「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2008年度春期アニメ第2週
2008-04-24 Thu 05:49
マクロスF」#2 「ドルアーガの塔 the Aegis of URUK」#2 「仮面のメイドガイ」#2
絶対可憐チルドレン」#2 「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」#2  鑑賞
マクロスF#2
 「ゼントラーディ人って、侵略者の巨人じゃないの?」
とか思っている俺は、本当にマクロス素人です(-_-;
う~ん、アルトの生い立ちを公式サイトとかでチェックしとかないと厳しいか?
opからも、彼が歌舞伎役者(女形)の生まれであることは判るといえば判るけど
家を出て逃げこんだ空も本物の空ではなく、また「ノリ」でVF-25に乗って戦おうとしたりとアルトはなかなか情けない主人公だと思うんだけど、決してイヤな奴じゃないしむしろ好感が持てたりする。しばらくは、是非この路線で行って欲しいな~
しっかし、クオリティが落ちる気配無し。
opもなかなか良い曲だし、これは個人的にはかなりのヒット

・・・まぁ、サムネイルは気にするな(お

ドルアーガの塔 the Aegis of URUK#2
ようやく、ここから本当の物語がはじまると(^^;
なにげにジルが”竜殺し”ニーバの異母弟だと明かされたりしてびっくりしたけど。
あそこまでぼろかすジルを罵っていたファティナの告白にもビビったけどっ(^^;
裏一話がニーバパーティの顔見せなら、今回はカーヤパーティの顔見せか?
まっすぐなジルに天然のカーヤと、キャラクターの立て具合は良い感じ。
二話連続で入浴シーンを惜しげもなく披露してくれるカーヤさんに万歳三唱を!!
(黙れ
そういう訳で、オジオンはカーヤさんを全力応援することにした。
天然結構電波上等。どこからでもかかってきなさい(落ち着けよ
で、ニーバたちから「ギルガメス王暗殺」を聞いて首を突っ込んだ挙げ句に王殺しのお尋ね者になりそうなジルくん。いや、そりゃ「早起きは一文の得」とばかりにカーヤさんの入浴シーンを覗いた罰だな、これは

「仮面のメイドガイ#2
思いっきりなえかとフブキさんに感情移入できた。
いや、確かに数学はこの地球上に不要だよな。仮に俺が始皇帝のような独裁者になったなら、後生からどのような非難を浴びようとも、数学を地上から根絶するだろうな
(そこまで嫌いか?
ちなみに、原作よりもアニメの方が展開がきつかったりする
最近、限界に挑戦しようとするアニメが多いよな~  いや、望むところなんだけど

絶対可憐チルドレン#2
何か、原作と違ってバベルの職員の皆さんが早くも登場してきた~
話の大筋は原作通りだけど、このタイミングで一気に職員を紹介する意図を勘繰ってしまう。
多分、早い段階からバベルの職員たちをストーリーに絡ませるんだろうな~
とか、勝手に想像して書いておこう。
そういう訳で、早くも梅枝ナオミさんが登場か~
個人的には(後に顕在化した二面性も含めて)こいつのキャラが好きなのだけど、上司のリアルネームと一字違いってのはどうよ? これは一体何の罰ゲームなのかと勘繰ってしまう。いや、勘繰りと言うよりも俺の被害妄想だけど(^^;
しっかし、薫は本当に侠気に溢れている。
未来におけるチルドレンたちを繰り返し描くなど、この作品そのものが「少女の成長」をテーマにしているのだが、これって近年の作品だと稀だと思う。いろんな萌え系作品だと少女キャラクターは「成長しない」ことを期待されていることが多いので(その是非については特に論じるつもりはない)。そのへんの「少女論」を論じているのが、『ブルースカイ』(桜庭一樹)なのだが・・・ 正直、ノベルとしては評価するのは難しいけど、少女論としては面白いと思うのだ
直木賞受賞したから、このほんの売り上げも伸びただろうか?

コードギアス 反逆のルルーシュ R2」#2
ようやく、第一期ラストの真相が明らかに
・・・まぁ「殺せない」「死ねない」(ルルーシュのギアスは「生きろ!」)スザクとしては、そうせざるを得ないよな~ とか納得していたら、捕虜にされた後のルルーシュの無様さがまた何とも味わい深いというか(^^;
  「友達を売って出世するのか?」
世間一般では友達ペテンにかけたり銃口を向ける相手じゃないだろう(^^;
ただ、ここで「友人である」ことを否定しないスザクの心情がちょっと興味深い。
かつての友誼への義理なのか、何かしらの意図があってのことなのか。
ただ、個人的にはルルーシュのこういう部分は好きだな~
そして、今作の最大の謎は皇帝陛下だろう。opでネタバレしていたとおり、ギアス能力者。能力は「記憶改変」に限定されているのか、ルルーシュのように「絶対遵守」なのかは不明。ただ、ルルーシュはシャーリーの記憶を改変していたので、原理的にはこれと同じなのかも知れない。皇帝に能力を与えたのはV.V.だと思うけど、皇帝の意図もいろいろと謎が多い。
第二話にしていろいろと明らかになったけど、それでも学園の生徒会メンバーの記憶改変については説明がつかないのが辛いところ。謎の一端を握っているのは「弟」のロロだと思うけど、ギアス能力を以てしても説明のつかない部分が多すぎるんだよね~
で、第二期ではカレンのサービス要員ぶりが凄いことになっている!!
何ですか、その画に描いたようなツンデレぶりは?!!
ただ、戦闘ではいまひとつ見せ場が無かったのが残念。そりゃ、「瞬間移動」する様な相手が最新鋭機に搭乗していれば苦戦は不可避なんだけど・・・ で、卜部さんが目立っているな~ とか思ったら案の定死亡フラグだった・・・ う~ん、”四聖剣”だと一番好きなキャラだったのに~ ナリタ連山の攻防戦でギルフォード率いる親衛隊を相手にして、旧型の無頼改で一歩も退かない戦巧者の最期としてはちょっと寂しかったかな。
で、第一期と同じく
 「たった一機に戦況をひっくり返される
展開に、屈辱で顔が歪むルルーシュがやっぱり好きです(え
しかし、ラストはバッチリ決めてくれた。
 「合衆国ニッポン!!
が再び聞けるとは、ちょっと感動しちゃったじゃないか。
神楽耶とかディートハルトの健在も確認できて、ファンとしては単純に嬉しかった
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<体調悪化 | 「幻想工房」雑記帳 | 今日の散財>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。