「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
読書報告
2009-03-14 Sat 03:07
毎度の備忘録
『日本共産党の戦後秘史』読了
転向した兵本達吉氏による、非常に明快な共産党批判。
共産党・共産主義を攻撃する論旨は非常に明快でわかりやすいのだが、
 「そういうあんたはどうなんだ?」
と問いかけたくなる場面も多々あったりする。
ただ、読みやすいし『日本共産党の研究』は戦後については扱っていないので、一読の価値はあるといえるだろうか。とりあえず、『蟹工船』の頭の悪おめでたすぎる共産主義礼賛に洗脳されて共産党に入党する前に、読んでおくべき一冊だろう。

『レンタルマギカ 旧き都の魔法使い読了
舞台は京都。
葛城の「鬼編」ではみかんちゃんが主役だったけど今度は猫屋敷さんがお当番
ようやく猫屋敷の出自というか、出生の秘密が明らかに
・・・そりゃ、影崎以外なら「魔術決闘」(フェーデ)無敵にもなるわ・・・
でも、真相のほとんどはフィンによって暴露されていたり・・・ フィンは狂言回しか?
実は「竜編」以来、物語の要所はほとんどこいつが進行役を務めているんだよな~
まぁ、そんなことよりフラグ立てまくりの社長をどうにかしないと。
 アディリシア
 穂波
 黒羽
 みかんちゃん
 オルトくん
と、フラグ立てまくり。てか、赤面するアディと穂波が可愛すぎる。
とりあえず、甘味処には二人とも誘う、という方向で如何だろうか?(そんな状況じゃねぇ

『灼眼のシャナ18』読了
う~ん、渋い評価になってしまう。
まず、大規模戦闘を描こうとすればどうしても登場人物が多めになるのは仕方ない。
・・・けど、それならシャナ救出・パワーアップのシーンで
 「頭おかしいんじゃないか?」と感じるくらいのご都合主義連発
てのは、如何なものかと思ってしまう。
もちろん、創作作品なのだから深く追及しすぎるのは野暮ってものだ。ただ、それなら最初から主要な人物に描写を絞っても良かった様な気がする。このへんがどっちつかずだったのと、元来表現がくどい文体なのだが、それが悪い面で目立ったというか・・・ 正直、用法を誤っている部分が多すぎて、ちょっと読むに耐えなかった部分が・・・
盛り上がる展開のハズが、単体として評価すると既刊の中では最低のパフォーマンスだったかと。個人的には、14~16巻あたりが最高峰だったかもな~

『ライトノベルの楽しい書き方3』読了
多々湖さん登場。
一番萌えるよね、キャラデザイン的にも、キャラクター的にも(お
てか、こういう作家さん多いのでしょうかね? この人とか
市古さんのパパも登場。・・・どう反応しろと(^^;
そろそろ、次の巻あたりで流鏑馬パパが登場するのだろうか? てか、続きプリーズ

『ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻2』読了
「アニメの補完」としてなら最高の評価、単体としてなら普通かな。
アニメの名シーンの裏事情とか、サイドストーリーとか、各キャラのズレ具合とか、エイラの部屋でのお茶会とか、本当に上手くキャラを活かせている印象。アニメファンなら楽しめること間違いなしなので、激しく購入推奨。
どうでもいいけど、扶桑の撫子なら三角おにぎりくらいつくって下さい、坂本少佐(^^;

『新米女神の勇者たち4』読了
ここでも、メッシュの出生の秘密が明らかに
てか、パジャリガーに笑ってしまった。キャラクターの種族であるルーンフォークの特色を上手くシナリオに活かせていると思う。こういうのって上手くいくと本当に面白いよな~
で、システム的には
 「マルチアクション」、強し
という感じ。これ、旧版ルールにあったら猛威を振るっている様な。
特に神官戦士だと獅子奮迅の活躍が期待できそう。マルチクラスのメリットを上手くいかせているんだけど、システムを見るにつけアイテムとか武器名が非常に残念賞というか・・・ やっぱ、シンプルな旧版ルールの方が面白い部分も多いよな。

