎)幹事長にも政治資金規正法の議論があるのは周知のことと思います。先般、2度ほど幹事長ともご相談しながら「私も引きます。幹事長も恐縮ですが、幹事長の職を引いていただきたい。そのことによって新しい民主党、よりクリーンな民主党をつくりあげることができる」と申し上げました。幹事長も「分かった」と申されたのでございます。

 小林千代美議員にも責めを負っていただきたい。高い壇上から申し上げるのも恐縮ですが、クリーンな民主党に戻そうではありませんか。そのための努力を皆さんにお願いします。そうなれば必ず、国民の皆さんがまた民主党に対して聞く耳を持ってくれる。国民の皆さんの声が通る新しい政権に生まれ変わると。

 しばしば宇宙人だと言われております。勝手に解釈すれば、今から5年、10年、20年先の姿を国民に申し上げている姿が、そう映っているのではないかと思います。例えば地域主権。原口(一博総務)大臣が先頭を切って「国が上というのはおかしい。地方が主役になる日本にならなきゃならない」と。国会議員や官僚が威張っていた中央集権の世の中に風穴があいた。一括交付金など大きな変化ができつつある。5年、10年たてば「こういうことだったのか」と分かってくれると。

 「新しい公共」もそうです。今までの仕事を「公」に開くことをやろうじゃありませんか。国民の皆さんが主役になる、そういう政治をつくりあげることができる。まだ「新しい公共」自体がなじみが薄くてよく分からないと思われているかもしれません。官僚独占ではなく、できるだけ民ができるように変えていく、そういう力を貸していただきたいと思います。

 東アジア共同体もそうです。必ずその時代がくるんです。国境を感じなくなる時代をつくっていく。新しい民主党の、新しい政権を皆さんでおつくりいただきたい。

 韓国の済州島に行って、ホテルの部屋の先にテラスがありました。テラスに1羽のヒヨドリが飛んでまいりました。わが家のヒヨドリが飛んできたと勝手に解釈して、この鳥も「早く自宅に戻ってこいよ」と招いているように感じたところであります。雨の日には雨の中を、風の日には風の中を自然に歩けるように、国民の未来を見詰めながら、対話の中で新しい時代をつかみ取っていこうではありませんか。そのことを申し上げながら、ふつつかな私ではありますが、8カ月余り先頭を立って歩ませてもらったことに感謝を申し上げ、国民の皆さんへのメッセージとさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。

相変わらず、長い割りには全く中身のない空虚なスピーチ
そして、要約すれば
 ・政権与党の姿が国民の心に映っていない
 ・国民が、政権与党の言うことを徐々に聞く耳を持たなくなってしまった

結局、「国民が悪い」ということですね?
まぁ、それは間違いではない。
民主主義国である以上、愚かな宰相が選ばれたのは有権者である国民の責任に帰結する。
ただ、それを愚か無責任無定見な君が口にして良いものか。
君は、「暑い夏の戦い」から一歩も進歩できなかった。勉強しようとしなかった。君が組閣した内閣の閣僚たちは揃いも揃って無能者たちだったが、君ほど愚かで進歩が無く、無責任な閣僚はいなかったのではないか。辛うじて張り合えそうなのは赤松君くらいだろう。

君が信頼を失ったのは、米国の所為ではない。ましてやメディアの所為でも、小沢幹事長の金銭問題でもない。総理の言動があまりに軽く場当たり的だからだ。そして、君は最後までにそれに気づかなかった。私のような狭量な有権者とは違い、多くの有権者は君に期待をかけてきたではないか。その期待を裏切ったのは誰か? それが判らないというのなら、やはり君は政治家になるべきではなかった、ということだ。

 普天間問題の本質が「沖縄の負担軽減?」
 「東アジア共同体」がいつか必要になる

そんな間抜けなことを言っているから、世界中から嘲笑されるのだ。
沖縄に海兵隊が必要な理由?
そんなもの、台湾防衛のために決まっているだろう?
台湾が対中共の最前線であり、この最前線が突破されれば沖縄は現在よりも重く苦しい負担に直面することになる。もちろん、中共に屈するというのなら話は違ってくるだろうが、社会体制があまりに異なる中共とは歩調を合わせ得ないのだ。中共が民主化し「東亜の合衆国」になるというのなら話は別だが、そうなる日は当分やって来るまい。それが判らないのだろうか?


いずれにしろ、憲政史上もっとも愚かな宰相は退場した。
次は・・・ とか、岡田とか、前原とかが続くのだろう(-_-;
ただ、民主党に過度な期待を抱いている方々は、そろそろ目を覚まして欲しい。

まず、民主党の「大本営発表」ぶりから
鳩山代表の辞任を承認 新代表選出へ 鳩山代表「クリーンな新しい民主党へ」を訴え
全議員は、立って拍手で鳩山代表を見送った。

で、こっちは他の報道社
鳩山首相辞任:辞意に驚きの声 民主党両院議員総会(毎日jp)
立ち上がって拍手をする議員もいたが、大半は着席したままだった。

まぁ、少しでも頭の働く人間なら、どちらに信憑性があるか一目瞭然だろう。
「万雷の拍手」? そのうち、「百戦百勝の鋼鉄の霊将」とか書き出しそうな勢いだな。こんな虚飾に満ちたテキストしか書けないとか。うちの様な零細ポンコツサイトならともかく真っ当な民主主義国の政権与党とは・・・ 自民党も酷かったが、民主党もそうとう酷い。いい加減さと我が身可愛さは良い勝負。安全保障政策が「マシ」な分、まだ自民党政権の方が良かったと言えそうだ。

