「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今日の散財
2009-10-10 Sat 01:12
また、分厚い本を買ってしまった・・・
『泣き虫弱虫諸葛亮 第壱部(酒見賢一・文春文庫)
nakimushi yowamushi01
何というか、これは一種のパロディ本かな。
てか、「三國志」初心者の方には絶対にオススメできない(^^;
ただ、俺個人はこういうパロディ作品は大好きである。よく知った風な口を利いてパロディ作品を批判する輩がいるが、全く以て片腹痛いというか日本の大衆文学なぞ、著作権御免のパロディの集積体なのだが。パロディがパロディとして成り立つのは、それだけ同類の作品が世に広く認知されているからであり、パロディの需要があるというのはそれだけ文化として成熟してきている、と解釈できると思うのだがな~
どうでも良いけど、こういう胡散臭い諸葛亮も好きだな。ちなみに、『ぼっちゃん 魏将・郝昭の戦いの諸葛亮が一番強そうで一番格好いいかも知れない(^^; てか、あんなに蜀軍が強そうな作品は少ないと思う<言い過ぎ
別窓 | 散財 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
<<サブカル通信 | 「幻想工房」雑記帳 | サブカル通信>>
この記事のコメント
これは確か何年か前に単行本が出た時に読んだ覚えがありますね。
著者もタイトルも一緒なので間違いないと思いますが。
随分前なので、これも記憶がかなり薄れているのですが、確か登場人物で一番まともなのが諸葛均だったような気が^^;

主人公の諸葛亮よりも、徐庶が名軍師として祭り上げられて、おたおたしている様がかなり笑えました^^;
2009-10-10 Sat 08:32 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
泣き虫弱虫諸葛孔明と聞いて飛んできました。
この本の武将たちの狂いっぷりは他では体感できませんよね(褒め言葉)
二部の長坂あたりとかカオスの極みです^^;
逃げてるはずなのに「伝説を作る」とかいう目標掲げてる場合じゃないだろうと。

これって確か演義の内容を無理やり現実にねじ込む逆解釈を念頭にしたらしいですね。
それであれだけ面白く出来るんですから、酒見さんは凄いですね。
2009-10-10 Sat 12:01 | URL | 国士無双 #RFphBmaY[ 内容変更]
やっぱ、内容的には「演義」のパロディという感じですね。
実際の学説などとは随分違っているというか「二昔前」の解釈があるかと思えば、非常に示唆的な部分もあり、ややこしい本ですよ。でも、読んでいるとついつい笑ってしまう軽妙さがあります(^^;

南斗さん
>諸葛均
確かに気の毒な境遇です(-_-;
が、実際はあんな下男の様なことはしていないでしょうが
>徐庶
いま、ちょうど覚悟完了されたところです(^^;
当時というか、いつの時代も侠客ってこういう見栄っ張りな人が多いのでしょうね~

国士無双さん
>狂いっぷり
とりあえず、諸葛亮と龐徳公がツートップですね(^^;
>長坂の戦い
文庫化されるのはずっと先でしょうが、楽しみにしておきます
2009-10-11 Sun 14:27 | URL | #-[ 内容変更]
あれ、第二部までは文庫化されてるはずですよ。
私、書店で第二部見かけたことありますので。
いつか買おうと思ってまだ買ってないんですけどね。

ちなみに私が一番笑ったのは龐徳公のストンピングですね。
何故かあそこで爆笑しました^^;
2009-10-11 Sun 17:23 | URL | 国士無双 #RFphBmaY[ 内容変更]
>第弐部
おそらく、それは文庫版ではなく単行本では?
文藝春秋のhpでも、文庫版第壱部が発売されたのが今月のことですから、第弐部が文庫化されるのはもう少し先のことかと思います。

>ストンピング
徐庶ママも大好き!!
てか、作者が好きなだけっぽいですけど(^^;
2009-10-12 Mon 23:48 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
ああ、なるほど。
いまいち文庫版と単行本で違いが分からないので、第弐部自体は出てるということしか書きませんでした。
これはまた失礼しました<(_ _)>
2009-10-13 Tue 06:17 | URL | 国士無双 #RFphBmaY[ 内容変更]
ドンマイです。

単行本もいいのですが、収納スペースの問題が切実でして・・・ 気長に待つとしますか。
2009-10-14 Wed 01:12 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。