【読了】
 『光武帝(上)』 『水滸伝 1』 『カーマロカ』
 「学校を出よう!」シリーズ1~6 『涼宮ハルヒの分裂』 「灼眼のシャナ」16~18・S2
 「文学少女」シリーズ 「イコノクラスト」シリーズ 「機動戦士ガンダムUC」シリーズ1~7
 「コードギアス」シリーズ0~2 「ランブルフィッシュ」シリーズ1~10+あんぷらぐど
 「アスラクライン」8~11 『ソードワールドリプレイxS 3・4』 『ソードワールドwaltz 5』
 「レンタルマギカ」シリーズ1~15 『フルメタ せまるニック・オブ・タイム』
 「付喪堂骨董店」シリーズ4・5 「獅子座の玉座」シリーズ1~3 「アカイロ」シリーズ1・2
 「輪環の魔導師」シリーズ1~4  『ダークエルフの口づけ 4』
 「鉄球姫エミリー」シリーズ1~4 「サイレントラヴァーズ」シリーズ3・4
 「薔薇色にチェリースカ」2~5 「ゼロの使い魔」13~16 「黄昏色の詠使い」4・5
 「モーフィアスの教室」シリーズ1~4 『タザリア王国物語』3・4 「紅牙のルビーウルフ」6・7
 『狼と香辛料』1~6 『ラブ☆ゆう』5・6 「タロットのご主人様。」3~6・ぷち
 『煉獄のエスクード』1~3 「ゆらゆらと揺れる海の彼方」シリーズ9・10 『銃姫 9』
 『まぶらほ またまたメイドの巻』 『まぶらほ ~じょなんの巻・よん~』 『迷い猫オーバーラン』
 「ライトノベルの楽しい書き方」1~3 『カラミティナイト ―オルタナティブ―』
 「ソードワールド2.0リプレイ」1~3  「たのだん」1 『絶対可憐チルドレン』
 『ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻』 「乃木坂春香の秘密」1~4
 『とある魔術の禁書目録』 『ダンタリアンの書架』1・2
 『紫禁城の栄光』 『だれが信長を殺したのか』 『敗者から見た関ヶ原合戦』
 『しくじった皇帝たち』 『三国志外伝』 『零戦と戦艦大和』 『日本に足りない軍事力』
 「歴史群像」No84~92
 『信長と消えた家臣たち』 『満洲事変から日中戦争』 『三國志研究入門』 『関ヶ原合戦』
 『生き残った帝国ビザンティン』 『ルネサンスとは何であったのか』 『三国志万華鏡』
 『ゾロアスター教』 『日本史の誕生』 『電波男』
 『戦国武将 人気のウラ事情』 『戦国史の怪しい人たち』 『本能寺の変 ―光秀の野望と勝算』
 『帝国のシルクロード』 『隋唐世界帝国の形成』 『東アジア世界の歴史』
 『サブカル・ニッポンの新自由主義 ―既得権批判が若者を追い込む』
 『夕陽の梨』 『ぼっちゃん 魏将・郝昭の戦い』 『それからの三國志』
 『アマテラスの誕生 ―古代王権の源流を探る』
 『桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった』 『軍需物資から見た戦国合戦』 『倭国の時代』
 『日本共産党の戦後秘史』
【攻略中】
 『漢代豪族社会と国家』
 『光武帝(中)』『道長の冒険』 『メルニボネの皇子』
 『新・三銃士』少年編
 『ミスマルカ興国物語 1』 『フレンズ×ナイフ』 「乃木坂春香の秘密」シリーズ5
 『カラミティナイト オルタナティブ2』 
 『「海洋国家」日本の戦後史』 「歴史群像」No93・94 
【攻略待ち】  
 『学園キノ 2』『月の盾』『制覇するフィロソフィア』 『黄金の魔女の棲む森 6』
 「コードギアス」シリーズ3・4・朱の軌跡 「モノケロスの魔杖は穿つ」シリーズ3・4
 『風、天を駈ける』『ユエルサーガ 3』 『銀月のソルトレージュ 01』
 『クジラのソラ』01~02 『トリックスターズ』 『R.O.D』4~6 『私立!三十三間堂学院』2~3
 『マテリアルゴースト』 『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』 『メグとセロン I』
 『SCAR/EDGE』01 「狼と香辛料」7~10 『ほうかご百物語』 『機動戦士ガンダム00 1』
 「天魔の羅刹兵」シリーズ1・2 『アクセル・ワールド01』
 「黄昏色の詠使い」シリーズ6~8 「ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説」1~3
 『龍盤七朝 DRAGON BUSTER 01』 『烙印の紋章』 『森口織人の陰陽道』
 『黒乙女』 『ゼペットの娘たち』 『翼の還る処』上下
 『とある魔術の禁書目録2』  『彼女は戦争妖精1』
 『マギ・ストラッド・エンゲージ』  『迷い猫オーバーラン2』
 『タザリア王国物語』5 『蒼穹のカルマ1』 『輪環の魔導師5』 『アカイロ/ロマンス3』
 『悪党の裔・上』 『永遠の放課後』 『ヒストリアン1』 『僕たちの終末』 『僕僕先生』
 『夜は短し歩けよ乙女』 『黙星期』1 『op.ローズダスト』上中下
 『新・三銃士』青年編 『大化改新 隠された真相』
 『大久保利通』 『五代と宋の興亡』 『太閤の手紙』 『南京事件』
 「NHK 文明の道」1・2・4・5 『越境の古代史』
 『「慰安婦」問題とは何だったのか』  『日中戦争』 『戦争の日本近現代史』
 『古代文明と気候大変動』 『紫禁城の黄昏・上』 『〈満洲〉の歴史』
 『蘇我氏四代の冤罪を晴らす』 『三國志 素顔の英雄たち』上巻
 『テロリズムの罠』左右
別窓 | 読書 | コメント:13 | トラックバック:1 | top↑
<<お仕事 | 「幻想工房」雑記帳 | ここ最近の散財>>
この記事のコメント
>「そういうあんたはどうなんだ?」

