「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『守りの名将・上杉景勝の戦歴』読了
2009-05-20 Wed 03:26
『守りの名将・上杉景勝の戦歴』(三池純正・洋泉社新書y)読了
kagekatu
「越後の龍」の後継者・上杉景勝、苦闘の履歴書
良質な「上杉景勝の入門書」だが、レビューは私情入りまくりなので注意
「戦国武将ブーム」の昨今でも、上杉景勝はメジャーな戦国大名だとは言い難い。「二代目大名」ということで、評価どころかそもそも存在を知らない人さえ少なくないだろう。あるいは知っていても「直江兼続の主君」という程度の認識だろうか。
この評価は、大河ドラマ「天地人」放映後でもかわっていないのでは無かろうか。

確かに間違っていない。
直江兼続は天下にその名を知られた有能な執政官である。ただ、やたら評価は高いのだが、戦争指導者として評価した場合は、直江兼続「愚将」とまでは言わないが凡百の将でしかない慶長出羽合戦(会津上杉氏による最上侵攻作戦)はそもそも兵站計画がなっていなかった(「分進合撃」の典型的な失敗例)上に、有名な長谷堂城の戦いでもこれまた画に描いた様な「兵力の逐次投入」で攻勢が頓挫し、最上勢の反攻を許してしまった。辛うじて撤退戦で面目を施した程度である。
この直江兼続頼みでは、とても戦乱の世に家を保てはしないだろう。

では、「この直江兼続でも乗り切れる程」謙信死後の上杉家は安泰であったのかと言えばそうではない。有名な御館の乱は「ヤクザの跡目争い」よろしく泥沼化した激戦であったし、その後も柴田勝家率いる織田家北陸方面軍との戦いが控えていた。その後も、秀吉との交渉、家康との戦い、北条・伊達市との争い、朝鮮出兵、そして関ヶ原・・・ と戦いに明け暮れており、また戦い以上に判断の難しい舵取りを要求されてきている。
いずれの戦いにも言えることだが、胸のすく様な成功や会心の勝利は存在しない
そんな「終わりのないディフェンス」を戦い抜いてこられたのは、もちろん上杉家が蓄えてきた戦闘ノウハウもあろうが、やはり上杉景勝の力量の因るところが大きいと言わざるを得ない。しかし、上杉景勝が武勇の人であったかというとそうではない。自ら最前線で戦う機会も多かったであろう御館の乱でも、彼の個人的な武勇は記録されていない。では、知謀に優れた知将なのかと言われるとそれも困ってしまう。決して神算鬼謀の才に恵まれていた訳ではないのだ。
では、上杉景勝の力量とは何であったのか? と問われれば、
 「絶体絶命の窮地でも絶対に諦めないねばり強さ」
だと言える。御館の乱の大逆転も、実にねばり強い彼の戦い振りが呼び込んだようなものである。本書は逆境の中でこそねばり強さを発揮し、危機に立ち向かっていった景勝の「苦闘の履歴書」である。憧憬、あるいは愛憎半ばする感情の対称であったであろう養父・上杉謙信との関わり、防御に徹した対上杉征伐戦の遺構検証など、上杉景勝についてコンパクトにまとめられた極めて良質な入門書だと言える。特に神指城に代表される対上杉征伐軍迎撃用の防御体制から「北の関ヶ原」論に疑問を呈するなど、第九章は、フィールドワーク・遺構調査を持ち味とする著者の本領が発揮されており、圧巻である。

ただ、個人的に残念だったのは鴫野の戦いの扱いがやや小さかったことか。西軍に与し減封されたにもかかわらず、大阪の陣では単位兵力当たりの戦闘力は謙信時代を凌ぐまでに高まっていた証明であり、これは景勝・兼続の軍制改革の賜物であったと思うのだが・・・ いかがだろうか。

蛇足、独り言
「二代目大名」(正確には違うが)として、景勝のあり様は実に興味深いと感じた。
例えば、「天才」の後継者という意味で立場を同じくする武田勝頼と比較すれば顕著だろうか。己の力量の限界を知悉していた景勝は「謙信になろう」とはせず、逆に神格化することで家中の求心力、上杉家の武名を高めた。一方、自恃の念が強かった勝頼は「信玄になろう」とした。勝頼は景勝と比較にならないほど武勇の才に恵まれており、戦争指導者としても父と同程度に有能であったが、信玄を超えようとするあまり視野狭窄に陥り時代の流れを読み間違えてしまった、と感じる。
別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<臨時休業 | 「幻想工房」雑記帳 | 「賢明王の挑戦」 シナリオ4 フランス王国>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。