「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2009年度 冬季アニメ おさらい
2010-04-04 Sun 03:08
完走できたのは
 「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」「バカとテストと召喚獣」「とある科学の超電磁砲」
「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」
最後に詰め込みすぎ(^^;
主人公たちの成長とか、移り変わる四季の描写とか見るべき点は多かっただけに残念。
あと、回収しきれていない伏線とかも。客観的に評すれば名作とは言い難いかな。
どう考えても、これは13話が必要だったのではないだろうか?
てか、ローマ皇帝が物わかり良すぎるのがどうかと。
ただ、こういう「残念」な作品だけど嫌いじゃない。どうしてだろうな?
「XENOGLOSSIA」もそうだったけど、たまに思い返したように鑑賞しているし(^^;
とりあえず、タカミカヅチが戦って最後に「Amazing grace」聴けたので良いや。

「バカとテストと召喚獣」
これは面白かった!
「何かよく判らないけどバカ騒ぎしている」のが学園もののミソなわけで、その面白さを充分に伝えられていたと思う。・・・が、アニメのラストはかなりオリジナル展開だったので、それはどうかと。ただ、最後のオチとしてはなかなか面白かったし、「バカテス」らしい終わり方だと思う。
・・・いちおう、原作既刊は全て読了している立場からの発言。
原作原理主義者の人が怒る気持ちも判る。が、「アスラクライン」よりはマシだろうと(-_-;
てか、二期決定したみたいだし。
やはり、好きな作品が商業的な成功を収めてくれるというのは嬉しいものだ。

「とある科学の超電磁砲」
危惧されていたアニメオリジナルも終わってみれば、なかなかの出来だったかと。
てか、
 第二クールーのヒロインは木山先生
だよな? 「レベル0」佐天さんの活躍も良かった。どのキャラも原作であるコミックス版とは少し趣きを異にしているのだけど、精彩があったかと。・・・若干一名をのぞいて。もちろん、美琴さんのことだが。てか、美琴は第一クールーは輝いていたけど、後半はやや持ち味を生かし切れていなかったような。やっぱ、上条さんがいないとダメなのかも知れない。そういや、黒子も前半の方が元気だったかな?
でも、良い作品だったとは思う。てか、そろそろ原作「禁書」を読もうか、俺
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
<<ここ最近の散財 | 「幻想工房」雑記帳 | ニュースの詰合>>
この記事のコメント
>とある科学の超電磁砲
結局美琴は本当にラスト付近だけ活躍したという感じでした。
やはり原作者とアニメ制作陣の力量の差でしょう。
誰にでも原作並みのものが出来るなら苦労はしませんしね^^;

私としてはラスボスがせっかく権力握っているのに、ペラペラと簡単に自白した挙げ句に豹変してチンピラ口調で大暴れしたあたりで、醒めました^^;
2010-04-04 Sun 20:46 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>美琴
最後の活躍は、ややとってつけたような感がありましたが。

お話の大筋は原作者の手も入っているようですから、一応オフィシャルと言えばオフィシャルかもしれません。「レベル6」を産みだそう、というのは「禁書」にも共通する様ですから、ストーリーは良くできていたと思います。
・・・が、最後が急展開すぎるんですよね(-_-;

仰るように、説明不足な分はテレスティーナさんが一人で暴露大会を開催してくれたので解決したのですが・・・ 地位も権力もある立場でしたから、もう少しやりようがあったとは思います。ひょっとしたら、爺さんの研究の犠牲になって脳に重度の障害を負っていたのかも知れませんけど
2010-04-04 Sun 23:34 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
 【中古】ライトノベル(文庫) バカとテストと召喚獣 6.5 / 井上堅二 【PC家電_136P10】【PC家電_137P10】商品価格:600円レビュー平均:0.0 [PR]ジャパン... …
2010-04-05 Mon 12:22 ustxtの日記
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。