これ、思いますよね(笑)
なんといっても、共産党を除名されたから反共になった人ですから。

それでも内部に居たからこそ知りえた事実を公開してくれたのは嬉しいものです。
異常な集団だということを知る人が増えるでしょうから。
2009-03-14 Sat 15:07 | URL | Skywriter #-[ 内容変更]
『シャナ』に関しては、同感です。

ハッキリ言って『その他大勢』に描写を割き過ぎています。後から振り返ると「ああ、伏線だったのね」と思えるような作りにしては欲しいのですが……。

あ、今、レビューを執筆中です。そろそろ上げられるかと思いますので、そうなったらトラバ、よろしいですか?
2009-03-14 Sat 23:23 | URL | KohS #b9u3QmJc[ 内容変更]
◆Skywriterさん
>「そういうあんたはどうなんだ?」
宮顕を筆頭とした共産党の関係者たちを散々扱き下ろしているんですけど、昔はどういう顔で宮顕やその取り巻きたちの指示を聞いていたのか、と想像するといろいろと(-_-;
ただ、表現は平易ですし、内部の人間しか知らない「日本共産党の戦後史」をうまくまとめてあったと思います。共産党に入党を検討している若者の皆さんは是非一読を。
・・・て、ロシア革命関連の本を読めば、共産党が元から頭のおかしい連中だというのは気づきそうなんですけどね・・・ いったい、何人粛清すれば気が済むのやら(-_-;

◆KohSさん
>シャナ
その他大勢の面子も、読み返してみると実は過去に名前だけが登場したりしているんですよね・・・ ただ、あんなに一気に出てこられても、という感じです。
個人的には、やはり「日常」と「非日常」の絶妙なバランスで成り立っていた御崎市を舞台にしていたからこそ面白いシリーズなのかも知れません。16巻あたりは結構盛り上がったんですけどね~

