「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『神のみぞ知るセカイ1』 読了
2008-10-05 Sun 03:39
『神のみぞ知るセカイ1』(若木民喜・小学館サンデーコミックス)読了
sekai01
本blogでは異例のコミックスのレビュー
「ラブコメ」? いいえ、「ブラックユーモア」です。
勧められて読んでみた次第だが、非常に笑えた
設定とかにいろいろと無茶があるけど(^^;
当世風の「ラブコメ」というふれこみだったが、これはどう考えても二次元オタをネタにしたある種の自虐的なブラックユーモアではなかろうか。それくらいに、主人公の桂木桂馬は良い味を出している。重度の二次元オタで、その言動はいかにも三次元世界で不適応を起こしそうな種類のものがこれでもかと言わんばかりに揃っている。が、それでも彼はいつでも本気だ。そのギャップに笑ってしまうのは、コメディの基本に実に忠実であるからだろう。
Amazonなどの通販サイトで評価が分かれるのは、この作品の捉え方に拠るのだろう。「ラブコメ」として捉えるなら凡百の作品なのかも知れないが、二次元趣味に走りつつも、自分の嗜好にどこかアイロニーを持ち合わせた人間なら、思わずニヤリと自虐的な笑みを浮かべてしまう。そういった作品なのだと思う。

【桂木桂馬 名言集】
「ボクが好きなのはゲーム女子だけさ!! 現実なんてクソゲーだ!!」
 ・・・開始13ページ目でいきなり廃人宣言かよ

「現実とゲームを一緒にするな。ゲームに失礼だろ。」
 ・・・「そっちかよ!」 とツッコミたくなる

「現実ってのはまったく完成度が低い。」
 ・・・だからこそ美しい面もあるんだけど、理不尽さの方が確かに勝っているよな~

「ゲームではな、【好き】と【嫌い】は変換可能なんだよ。」
 ・・・これは、現実世界でもあてはまる。期待しなければ、落胆もまたないのだ。

「見えたぞ。エンディングが!!」
 ・・・いや、ゲームと現実をごっちゃにするなって(^^;

「現実への譲歩もここまでだ!!」
 ・・・これは、二次元オタなら誰しもが思うこと

「お前は、妹として設定が甘い!!」
 ・・・いや、甘いも辛いもないだろうと(^^;

「猫目で!! 明るい髪色で!! デコが出ててツインテールの女は!! 
   99%!! そーゆー女なんだよ!!」

 ・・・ツンデレはツインテールが基本なんや!!

「ボクは今後もゲーム理論を信じて戦う。いかなる現実にも!!」
 ・・・作中世界の「現実」では成功例があるのだから真っ当な判断。だが、笑えてしまう

「積みゲームを作るぐらいなら、それこそ死んだ方がマシ!!」
 ・・・立派な心がけだが、社会人でそれはちょっと厳しい(^^;
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<ニュースの詰合 | 「幻想工房」雑記帳 | 今日の散財>>
この記事のコメント
何か非常に笑えそうですね。
漫画のネタにも関わらず、思わず頷いてしまいそうな名言の数々^^;

これも月末まとめ注文組に入れておきます。
2008-10-08 Wed 22:10 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
いや、全く大したネタ漫画でしたよ(^^;
感動とか、感激とかはなかったですが二次元愛好者にとってはこの上ないブラックユーモアになると思います。「アホさ」加減が売りの作品ですね~
2008-10-09 Thu 00:19 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。