「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ニュースの詰合
2009-10-17 Sat 02:30
首藤信彦代議士のblogで、例のエントリについての追記が。
その他、いろいろと
江畑さんについての追記
例によって、全文引用
今週はメチャクチャに忙しく、多数寄せられたコメントを読む機会もありませんでしたが、先ほど帰宅し全部拝見いたしました。ほとんどのコメントが罵詈雑言で、小生の江畑さんの思い出のどこが名誉毀損や故人をいやしめたのかよくわかりませんが、小生の日本の軍事専門家へのコメントはこの分野で常識に近いもので、江畑さんご自身も十分ご認識されていました。また与党に寄っていたことも、小生が何度か民主党の勉強会への講演を依頼したときにお答えになったことで、「いそがしいので、野党への講演のような無駄なことに時間を費やしたくない」と率直におっしゃっておりました。また必ずしも読者の多くない軍事分野での執筆が大変だったことは事実で、膨大な情報収集のコストをカバーする執筆量は大変と申されていました。小生への叱責をされた皆さんは、この分野で研究活動する研究者の苦労はあまりご存知ないと思います。最大の問題は日本の一般大学や研究所で、軍事、戦史、兵器などの専門講座や専任教員のポストを用意しているところはほとんどないことで、「平和学や平和研究があるのに、なぜ戦争論や紛争研究がないのか」と我々も何度も各大学などに呼びかけましたが、なかなか現在でも進展していません。優れた軍事研究者や防研出身者が大学に移っても、結局は国際政治学や国際法、憲法などを教えているのが現状です。しかし、軍事や紛争研究、特にLIC研究や新防衛概念など現実のニーズが高いので、機会あるごとに、各大学・研究所などに専任研究者の採用を呼びかけていくつもりです。
さて、議論の多いテーマで活動しているので、小生へのご意見、叱責、罵倒なども当然のこととして甘んじて受けますが、小生のブログが起点となり結果的に残された奥様に多大のご迷惑をおかけしたことはお詫び申しあげます。正直言って、奥様のコメントが「シナ人、朝鮮人、早く死ね」のような小生への罵倒文章の中に組み込まれて送られることは、予想もしておりませんでした。奥様ご自身も大変なショックであったと想像いたします。この点に関しては、小生の思慮が足りなかったと反省し、深くお詫びもうしあげます。

・・・ごめんなさい、首藤先生。
あなたの作文力は、中学生以下じゃなくて、小学生以下だったのですね。
申されていました って・・・
まともな日本人、それも高等教育を受けて国民の代表たる代議士の地位にある方が、敬語もまともに使えないとは・・・ 過去のエントリでは、麻生前首相を「漢字が読めない」と扱き下ろしていましたが。だったら、あなたは「敬語がまともに使えない代議士」ってことでよろしいですね?

こういう下らない揚げ足取りはあなたの十八番でしょうから、譲りましょう。
で、本文の方ですが・・・ 凄いですね。
 嘘ばっかり 曲解ばっかり すり替えばっかり
あなた、代議士を廃業しても詐欺師で食って行けそうです。
コメディアンも出来そうですから、老後も安泰ですね。さっさと辞職しちゃって下さい。

で、検証というかツッコミを

(1)今週はメチャクチャに忙しく
本当に忙しい人は、blogを頻々と更新できません。
更新しているのは、私の様な社会ののけ者か、あなたくらいのものです。

(2)ほとんどのコメントが罵詈雑言
ほとんどって、どういう基準でそうおっしゃっているのです?
勿論、読むに耐えない罵詈雑言があったのは確かだが、
 予断と憶測で故人を貶めるあなたのエントリに対する的確な批判も多かったが?

