「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今日の散財
2010-06-02 Wed 01:27
livedoorのネット通販を利用してみた。
いや、絶版本が一番安かったので。
amazonだとかなり汚れた本でも1300円するとか・・・ あり得ねぇ

『海から見た戦国日本-列島史から世界史へ-(ちくま新書・村井章介)
umikaramita
以前から読んでみたい本だったので、今回の目玉。
こういう優れた書籍はもっと再販をかけて欲しいのだが・・・
i-padとかに期待? 俺はしばらくの間は流行に乗らないと思うけどな

『蟲師』1~5巻(漆原友紀・講談社アフタヌーンKC)
mushishi01mushishi02mushishi03
mushishi04mushishi05
おまけその1。
安かったのでまとめて購入。
収納スペース? 読む時間? だから何?(ダメすぎる

『円卓生徒会』(本田透・集英社SD文庫)
entaku01
おまけその2。
本田透買い。「ラノたの」「アーサー帝戦記」ギャップがすげぇ(-_-;

『がく×ぶる』(本田透×集英社SD文庫)
gakuburu01
おまけその3。
あとちょっとで無料配送!
という状態だったので完全に数合わせ。

反三国志 関雲長北伐戦記 二.河北へと突き進む道(河原谷創次郎・歴史群像新書)
kanunchou02
二巻発売に気づいていなかった・・・
amazonから配送後、即日読了。
『ぼっちゃん』に登場した李虎が登場するなど、ファンはニヤリと出来る。
魏・蜀の皆さんにはそこそこ見せ場はあるが・・・ 呉将カワイソス
孫権ファンとか甘寧ファンは読まない方が吉。てか、呉将でそれなりに活躍しているのって呂蒙陸遜ツンデレ韓当くらいじゃなかろうか? そして山越族が強すぎる。諸葛亮の数少ない見せ場ではあったが・・・ 魏で気の毒だったのは曹真かな。曹休も気の毒だったけど・・・ 夏侯惇は華を持たせてもらった感じ。呼廚泉とか梁習とか、「誰それ?」って言われても仕方ない奴が渋い活躍をしているのも面白い。
ちなみに、本作では字や本籍地が伝わっていない武将にも架空の設定が与えられていたりする。例えば、「関家軍」(関羽軍)・「張家軍」(張飛軍)の主立った面子だと、
 ・関 字:
 ・趙 字:遷 ・・・本籍は下邳とされている
 ・厳 字:伯
赤フォントの部分が、しっかりと諱-字で対応しているのにニヤリ。
関平については「坦之」「定国」を字とする創作物もあるようだが、実の兄弟(おそらく弟)である関興の字が「安国」である以上、前者はナシかな。少なくとも「実の兄弟」だと設定しているこの作品だと。個人的には「定国」よりも「寧国」が良いかな。どっちにしても、兄弟で「安寧」「安定」で揃うけど。王郎父子みたいに、王(王朗の旧名)・王で「厳粛」。
別窓 | 散財 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<6月病 | 「幻想工房」雑記帳 | 日曜勤務明け>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。