「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ニュースの詰合
2010-03-10 Wed 03:35
食文化の批判はタブーだと思うんだがな
「ザ・コーヴ」誤解招く…アカデミー受賞で農相
農水相としては当然の反応。
それだけでも「グッジョブ」と言いたくなるくらい、現内閣はアレなのだが(-_-;
そして、制作者はいけしゃあしゃあとこんなコト言ってます。
イルカ漁映画は日本人への恋文と
いや、余計なお世話だって。
正直、恋人からのお手紙というより、ストーカーからの手紙っぽいけどな(-_-;
この人、カーソンの言ってた「生物濃縮」を真に受けていたとしたら、ちょっと病院に行った方が良いと思う。そもそも、狂牛病対策をまともにしていない牛肉を日本に輸出しようとしたアメリカさんは「日本人の健康のため」とか、言えた義理じゃないと思うけど。
あと、この理屈が正しいとマグロとかも食べられなくなるので、「イルカが可哀相」とか間抜けなことを言っている日本人は、出来たら問題意識を持ってもらいたいもの。
てか、牛の屠殺場を取材してドキュメンタリー映画でもつくって上映してほしいのか、こういう手合いの人たちは。「肉を食べる」っていうのは、いずれにしても残酷な話だ。例えば、犬をこよなく愛するオジオンとしても、中国・韓国の犬食文化に対しては、論理的な批判は展開できそうにない。「可哀相だから」っていう感情論しかないので。

核密約、10政権でリレー=「佐藤-海部」記録が裏付け
難しい問題ではあるけど、当時の日本の国防環境を考えればやむを得ない判断かと。
「密約」自体は悪ではないと思うが、それが一定年経てば公開される仕組みが必要かと思う。いずれにしろ、現実の世界では戦争を防止するには「抑止力」が何よりも重要である。米軍が核兵器を持ち込んでいたことは、日本を含めて周辺諸国の安全保障関係者にとってはいわば「公然の秘密」だったと思うのだが。

で、ゴタゴタの民主党
前原氏「小沢氏は進退検討を」
民主支持率「まだ高い」=前原氏の辞任要求に反論-小沢氏
大ポカやった前原氏 vs 疑惑まみれの小沢氏 どっちもどっち
しかし、小沢さんの反論は非常に興味深いな~
幹事長は辞任すべき 72.5%
要するに、「世論調査の結果など糞食らえ」ってことみたい。
この姿勢自体は間違っていない。
選挙を通じて選ばれた以上、任期中は堂々と胸をはって政治家を続けられたら宜しい。ただ、ここまで疑惑にまみれた代表・幹事長に率いられた政党を、国民がどう判断するかはまた別問題。今夏の参院選で「直近の世論」が出る訳だが、その刻が楽しみで仕方ない。

・・・と言いたいけど、自民党もグダグダ
与謝野氏論文で余波=自民
お前ら、政権奪還する気あるのか?
別窓 | 日記・雑記 | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
<<「アスラクライン」 ついにフィギュア登場! | 「幻想工房」雑記帳 | 今日の散財>>
この記事のコメント
>感情論
感情と論理的な思考はしばしば対立することがありますが、それが本当に自分が可愛がっていたものを「可哀想」と思ったりする感情であれば十分に理解できるのですけどね。
私も殺される現場を見れば『可哀想』とは思いますし、食欲もなくなります。
が、その感情を元に、『全ての人に俺が可哀想と思うからこれは食うな』とはさすがに言えません。
鶏だって豚だって、可哀想ですよ?
殺されるところを見れば。
この監督は鶏や豚はいくら殺しても可哀想ではないとでも言いたいのでしょうかね。


こういう問題は映画だとか、テロ活動(保護活動だなんて言いたくもないです)だとかが絡むと、とたんに胡散臭くなると思うのは私だけでしょうか。

彼らの言い分は『日本人は』ですからね。
彼らの国のことは棚上げ、もちろん他国のことも棚上げ。
とにかく『日本人』だと駄目なんですよ。
ものすごく差別と政治的な思惑と、しょせんは商売・売名かと、ちょっとうがった見方をしたくなります。
そういえば、こんなニュースもありましたね。

あなたは日本人を冷淡で残酷な人間として描いている
http://news24.jp/articles/2010/03/10/10155069.html

自然に対する・・・というならまだ多少は言いたいことも分からないではないですが(あくまでも批判する側の思考として)『人類に対する』と言われると『は?』となってしまいますね。
はっきり言ってしまえば、『人類』ではなく『白人の価値観に対する』でしょう。
これなら納得です。

白人の思想の押しつけは今に始まったことではありませんが、そういえば、イスラム諸国は反豚食委員会とか作って他国を攻撃したりはしていませんね。個人レベルは知りませんが、国家レベルでは。
どうも白人様たちは『俺様の価値観が世界のルール』と思っているように見えて嫌ですね。
2010-03-10 Wed 21:25 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>感情論
まだしも、
 「イルカが可哀相だから食うな」
と率直に言って貰った方が幾分マシかも知れませんね(-_-;
「日本人のため」とか、どんだけ上から目線なのかと

>白人様
とってつけたような理屈で自分たちのエゴを押し通そうとするあたりが、一部の白人たちの鼻持ちならないところです。米国に親近感をもつ私ですが、この点には何度か閉口させられました。
ただ、こういう胸糞悪くなるような差別主義者や、逆ベクトルの啓蒙主義者(「優れた白人が劣った有色人種を教化しよう」というスタンスの方々)は少数派であるのは確かです。日本にも意味なく外国人に侮蔑的な発言を繰り返す人がごく少数いらっしゃいますけど、ああいう手合いと同じですね。

>動画
・・・とお行儀よく書いてみたものの、これを見ると腹立ちますよね。彼らの中では、
 人類=一部の白色人種
ってことみたいですから。
イスラム諸国は昔は「偶像破壊」とかいって占領した地域の宗教的な偶像を破壊することはありましたけど・・・ 過激な人はいまでもひょっとしたらそういうマインドなのかもしれません。

結局、この価値観が狭隘で傲慢な映画監督は、彼らが内心でバカにしている「イスラム過激派」と同じくらいにバカで急進的なことをやっているのですが・・・ こういうアホとは議論になりそうにないですから、水掛け論でしょうね。仰るように、こういう映画を喜ぶ「顧客」がいるのでしょうね。「環境保護運動」のほとんどは、こういう「顧客」を当て込んだビジネスだと思っています。
2010-03-11 Thu 05:08 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
米国:「コーヴ」のスタッフ、鯨肉提供すしレストラン告発 &lrm;15 &#20998;&#21069;&lrm; 【ロサンゼルス吉富裕倫】和歌山県太地町のイルカ漁を批判するドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」で米アカデミー賞を受賞した製作スタッフが、鯨肉を提供している米国のすしレス?... …
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。