「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2010年度 春季アニメ 1週目
2010-04-12 Mon 06:28
毎度の、1週目視聴報告
検討対象から外れたのもあったり、逆に加わったのもあったり
結果的には、大幅増

「SDガンダム 三国伝 Brave Battle Warriors ◎:視聴確定
盧植先生・・・ 死に方が間抜けすぎ
これはどう考えても、コミック版(「風雲豪傑編1」)の展開が良かった気がする。
コミック版は常に
 「正義とは何か?」
を突き詰めていっている。
劉備ガンダムには劉備ガンダムなりの、曹操ガンダムにはには曹操ガンダムなりの、孫権ガンダムには孫権ガンダムなりの「正義」があり、それはある意味呂布トールギスにとっても同じだろう。ちなみに、コミック版では盧植ジムキャノンは無実の罪で官軍に処刑されてしまう。己の無力を噛みしめた劉備ガンダムの旅立ちの言葉は
 「俺の正義を、見ていて下さい」
うむ、実に良い言葉だと思うのだがな~ 
逆に、アニメ版からは「正義」に対するこだわりが伝わってこないのだ。
まぁ、でもアニメになってキャラクターたちが動くのは感無量な訳だよ。キャラクターたちは3Dグラフィックっぽいけど、背景とかはセル画なのかな? それが違和感なく融合している。それでも惜しまれるのは早すぎる展開。30分枠ならコミック版と同じような展開に出来た気がする。惜しいな。

主題歌は完璧! CD発売が待ち遠しい。リッピングして聞きまくるつもり
てか、呂布隊が格好良すぎる
貂蝉とか、陳宮&高順のキット化に期待したい。あと、出番も増やして欲しいな。
出番の少ない張飛ガンダムともども。
 貂蝉「相討ちと言いたいところだが・・・ 私の負けだな」
 張飛「なぜ、もっと胡蝶を使わなかった?」
 貂蝉「・・・一騎打ちと言ったろう?」 とか・・・ 無理か。
もっと言うなら、トールギスの側に控えるのは白トーラスであってほしかった

「閃光のナイトレイド」 ◎:視聴確定
やはり、
 1931年+上海 と来たら、見るしかない。
で、実際に面白かった。てか、登場人物は食えない奴ばっかだな(^^;
主人公たちは全員超能力持ちだけど、いろいろと制限がある様子。バランスは良いよな? 
 サイコキノ+テレポーター+クレアボヤンス+テレパス
各キャラクターにもいろいろと過去がありそうなので、今後にも期待か。
あとは、櫻井さんにも。こいつは腹黒すぎる 董昭先生も真っ青だよ

「荒川アンダー ザ ブリッジ」 ◎:視聴確定
同僚の薦めで視聴。
面白いな、これは。てか、着ぐるみかよ?
中の人的には、 ティエリア vs サーシェス
 「隠し腕? こっちにもあるんだよ!!」
てな展開はなかったけど、なかなか笑えた。主人公の独白が多いので、
 神谷浩史が過労死しないか、非常に心配
になるが。ヒロインの中の人はルナマリア。幼少期の主人公はルイス。完璧すぎる!

「けいおん!!」 ○:視聴継続
やはり、いろいろと平坦。これだけで見るのは辛いな~
キャラも可愛いし、安心して見ていられるのだが・・・ 手持ちぶさたになってしまった。
BB戦士のパーツ切り出しとか墨入れ作業とかをしたくなってしまう(お
でも、唯は可愛いと思う。うんたん♪ うんたん♪

・・・おかしいな、最初は澪が良いと思っていたはずなのに・・・
HDDの肥やしにしておいて、あとでプラモ組みながら見るのも良いかな?

「最強武将伝 三国演義」 △:様子見
例の日中合作アニメ ・・・完成していたらしい。
出資比率は、日中で2:1。でも、公開は中国が先。意味不明
出来の方も・・・ 正直どうだろうかな
展開がいろいろと早すぎるのも難。ナレーションが鹿賀丈史だったり、劉備役が船越英一郎だったり、と金がかかっているのはよく判るのだが、端折りすぎていてイマイチという感じ。そもそも、30分「黄巾挙兵→義勇軍募集→督郵打擲→劉備下野」まで持って行くのが強引すぎる気が。ひょっとして、2クールーくらいで赤壁あたりまで持って行く気かな?

「迷い猫オーバーラン!」 ○:視聴継続
作画は非常に綺麗。
原作の良い意味での雰囲気は出ていたと思う。・・・原作は文章力が微妙すぎて損している気がする。これは「とある魔術の禁書目録」シリーズも同様だが。映像作品というか、メディアミックスに向いた素材だと思う。とりあえず、乙女さん萌えの方向で。これも「けいおん!!」同様、HDDの肥やしにして後で一気に見るかも知れないけど

「Angel Beats」 △:様子見
こっちも同僚の薦め。あと、南斗さんも視聴しているので
・・・ただ、ちょっと展開について行けなかった。世界観を掴みきれなかったというか。
とりあえず、見ると知れば花澤天使目当てになるかな?