(3)江畑さんの思い出のどこが名誉毀損や故人をいやしめたのかよくわかりません
良いですか、「ある軍事評論家の死」というエントリをもう一度よく読みなさい。
繰り返すが、あなたは予断と憶測で故人を貶めています
そう感じられないのなら、あなたの知性か感性、どちらかに致命的な欠陥があります。

(4)小生の日本の軍事専門家へのコメントはこの分野で常識に近い
あなたの見解が軍事の常識? 新手のギャグネタですか?
あなたはかつて
 「戦車不要=機甲師団解体」 「ストライカー師団の導入」
を唱えていらしたそうですね。(参考)
お笑い種ですよ。戦場は市街地だけではないのです。日本には不整地も多いですから、機動力・装甲・走破性を兼ね備えた戦車が必要なのは自明です。いくらデキの悪い「軍事評論家」でも、「新型戦車(TK-X)不要論」はあっても、「戦車不要論」を唱える愚物はいませんよ。あなたくらいじゃないですか、こんな非常識なこと言ってるの。

(5)「いそがしいので、野党への講演のような無駄なことに時間を費やしたくない」
江畑氏はお優しかったのですね。
正直にこうおっしゃれば良かったのに。
 「北朝鮮べったりのあなたが関連する様な偏向した講演会には出たくない」
と。あるいは、軍事的な知識がかなり怪しいあなたを慮って、敬して避けていらしたのかもしれない。いずれにしろ、故人の思いやりの深さが感じられるお話です。

(6)優れた軍事研究者
はて、
 「日本には本当の意味で、軍事専門家などはいない、また出てこない」
とおっしゃったのはあなたですよね?
以前のエントリとの間で整合性が取れていないのですが。
発言がブレるのは良くないのですよね? それとも自分の発言がブレるのはokですか?

(7)奥様ご自身も大変なショックであった
本気でそうお思いですか?
だとしたら、あなたの知能は相当低い。代議士の職務には耐え得ないだろうから即刻辞職されるべきだろう。マニフェストに反して国債増発を強行するなら、まず無駄を削るべきでしょう。やはり、無能な代議士に職を退いて頂く、というのは非常に合理的な方法かと思います。
良いですか、
 奥さんがショックを受けておいでなのは、「ある軍事評論家の死」本文なのですよ。
仲良くしてくれていた、と思っていたあなたに、故人を貶める様な「弔文」を書かれたからです。お判りですか?判らないほど耄碌されているならさっさと辞職しなさい。で、判ってやっているならあなたは畜生以下の人非人だ。

ここまで激しい憤りを感じたことは、生まれてこのかたほとんどない。

で、このアホ議員の飼い主も、相当おかしい。
支持率65%って、冗談だよな? と言いたくなるのだが・・・

赤字国債批判強まれば「公約一部見送りも」…首相
これでハッキリした
 民主党は嘘つきで、鳩山首相は詐欺師だ。
発言がブレるどころじゃなく、これは明らかな有権者との契約違反だ.
とりあえず鳩山よ、臨 時 国 会 を 開 か な い か ?
補正予算の執行を停止するなら、それを代替する予算が必要だろう。で、「三権分立」の原則を知っているのなら、予算の議決は立法府たる国会を除いては不可能だ。だったら、さっさと臨時国会を開くべきだろう。補正予算の執行が停止されると、失業手当や産業振興への予算も凍結されてしまう。新型インフルエンザ対策も考えているか?ここまでのところ、明らかに自公政権よりも動きが鈍いのだが。

「東アジア共同体」をけん制=米次官補
まぁ、当たり前の話だが・・・
鳩山は「友愛」念仏を唱えるしか能がないが、EUやASEANなどとは違って、事情が複雑すぎる上に、共同体のパートナーは日本の潜在的な敵国、という状況なので、どうしようもない。この現状認識ができていなさそうな点が既に怪しいのだが・・・ これでも国民の信託を受けた国会の選んだ内閣首班なので、見守るしかないのだが。

