「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
読書報告
2009-04-11 Sat 03:00
職場の書類にあった
  「アクアライン」「アスラクライン」に見えた(実話
いろいろと病気だけど、頑張って更新してみた
『アスラクライン12 世界崩壊カウントダウン
「一巡目の世界」の完結編。
「二巡目の世界」で出会ったいろんなキャラが次々と登場するのが堪らない。
嬉しくはあるんだけど、「二巡目の世界」でいろいろと不幸な出来事に巻き込まれたり、文字通り存在そのものをすり減らして戦っていたキャラクターたちの平穏な学生生活の様子を読んでいると、何か胸が詰まる様な思いになるってきた。
で、お話的にも急展開。
 架空の存在だと思われていた夏目直貴が実在してたり
 我らが「黒鐵」が復活したり
 ようやく奏お嬢様が正ヒロインに決定したり
と、いろいろと。
てか、これで確定だよね?
ここまでやって「別人ルートになりました!!」 とか、天が許しても俺が許さん(落ち着け
あと、この巻でほぼ全ての伏線が回収された気がする。
 なぜ、奏お嬢様が父親を嫌っていたのか
 なぜ、奏お嬢様の父親が娘のアルバムを持ち歩いていたのか
 なぜ、鳳島兄が「妹」に執着するのか
 「白銀」の「副葬処女」が誰であったのか
全て明かされた気がする。
・・・いや、俺はてっきり鳳島兄はただの変態なのかと思っていた(お
それと同時に、鳳島妹の覚悟の凄絶さが伝わってくるというか・・・ 俺は女性の心境というのがさっぱり判らないのだが、これぞ狂気の愛だろう。
で、萌えあり燃えありで個人的には非常に満足な出来だった。
まぁ、
 どうして「悪魔」であるはずの智春が「黒鐵・改」を召喚・使役できたのか
という謎が残っているのだが・・・ ひょっとして、特殊な空間内だからokだったの?それとも、既に「二巡目の世界」で召喚しているから、特殊例なのか? 直貴(「一巡目」の智春)が「鋼」を使役していたことを考えれば、俺の仮説が正しい・・・よな?
で、「魔神相剋者」フラグも立った! いよいよ次で決戦だ!!
とか思ったら、そうでもない様子。また学園パートに戻すのか?
てか、それよりも「契約」シーンはまだですか? 今から使い魔が楽しみだ(黙れ

『四方世界の王2 あるいは50を占める長子
ダメだ、シャズがすごく魅力的に見えてきた ・・・俺は病気かも知れないorz
イバルピエルとか魅力的な「脇役」たちが出てきて・・・ あれ、主人公のナムルの存在感がどんどん希薄に(^^;
まぁ、面白いから良いけど。
ちなみに、サブタイトルは「古代オリエント幻想創世記」。つまり、これは一つの神話の終焉を描くストーリーなのだ。どうしても日本神話と邪馬台国東遷伝説をモチーフにした「姫神-kishin-」シリーズと比べてしまうけど、大きな違いはやはり主人公かな。
ヒロイン(・・・だよな?)のシャズが歩む運命は「姫神」のトヨとほぼ同じなのは確定として、主人公が基本的に「ふつうの人間」だというのは大きいと思う。この点を活かせるか、注目したい。
・・・まぁ、普通にオリエント世界の歴史ファンタジーとして充分面白い


【読了】
 『光武帝(上)』 『水滸伝 1』 『カーマロカ』
 「学校を出よう!」シリーズ1~6 『涼宮ハルヒの分裂』 「灼眼のシャナ」16~18・S2
 「文学少女」シリーズ 「イコノクラスト」シリーズ 「機動戦士ガンダムUC」シリーズ1~7
 「コードギアス」シリーズ0~2 「ランブルフィッシュ」シリーズ1~10+あんぷらぐど
 「アスラクライン」8~12 『ソードワールドリプレイxS 3・4』 『ソードワールドwaltz 5』
 「レンタルマギカ」シリーズ1~15 『フルメタ せまるニック・オブ・タイム』
 「付喪堂骨董店」シリーズ4・5 「獅子座の玉座」シリーズ1~3 「アカイロ」シリーズ1~3
 「輪環の魔導師」シリーズ1~5  『ダークエルフの口づけ 4』
 「鉄球姫エミリー」シリーズ1~4 「サイレントラヴァーズ」シリーズ3・4
 「薔薇色にチェリースカ」2~5 「ゼロの使い魔」13~16 「タバサの冒険」3
 「黄昏色の詠使い」4・5
 「モーフィアスの教室」シリーズ1~4 『タザリア王国物語』3・4 「紅牙のルビーウルフ」6・7
 『狼と香辛料』1~6 『ラブ☆ゆう』5・6 「タロットのご主人様。」3~6・ぷち
 『煉獄のエスクード』1~3 「ゆらゆらと揺れる海の彼方」シリーズ9・10 『銃姫 9』
 『まぶらほ またまたメイドの巻』 『まぶらほ ~じょなんの巻・よん~』 『迷い猫オーバーラン』