こんな感じだろうか。
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<<やっちゃまった・・・ | 「幻想工房」雑記帳 | ここ最近の散財>>
この記事のコメント
こちら春アニメの記事を決めてきました。
>「最強武将伝 三国演義」
 思った以上に端折っていた。赤壁以後もやるらしいのでそれまで我慢で記事を書く。
>「SDガンダム 三国伝 Brave Battle Warriors」 
 コミック版はそんなによかったのですか、ちょっと惜しいな。けれども今期の三国志系のアニメで一番熱血しているかもしれないので記事も追加。(というより女性キャラの演義アニメが酷すぎるんだ)
>「閃光のナイトレイド」
 視聴はするが記事は止。黒の契約者っぽいし。
>「Angel Beats」 
 私も視聴兼記事。金曜にアニメ無いから書いたのだが何処が楽しい?後二話でつまらないときには粛清してワーキングに絞る。
2010-04-12 Mon 20:19 | URL | 五遷&amp;amp;#31602;始 #SFo5/nok[ 内容変更]
>Angel Beats!
こちら二話まで視聴しましたが今のところ微妙な出来です。
シリアスもギャグも中途半端な気がして、素直に絶賛できないというか。
そのわりには、珍しく何度も見直したりしてもいるというよくわからない作品です。

ただ、第二話から入るオープニングの天使だけは良すぎたので、もうちょっと様子見です。
2010-04-13 Tue 07:36 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
返信が遅くなってしまって申し訳ないです

◆五遷さん
お久しぶりです。
>「最強武将伝 三国演義」
まだ、#2見ていません(-_-;
ここのところ、やけに仕事が多くてブログ自体が更新停滞気味ですので
しっかし、あの急展開には驚きですよ。追いつめられた張角が妖術でも使って窮地を脱するのかと思いきや、あっさり劉備達に討たれてしまったのにはなぜか笑いがこみ上げてきました

>「SDガンダム 三国伝 Brave Battle Warriors」
コミックス版は総じて熱いですが、特に董卓・呂布との戦いを描いた「風雲豪傑編」は熱かったと思います。「英雄激突編」も良いと思いますが・・・ とある理由でこちらはやや減点。欠点を書けば、やはり桃園三兄弟の中で張飛の影が薄いことでしょうか。
ちなみに、派生作品の数・バリエーションの多さは原典にとっては勲章だと思いますので、個人的には非難するものではないと考えています。方向性が違うだけで、武将にMSをくっつけるか、美少女をくっつけるかの差異でしかないと思いますので。

>「閃光のナイトレイド」
「黒の契約者」はよく判らないですが、安彦良和の『虹色のトロツキー』が大好物な俺にとっては期待大の作品です。「超能力」が何でもありなら敬遠していたかも知れませんけど

>「Angel Beats」
基本的にどんな作品でも、それぞれに思い入れがあるでしょうから悪くは言いたくないですが、「状況がよく判らなかった」というのと、その他の生徒達を「NPC」だと言い切るゆりに姿勢にちょっと疑問を持ってしまったというのがあります。
見所? 花澤天使ですね(断言


◆南斗さん
>「Angel Beats」
#1のみ視聴です。
てか「三国伝」以外、全部#1どまりです。
opがなかったので、#2はopに期待ですかね~
「客観的に評価したら名作ではないけど、なぜか見直してしまう」
という作品は確かにありますね。
「Angel Beats」の場合、この状態が続いたら、HDDの肥やしになるか自然と録画しなくなるかのどちらかでしょうが(-_-;
作画とかは綺麗だと思うのですが、ややキャラクターの動きやポーズも不自然に感じるときがあります。現段階では「惜しい」作品だと感じますね
2010-04-14 Wed 12:24 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
>状況+ゆりの姿勢
原作のないオリジナルな上に、やたら謎だらけなので、状況を正確に把握している視聴者自体がいないようです^^;
ざっと見ると、好意的な評価の人も、否定的評価の人も、状況については人によってバラバラな解釈をしていますね。

ただ、ゆりの言っていることについては、ゆり達の知識と経験の範囲に現在の状況を当てはめているだけなので、合っているとは限りません。

決定的な例としては、一話の音無や野田の攻撃が天使に弾かれたときに、青白い火花のようなものが出るのですが、これが「0」「1」で表現されています。
この点からも、どうもこの世界が単純な死後の世界ではなく、デジタルな世界ではないかとする説もあるのですが・・・・
真相はさっぱり不明です^^;

ゆりについては前日譚(http://news.dengeki.com/elem/000/000/245/245405/)でもかなり非常識で独善的というか、ちょっとついて行けない部分があるのと、音無自体が一話のラストでこの行為に疑問を抱いていることから、このままゆりが正しいという感じでは終わらなそうですね。
全部推測に過ぎませんけど(-_-;)

まあ私は天使がツボにはまったので、他はそれなりの出来ならいいです^^;
この人の作品はいつも序盤は微妙ですから(-_-;)
2010-04-14 Wed 18:43 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>状況把握
情報が少なすぎる、というのがありますけね(-_-;

>ゆりの認識
視聴者には、あの世界において彼女が経験したことが全部判る訳ではないのですが、やはり「NPCだ」と断言されても、「?」となっちゃいます。音無が指摘しているとおり、「消える」と言われても、それが果たして転生を指しているのかも不明です。てか、確認しようがないですから。

>「0」・「1」の表現
「よくわかる現代魔法」ですねわかります(違

ゆりの理解が「正解」ではないでしょうね。
こういう世界観の作品って、「実は・・・」ってのがないと退屈するでしょうから。

>天使
花澤天使最強、というのは同意です。
劇場アニメだと遠子先輩があの声か・・・ と妄想しておきます。
2010-04-16 Fri 00:23 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。