「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「アスラクライン2」 ペルセフォネ登場!!
2009-12-12 Sat 03:51
智春と奏お嬢様の愛の結晶、使い魔(ドウター)・ペルセフォネ登場!!
・・・なん、だと?
kanade with persephone
どう見てもクロエです。本当にありがとうございました orz
※クロエ・・・潮泉律都と直貴(一巡目)の使い魔。
       能力はクライン空間の形成及び機巧魔神の修復・整備

ちなみに、これが原作版ペルセフォネ
似ても似つかないってレベルじゃねぇ~ ちなみにこっちが原作版クロエ
まぁ、律都の設定を変更した段階で、こうなることも予想できたのかもな~

で、律都と一巡目の設定を変えたものだから、原形をとどめない大改変
もはや、別世界での出来事だとしか思えない(-_-;
原作版の一巡目→二巡目が凄く好きな自分にとって、これは痛かった。
原作の11巻の冒頭と12巻ラストを比較してみると、智春の成長が窺える構成になっている。これが、智春による地の文と相まって良い味を出しているのだが・・・

てか、鐵・改ペルセフォネがここまで残念な子になるとは思わなかった orz
「そもそも論」でいくと、圧倒的に尺が足りないのだが(-_-;
  鋼のディストリビュータで、翡翠・薔薇輝・蒼鉛が動くのかよ? とか
  氷羽子ちゃん、完全にビッチじゃん? とか
  六夏会長がいつの間にか片眼失明してる? とか
  真日和って登場させた意味あったの? とか
  第二生徒会ズを入院させるなら、ひかり先輩登場させろよ! とか
言いたいことを挙げていくとキリがない
良かった点は、
  奏お嬢様が使い魔=我が子のことでのろける
  副葬処女になった冬琉会長が、自身の心境を語ってくれる
くらいかね?

どうでも良いけど、「うずしお」と「アースラ」が似ている気がした。
「アルカンシェル」でも撃てばいいじゃない? と言いたくなった(お

う~ん、opとedしか褒めどころのないアニメになったな~
これだったら、来年から大攻勢の「劇場版アニメ」方式にした方が良かったかもな~

まぁ、一番のミスはシスターパンツレス苑宮和葉ちゃんを登場させなかったことだが
こっちが原作版イラスト
この容姿で「パンツじゃないけどから恥ずかしくないもん!」
凄いな和葉、頑張れ和葉。ライバルが強すぎて分が悪そうだが
そういう訳で期待しているよ、原作14巻に(お
別窓 | 「アスラクライン」 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<今日の散財 | 「幻想工房」雑記帳 | 今日の散財>>
この記事のコメント
>ペルフェセネ
原作そこまで読んでいないですけど、一目見て分かるくらいにクロエですね^^;

>原作とは似てもにつかない
まだ私はそこに気がつかないで見ていられるだけ幸せなのかも知れません。

>来年から大攻勢の「劇場版アニメ」方式
やはり一つ数字を出すと後追いで一斉に始まるようですね。
もっとも、制作側も時間と予算を確保できる方がいいでしょうし、ファンも粗悪品を濫造されるよりはいいでしょうけど・・・・・
問題は、劇場版ラッシュでそっちが粗悪品にならないかが心配なのですが^^;
テレビよりはクオリティ的にはましなのでしょうけど、結局は面白いかどうかは制作陣のセンスが問われるでしょうし。

私は劇場には足を運べそうにないので、どうしても見たいものだけDVDですかね。
2009-12-12 Sat 19:44 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>ペルセフォネ
原作によると、家系によって使い魔はある程度固定されている模様。
 ・クラウゼンブルヒ(運喰らい)=スライム
 ・華島(雷)=鵺
 ・鳳島(氷)=氷の不死鳥 
 ・風斎(風)=かまいたち
 ・嵩月(炎)=有翼の火蜥蜴
まぁ、アニメ的には奏お嬢様の肩に爬虫類をとまらせたくなかったのでしょうかね?でも、喧嘩っ早い勇猛果敢な奏お嬢様のイメージには合致しないですね、フクロウは(-_-;
てか、一番ワリを喰っているのは真日和でしょうかね。このひと、あれだけ阿漕に仕事していた理由が全く説明できなくなってしまって・・・ しかも、使い魔を見捨てた薄情野郎みたいな扱いでしたし・・・
まぁ、それ言いだしたら鳳島氷羽子はもっと悲惨なわけですが。原作ではある意味非常に強烈なキャラクターを発揮してくれたのですが、アニメ版だといろいろアレです(-_-;

>劇場版アニメ商法
ここ暫く続いた粗製濫造で、さすがに資源が払底してきたことも一因ではないでしょうか。あと、予算や製作期間の都合でストーリーや設定を改編して、確実に金蔓になってくれる原作ファンを敵に回すより、原作を忠実に再現して原作ファンを確実に囲い込む算段でしょうね。
 公開前:「前売り券」+「関連商品」
 公開後:「DVD」or「BD」
みたいな感じで。
どうせ、こういうアニメ好きな連中はネットで情報集めて勝手に映画館に集まるでしょうから、地上波の放送枠を押さえるより安上がりなのかも知れません。DVD発売までは本編がファイル共有ソフトで無許可配信されることもなくなりますし(^^;

私は大阪梅田に比較的近い(電車で30分弱)ので、気になる作品があれば見に行っちゃうでしょうね~ で、気に入ったのはDVD買って、プラモ組むときのBGMになるでしょう(お

結局、地上波いらなくなるかも(^^;
16日あたりに2009年度冬アニメの視聴検討をupする予定で、情報を集めていますが、見事なほどにどうしても見たいコンテンツは劇場公開だったりします。
2009-12-13 Sun 02:51 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。