中国の軍事力台頭もあり、日米同盟はより重要に=北沢防衛相
北澤防衛大臣がまともな人で良かった。本当に良かった。
てか、
 「中国が台頭してくる中、日米同盟関係の意義は小さくなりつつあるのではないか」
と質問した報道関係者がいるとしたら、そっちの方が心配だが。
別窓 | 日記・雑記 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<今日の散財 | 「幻想工房」雑記帳 | 「サモンナイト2」@マグナ(戦闘)&ハサハ1週目 ~第12話「絶望の先へと」 >>
この記事のコメント
う~ん・・・
何かこの人わざとやっているのではなく、本当に自覚がないだけなのではないかと思えてきました。
それはそれで困りものですけど。

オジオンさんが書かれていることにはほとんど同意なのですが、もの凄く気になったのが
(3)江畑さんの思い出のどこが名誉毀損や故人をいやしめたのかよくわかりません
(7)奥様ご自身も大変なショックであった

の二つです。
軍事には疎い私ですが、父の死の直後に●●会員に生前の父が悪人であったかのように貶められた経験がある私としては、これを本気で言っておられるなら、自分の発言についてよほど無自覚な人なのだろうと思いました。
●●会員同様にですね。
私は今でも彼らに対して激しい憎悪を持っていますし、彼らの妄言を見るたびに体調を崩します。
そんな遺族の気持ちとか分からない人なのでしょうか。
評論家がプロバガンダだの与党よりだの、金に困って・・・・と、さも中立ではなく偏向して公正さの無かったかのような書き方は普通に不名誉でひどい侮辱なのではないかと思いますし、仮に百歩譲って全部事実だったとしても。これが故人を悼む文章なのか・・・?と、思わずにはいられません。

で、(3)(7)について須藤議員は分からないそうなので、ここに夫人のコメントがあった元記事のURLを貼っておきます。
現在のものとは違う、夫人の詳細なコメントが載っています。
※URLは削除しました
ただ、これはご本人から削除依頼があってj-cast側では削除したそうなので、不適切であったらお手数ですが削除願います。

これを見ても明らかに分かるように、ショックを受けた理由は、須藤議員にたいする批判や罵詈雑言のコメントに自分のコメントが組み込まれたからでも、須藤議員に対して寄せられたコメントについてではありません。
議員が書いた本文に対してです。
知っていてやっているのか、知らずにやっているのかわかりませんけど、さすがに何を言っているんだろう・・・?と不思議に思くらいのおかしさです。
これに関してなんの自覚もないのかのような文章なのが少しばかり恐さを感じます。

あと、結局生活苦云々、与党よりというのも
>いそがしいので、野党への講演のような無駄なことに時間を費やしたくない
が根拠ですか。
野党よりの発言はしたくないと言われたと捉えれば与党よりと勘違いしそうですが、これが生活苦云々、プロパガンダ云々、政治の世界に出たかった・・・・と繋がって故人にとって悪い方向に悪い方向にばかり話が繋がっていく様はおかしなものを感じます。

少なくとも故人を追悼する文章で書く必要はないですし、まったく追悼になっていません。
むしろ常人の感覚であれば避ける表現かと思われますし、故人を追悼する文章を書くに当って「こんな思い出しかなかったのですか?」と思うのですが、どうなのでしょうか・・・・

■追記
ああ、昨日の午後23:25分の更新記事を見て納得しました。
この人、死者に鞭打つのが大好きな●●教の共感者でしたか、どうりでどうりで。
吐き気がしますね。

■すみません、さらに追記です。
こちらではこんな感じになっていますね。
ttp://kiyotani.at.webry.info/200910/article_4.html
非常に分かりやすかったです。
2009-10-17 Sat 07:40 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
で、民主党さんについてですが、まず
民主党さんは三権分立等守る気がなかったような気がするのですよね。
私の記憶違いかもしれませんが、少なくとも菅直人氏に関してはそう言っていたような気が

■立法権と行政権の両方を預かる
http://www.dpj.or.jp/news/?num=17073
■憲法には、三権分立とは書いてありません
http://blog.livedoor.jp/shugiin08846/archives/51647218.html