そして、民主党期待の子ども手当て
子ども手当申請で看板投げつけ、男を逮捕
恥ずかしながら、私の地元。
こういう事態は充分予想できた。でも、民主党は参院選の票を買いい一心でこのザル法を強行採決で押し通した。「場当たりで何も考えていない」のは鳩山のみではなく、民主党執行部に共通する傾向だと見て良いだろう。
別窓 | 日記・雑記 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<今日の散財 | 「幻想工房」雑記帳 | 今日の散財>>
この記事のコメント
流石に温情はなしか
>結局、何も学ばないまま
 学んだとしても前の過ちを正しく反省できるとも思えない。。。

>「場当たりで何も考えていない」のは鳩山のみではなく、民主党執行部に共通する傾向だと見て良いだろう。

 ウザイがまた言う。民主党の若手に曹操がいるか?政治絶望すると後の報いが怖いから一縷の望みだけ心に残すことにいたそう。

>自民党も酷かったが、民主党もそうとう酷い。

 自民党が張譲派閥なら民主党は董卓派閥かね。双方とも倒れた後も国の混乱はまだ続く(涙)。
2010-06-03 Thu 20:06 | URL | 五遷筲始 #SFo5/nok[ 内容変更]
鳩山氏は、最後の最後で「一夜漬け」して自民案に戻しましたとさ。
官僚の誰ぞがきっと懸命に説得してくれたのでしょう。で、辛うじてことの重要性が理解できた、と。まぁ、遅すぎましたけど。エモット氏が指摘するように、指導者としては致命的な愚鈍さです。
・・・まぁ、いまだにそれが判っていない低脳が日本の有権者にはいっぱいいますし、民主党の議員の中にも「テニアン案」とかを真剣に模索しているバカがいますから、もう何も言えませんけど。テニアンにすると、日本は現在の何倍もの防衛関係費を計上する覚悟が必要だけど・・・ そこまで考えていないのでしょう。

>曹操
ウザくはないですよ(^^;
ただ、民主党に曹操はいないと思います。
また、曹操の一番の魅力は「果断」にありました。その反作用として曹操はしばしば非常に軽率なミスを犯しますが・・・ いずれにしろ、曹操ほど果断な人物が民主党にいるとは思えませんし、「乱世の雄」としての曹操が必要とされる局面になって欲しくない、というのが正直なところです。

個人的には、
 自民党=西漢王朝
 民主党=王莽の新王朝
というイメージです。
実現不可能な政策を掲げているあたりとか、特に。
2010-06-04 Fri 01:37 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
王莽はまだ簒奪するまでの人気取りだけは上手かったと思いますが・・・・・
あれ・・・・?
同じですね(-_-;)

自分らを鳩山政権=劉邦に例えている時点で駄目駄目だと。
影では二世皇帝胡亥と趙高だなんて言われているのに。
どうやら新総理は菅氏になりそうですが、これでまた「期待できる」とか言う声が上がって支持率が若干回復したというのが頭痛いです。
今まで見てきた民主党の体質からすると、トップが変っても結局は小沢院政が続きそうで、その限りにおいては本質は何も変ることはないんじゃないかと。

で、民主党が盛大に自滅の道を歩んでいるのに、自民党には今更変って欲しいと思えるほどの魅力がありません。
私にとっては正直どっちでもお先真っ暗です。
まあ、民主党はそれに急加速をかけてくれたくらいですか。
オジオンさんのおっしゃるように安全保障面だけは自民のほうがましですが、他に妥当なところがあれば、やはりそちらを優先したいです。
2010-06-04 Fri 19:21 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>王莽
人気取りだけは上手でした。
実質的な統治手腕は恐ろしく拙劣でしたが。理念先行で「周代に戻す」とか、頭がおかしいとしか言いようのない政策を実行しようとして総スカンを食らった様子は、まさに「友愛」念仏を唱えるくらいしか能の無かった前総理とよく似ています。

>小沢
どこぞで「光武帝の風がある」とか評してあって悶絶しそうになりました。光武帝に失礼です。
自民党政権を倒しきった実行力と執念は評価しますが、この人は「有権者に理念を語る」タイプのリーダーではありません。そして、政治手法は恐ろしく復古的であり小泉が評したように「自民党よりも自民党らしい」徹底した利益誘導型の政治家です。この経世会流の政治手法は、右肩上がりの時にしか効果ないと思いますが・・・
ぶっちゃけ、「日本をどうしたいか」全く伝わってこないんです。『日本改造計画』の頃はまだ辛うじて理念らしきものがあったように思いましたが・・・ 彼の昨今の言動(とくに中共への宥和的な外交姿勢)を見るにつけ、「権力が維持できればどうでもいい」と思っていそうです。

>菅新首相
とりあえず、選挙管理内閣ということで
 諸外国に恥をさらすようなことだけは勘弁
です。多くは望みませんから(-_-;

>自民党
ぶっちゃけ、「民主党以外」となるとここ以外選択肢がないのです。
安全保障政策と危機管理は、ここが一番まとも。というか、他がお話にならないレベルです。ただ、麻生政権までの自民党の体たらくを見るにつけ、期待できるかというと・・・ 正直微妙です。また、「二次元の敵」ですから安定政権を取ると、それはそれで困る政党ですから(-_-;
結論:投票先がない
2010-06-05 Sat 02:05 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。