>トラックバック
私は、おそらく正式なレビューを書くのは相当先になってしまいますので、トラバ先がこの備忘録というか殴り書きのページで宜しければ大歓迎です。
レンマギの記事とかも、okですよ~
2009-03-15 Sun 02:21 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
パジャリガーののりには笑いました。
あの猫の手のノリを思い出す展開でしたね。
それにしても今回はメッシュがやたらと目立った巻でした。
そういえば、ラグナカングの「はぁい♪」にも笑ったのですが^^;
しかし、打ち合せなしにプレイヤーが作ったキャラに対してこういうシナリオを用意出来るGMというのもさすがですね^^;
2009-03-15 Sun 21:47 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>パジャリガー
プレイヤーもマスターもノリが凄く良いんですよね。
パジャリガー・セカンドはもともとああいうキャラだったんですかね? 生き返るはずの被害者(ドワーフ)は生き返らなかったりといろいろと予定通りには行っていなかったみたいですからGMの即興?

>ラグナカング
登場シーンは微笑ましかったです。
・・・自分がプレイヤーなら、確かに笑えませんけど
しかし、旧版ルールとほぼ同じ姿ですが、随分と大きくなって・・・
以前は「首を伸ばせば3m程度」という設定でしたが、5mクラスになっていますね・・・ これは完全に恐竜レベルです(^^;
2009-03-15 Sun 23:36 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
トラバ
シャナ最新作のページからトラバ申請しました。よろしくお願いします。
2009-03-19 Thu 11:47 | URL | KohS #b9u3QmJc[ 内容変更]
お疲れ様です~
ただ、申し上げにくいのですがこちらにはトラバが確認できず。
お手数ですが、もう一度お願いできますでしょうか?
2009-03-20 Fri 03:56 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
了解です。
2009-03-20 Fri 21:52 | URL | KohS #b9u3QmJc[ 内容変更]
何度もすみませんが、やっぱTBが確認できないです(>_<)
申し訳ございませんが、もう一度操作をご確認下さい。

・・・ひょっとしたら、私の方に問題があるのかも知れませんけど
2009-03-21 Sat 22:48 | URL | オジオン@帰省中 #-[ 内容変更]
送りましたよ。

同じFC2同士だから、設定の問題とかはないと思うのですが……。もしダメなら今回は見送り、オジオンさんに頑張ってもらって正式なレヴューを書いて頂くというのはどうでしょう(笑)
2009-03-22 Sun 22:40 | URL | KohS #hq98Eo7I[ 内容変更]
来てないっす・・・

下記のhttp://ogionblog.blog48.fc2.com/tb.php/1914-1f1ae64a
をそちらのブログの「トラックバック」欄に入れれば大丈夫かと。

で、掟破りかもしれませんが
こちらの記事をそちらの「シャナ18」のレビューにトラックバックしちゃいました、テヘッ(^_-

>俺がレビュー書けば万事解決
それはないですね・・・ いまはちょっとラノベを離れている時期です。
その内、すぐに戻ってきますけど。
具体的には、4月上旬頃。まぁ「アスラクライン」の最新刊が出ますから当然といえば当然ですが。
2009-03-22 Sun 22:51 | URL | オジオン@帰省中 #-[ 内容変更]
TB、ありがとうございます。確かに掟破りですね(笑)

TBに関しては、再度、送りました。これでなんとかなるといいのですが……。
2009-03-22 Sun 22:57 | URL | KohS #b9u3QmJc[ 内容変更]
>TB
確認できました。ありがとうございます。

レビューについては、可能な限り前向きに善処します
・・・いえ、最近ますます怠惰になってきたので(-_-;
2009-03-22 Sun 23:04 | URL | オジオン@帰省中 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
著者:高橋弥七郎 イラスト:いとうのいじ 『灼眼のシャナ』シリーズ 第18巻 大人気SFアクション小説シリーズ。なんと18巻目です。 フレイム... …
2009-03-22 Sun 22:56 活字中毒日記
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。