「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「曹操の墓」 その2
2010-01-11 Mon 01:26
議論百出にして百家争鳴状態の「曹操の墓」論争について
いつものごとく、おちゃらけたオジオン流で

どうやら、「常林説」とか「夏侯惇説」とかも出てきているとか。
参考:満田剛先生のblogより

何というか、何でもアリっぽい。
で、件の「DNA鑑定」については、こういう状態で難航しているとのこと<当たり前
曹操の墓発見で“自称子孫”が次々現る
・・・まぁ、そうなるわな。
ちなみに、この記事はかなり怪しいというかツッコミどころ満載なので以下に転載する。
著作権者からの申し出があった場合、速やかに削除する。

中国河南省文物局が、同省安陽県で発掘調査していた陵墓を後漢時代の英雄、曹操(155~220年)の墓「高陵」と断定したことで、一気に世間の注目を集め、自称"曹操の子孫"が大勢現れた。上海から曹操の墓までわざわざ足を運び、DNA鑑定を申し出た老人までいたという。

 ◆曹操の末裔 次々現る
 曹操の墓が断定されたというニュースが中国人民網などで発表された次の日、インターネット上に曹操の第82代末裔と自称する人物が現れた。彼は「祖父が残した家系図によると自分の家族は曹操の子孫だ」と主張する。
 
 また正月休暇の期間、湖南省の合盛村(ごうせいむら)の曹典欽(そうてんきん)という人物が、この村の曹姓の村民はみな曹操の末裔だと名乗りを上げた。彼の話では、数年前、曹氏一族の家系図を作り直していた時、祖先が残した古い族譜が10本ばかり出てきて、そこにははっきりと曹操の末裔と記されていたそうだ。
安陽県の村民の話では、先月31日上海から来た一人の老人が、"自分は曹操の子孫だ"と曹操の墓参りをしているという。

◆本当の祖先は操姓?
 ある人は"私たち操姓が曹操の本当の末裔だ"という。操氏の家系図によると、曹魏の末年、魏皇帝曹奐(そうかん)は年少で、朝政はすべて司馬氏が握っていた。司馬昭(しばしょう)兄弟は曹魏の皇帝権を奪い取るために、憚ることなく曹操の子孫を殺害していった。

 そして、紀元266年、司馬炎が魏帝を廃止し晋を建立した後、曹魏の皇族一族の迫害はさらに激しくなった。曹操の族子曹休(そうきゅう)は司馬氏の攻撃を恐れ、一族を引き連れて障ノ陽郡(はようぐん)新義(しんぎ)(現在の江西省波陽県)まで逃げた。そこでは、曹操の名前を姓に改め、曹姓を操姓にし、現在に至るという。

 また操一族には「操一族の女性は曹一族に嫁いではならない。操一族の男性は曹一族を娶ってはならない」という言い伝えもあるそうだ。

 最近、次々に現れた曹操の子孫について、曹操文化研究会会長の趙威(ちょうい)氏は、家系図だけでは曹操の末裔と断定することは難しいと話す。なぜなら、完全に残っている家系図は現存していないからだ。

◆DNA鑑定で結論は出ない
 曹操の頭骨を使ってDNA鑑定を行い、墓の真偽を確かめることについて河南省文物考古研究所の専門家は2つの難点があるとしている。一つは曹操の末裔を断定し見つけ出すこと。もう一つは、有効な遺伝子を抽出すること。

 こうした問題に関して、湖南省六合国学書院の黄守愚(こうしゅぐう)教授は曹操の頭骨のDNA鑑定は筋違いだとの認識を示している。黄教授の話では、現在、全国には厳格な意味で完全な家系図は残っておらず、系譜だけでは曹操の末裔と証明したことにはならない。

 また、曹操の死から現在に至るまで、すでに1800年の時が流れている。少なくとも80数代を経た現在、DNA鑑定は有効な根拠になるだろうか? 鑑定は作業が不可能な上に、科学的結論を出すこともできないと見られている。
いやいやいや、司馬懿が専権を振るう前に曹休は死んでますから!!
こういった「民間伝承」レベルで「子孫」を名乗る人が出てくると・・・
もう手に負えないっぽい気もするが? 少なくとも技術論云々ではなく、提供される「子孫」のDNAが限りなく怪しい訳だから筋違いだと主張する黄守愚先生の仰るとおりだろう。
別窓 | 三國志 考察など | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<DS版「DQ6 幻の大地」 予約 | 「幻想工房」雑記帳 | ニュースの詰合>>
この記事のコメント
なかなかカオスなことになっていますね^^;

正直「何々の末裔」とかは本当に当てにならないですね。
家系図とかは、日本でもよくある話ですけど、それが本物かどうかというのはなかなか分からないです。
それにしても、曹一族となると、当時でも根絶やしは難しかったかと思いますから、血を引いているだけならどこかにいるのかもですが、それを立証するのは困難でしょうね。
というか、本物の末裔がどこかにいたとしても、自分が末裔だという事実すら知らない可能性が高いのでは。
2010-01-14 Thu 20:37 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>家系図
信用する方がどうかしているというか(^^;
仮に家系図の通りだったとしても、途中にいろいろとイレギュラーが入ろうというもの。司馬睿(実は司馬氏ではなく牛氏の血筋ではないか? とされています)の例もありますので、DNA調査の指標には耐えないかと。

>曹氏根絶やし
既に、この記事自体が怪しいですね(^^;
確かに、司馬昭は曹氏の血を引く者を殺害しています。ただ、闇雲には殺していないかと。曹氏に代わって司馬氏が民衆の支持を集めたのは、その寛容さが評価されたからです。このへんは、同時代人の張悌がよく分析していると思います。
「寛容さ」をウリにしている司馬氏が、「曹」姓の人間を根絶やしにする様な大虐殺をやらかしたら一挙に人心が離れていくでしょう。そもそも曹氏からの禅譲を画策していた司馬一族がそんなに血腥いことを考えているとは思えないので・・・ この「操」姓はそのへんからしてかなり怪しいですね
2010-01-15 Fri 01:38 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。