 「ライトノベルの楽しい書き方」1~3 「カラミティナイト ―オルタナティブ―」1・2
 「ソードワールド2.0リプレイ」1~4  「たのだん」1・2 『絶対可憐チルドレン』
 『ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻』 「乃木坂春香の秘密」1~4
 『とある魔術の禁書目録』 『ダンタリアンの書架』1・2 『四方世界の王』1・2
 『紫禁城の栄光』 『だれが信長を殺したのか』 『敗者から見た関ヶ原合戦』
 『しくじった皇帝たち』 『三国志外伝』 『零戦と戦艦大和』 『日本に足りない軍事力』
 「歴史群像」No84~92
 『信長と消えた家臣たち』 『満洲事変から日中戦争』 『三國志研究入門』 『関ヶ原合戦』
 『生き残った帝国ビザンティン』 『ルネサンスとは何であったのか』 『三国志万華鏡』
 『ゾロアスター教』 『日本史の誕生』 『電波男』
 『戦国武将 人気のウラ事情』 『戦国史の怪しい人たち』 『本能寺の変 ―光秀の野望と勝算』
 『帝国のシルクロード』 『隋唐世界帝国の形成』 『東アジア世界の歴史』
 『サブカル・ニッポンの新自由主義 ―既得権批判が若者を追い込む』
 『夕陽の梨』 『ぼっちゃん 魏将・郝昭の戦い』 『それからの三國志』
 『アマテラスの誕生 ―古代王権の源流を探る』
 『桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった』 『軍需物資から見た戦国合戦』 『倭国の時代』
 『日本共産党の戦後秘史』 『テロリズムの罠』左右 『越境の古代史』 『日本の戦争力』
【攻略中】
 『漢代豪族社会と国家』
 『光武帝(中)』『道長の冒険』 『メルニボネの皇子』
 『新・三銃士』少年編
 『ミスマルカ興国物語 1』 『フレンズ×ナイフ』 「乃木坂春香の秘密」シリーズ5
 『四方世界の王3』 
 『「海洋国家」日本の戦後史』 「歴史群像」No93・94 
【攻略待ち】  
 『学園キノ 2』『月の盾』『制覇するフィロソフィア』 『黄金の魔女の棲む森 6』
 「コードギアス」シリーズ3・4・朱の軌跡 「モノケロスの魔杖は穿つ」シリーズ3・4
 『風、天を駈ける』『ユエルサーガ 3』 『銀月のソルトレージュ 01』
 『クジラのソラ』01~02 『トリックスターズ』 『R.O.D』4~6 『私立!三十三間堂学院』2~3
 『マテリアルゴースト』 『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』 『メグとセロン I』
 『SCAR/EDGE』01 「狼と香辛料」7~10 『ほうかご百物語』 『機動戦士ガンダム00 1』
 「天魔の羅刹兵」シリーズ1・2 『アクセル・ワールド01』
 「黄昏色の詠使い」シリーズ6~8 「ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説」1~3
 『龍盤七朝 DRAGON BUSTER 01』 『烙印の紋章』 『森口織人の陰陽道』
 『黒乙女』 『ゼペットの娘たち』 『翼の還る処』上下
 『とある魔術の禁書目録』2・3  『彼女は戦争妖精1』
 『マギ・ストラッド・エンゲージ』  『迷い猫オーバーラン2』
 『タザリア王国物語』5 『蒼穹のカルマ1』 『ソードアートオンライン』
 『ストライクウィッチーズ スオムスいらん子中隊がんばる』 「よくわかる現代魔法」2~6
 『悪党の裔・上』 『永遠の放課後』 『ヒストリアン1』 『僕たちの終末』 『僕僕先生』
 『夜は短し歩けよ乙女』 『黙星期』1 『op.ローズダスト』上中下
 『新・三銃士』青年編 『大化改新 隠された真相』 『日米同盟の正体 迷走する安全保障』
 『大久保利通』 『五代と宋の興亡』 『太閤の手紙』 『南京事件』
 「NHK 文明の道」1・2・4・5 『難儀でござる』 『血涙-新楊家将-』上下
 『「慰安婦」問題とは何だったのか』  『日中戦争』 『戦争の日本近現代史』
 『古代文明と気候大変動』 『紫禁城の黄昏・上』 『〈満洲〉の歴史』
 『蘇我氏四代の冤罪を晴らす』 『三國志 素顔の英雄たち』上巻 『軍事学入門』
 『世界の中の日本人ジョーク集』
別窓 | 日記・雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ハリウッド版「フルメタル・パニック!」制作決定? | 「幻想工房」雑記帳 | 職場の色々>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。