「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今日の散財
2009-12-23 Wed 02:56
「ジパング」43巻で完結。
・・・う~ん、作品初期から中期のダイナミズムは完全に失われたかな。
『ジパング43』(かわぐちかいじ・アフタヌーンKC)
zipang43
とりあえず完結したのは良かったけど、消化不良も甚だしいな。
何というか最終巻は、ホワイトハウス内の対立、ルーズヴェルトの大統領選落選、日本と連合国の講話など、かなりダイナミックな動きがあるにもかかわらず、すんごく粛々と進んでしまっているのが・・・ 結局、原爆を巡るマリアナ沖海戦からずっとひっぱってきた角松vs草加は何だったのかと。
てか、角松二佐は結局草加の掌の上で踊っていただけ、とも言えそうな気がする。
で、角松の話よりも、菊地の語った「二度目の戦後」の方がずっと興味深かった。で、この「戦後」はツッコミどころ満載ですよ。まず、連合国との講話全権が近衛文麿首相(第四次近衛内閣)って・・・ 日中戦争を泥沼化させた近衛が宮中の信任を得られるとは考えがたいし、連合国の一翼を担う中国国民党政府がこれを是とするのか? とか。他にも、戦後日本の領土がどうなったのかとか。『大日本帝国の崩壊―東アジアの1945年』読んだ後だと、このへんに面白いネタがいっぱい転がっているのに、フル無視。朝鮮半島がどうなったのか、外地に植民していた日本人がどうなったのか、とか考え出すといろいろと描写しないといけない部分があるのに。
てか、チャーチルも、スターリンも、毛沢東も全力スルーで登場さえしやがらない(-_-;
草加から「ジパング」の全貌を聞かされていたはずの石原莞爾も動き無し。・・・う~ん、どうだろうなこれは。ラストは辛うじてタイムスリップものっぽかったが、タイムスリップものとしては『モンゴルの残光』の圧勝だろう。個人的には好きなシリーズだったけど、竜頭蛇尾と言わざるを得ない。
てか、津田大尉が頑張っていた頃とか、みらいvsドーントレス40機とか、みらいvsノースカロライナとか、インド洋での零戦vsスピットファイアMK-Vとかやってたころはワクワクしたけど、やっぱマリアナ沖海戦で明らかに間延びしちゃった感じがする。惜しいな~
別窓 | 散財 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<明日より冬季長期勤務 | 「幻想工房」雑記帳 | 「にゃんこい!」攻略>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。