■赤字国債云々
最初から実現不可能なのかどうかという耳障りの良い公約をあげるだけ上げておいて、出来そうにないとなると、有権者のせいにするというのはちょっと卑怯なのでは。
自分たちの見通しの甘さを謝罪するならともかく、この言い様はなんなんでしょう。

■臨時国会
正直、国会を開かないという新しい国会戦略にはこんなこともあるんだな~と、素直に驚きました。
同時に呆れてもいますけど。
2009-10-17 Sat 12:38 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>故人への姿勢
やはり、場の空気というか、死者を悼む気持ちっていうのは日本人に共通する感覚だと思うのです。元寇の後でも、元・高麗兵の戦死者の慰霊碑をつくる国民性ですし。本当に親愛の情を抱く相手に贈る文章じゃないですよね、これは

>プロパガンダ
自民党がプロパガンダを打っていたのは間違いないでしょう。ただ、それは民主党も同様であり、首藤代議士の「講演会」も民主党によるプロパガンダなのですよ。おそらく、それが判っていない。ご指摘の様に、自覚さえ出来ていない感じがしますね。こんなに「鈍い」人に危機管理とか絶対に無理だと思いますが・・・

>削除されたコメント
実は、前回ご紹介いただいたエントリを辿り、削除された文章があることは把握していました。ただ、この削除→改変に至った経緯がいまひとつ不明瞭だったので、こちらではとりあげはしませんでした。南斗さんの補足に感謝します。
ただ、やはり
 「私どもは、仲良くさせて頂いたのでショックです」
という変更後の文面の方が、首藤代議士に対する奥様のお気持ちが現れている、と感じる次第です。・・・まぁ、変更前にしろ後にしろ、どちらの文面を読んでも首藤代議士のエントリ本文に対してショックを受けた、というのは間違いないと思います。

>いそがしいので、野党への講演のような無駄なことに時間を費やしたくない
これは、ぶっちゃけ程度の低い「講演会」に出る気がしなかったための方便でしょう。これは私の憶測ですが、故人は「原稿の追い込みに入っており、どうしても時間をお取りできません。」くらいの返事だったのでは・・・ と勘繰ってしまいます。

>清谷氏のblog
実は、個人的には清谷氏の見解には納得できないものが多いのですが、このエントリに関しては筋が通っていると感じます。

>三権分立
確か、「憲政の常道」ってフレーズが好きでしたよね、民主党は
URLのエントリには「高校生でもわかる」とありますが、三権分立は小学生でも習います。で、それぞれ三権は独立するものの、議院内閣制を採用しているので「内閣は、行政権の行使について、(国民の信託を受けた)国会に対し連帯して責任を負ふ」と記してあるわけです。
・・・憲法の条文も判らないのでしょうかね、戦略相は(-_-;
もちろん、行政府の多数を占める政党が内閣を組織する訳で、「行政権・立法権を預かる」というのは間違いではないです。ただ、あくまで行政権の行使は、国会の定めた法律・予算の範囲内に限定されます。国民の代表たる国会の議決した予算を、行政府が一方的に凍結するのはあきらかに「憲政の常道」から外れています。形式であっても、臨時国会を召集するべきです。

>赤字国債
もう、アホとしか言いようがないです。
高校無償化とか、高校の教育現場を一度でも体験したらとんでもない寝言だと気づくでしょうに。何せ、入学した高校生のうち1割くらいは最初の一年間で退学していくわけですから。経済的に苦しい家庭を助けたいなら、奨学金制度の拡充にすべきです。支給される奨学金の半額を将来的に返済させる、というようなシステムにすべきです。こういう部分から、まず無駄を省くべきです。まぁ、教員免許の更新制を廃止したのは良策でしたが。

・・・って、
 「概算要求だと90兆円突破したから、防衛関係費を削る」
と言い出しそうなのが鳩山首相ですけどね・・・
2009-10-18 Sun 01:44 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。