「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「ソード・ワールド2.0」 ルールブック発売間近
2008-03-25 Tue 00:53
いよいよあと一月を切った!!
発売前にいろいろ妄想するのが、一番楽しいんだよなぁ~
いろんなところの情報をまとめてみた
ただし、情報の確度は保障できないのでそのへんは留意のこと。
まぁ、ここのblogは推敲とかしていないから、誤変換だけでも相当あるので(^^;

■担当スタッフ
・ワールドデザイン・・・北沢慶 
・システムデザイン・・・田中公侍
・リプレイ・ノベル・・・秋田みやび・藤沢さなえ

■世界設定・基本システム
・舞台・・・「フォーセリア」や「アレクラスト大陸」 → 「ラクシア」に変更
・創世神話・・・「始原の巨人」・「六大神の世界創造」 → 「三本の神剣」に変更
・古代文明・・・「古代魔法王国・カストゥール」 → 「魔動機文明時代」に変更
・社会・・・中世欧州をモデルにした国々 → PCの明確な敵として「蛮族」が登場
・サイコロ判定・・・2D6で変わらず、レーティング表も存続?
・マルチクラス制も変わらず、マルチクラスが前提のシステムに

■種族
・PC選択可能種族・・・5種類(6パターン) → 8種類(9パターン)に変更
・人間・・・一日一度だけサイコロをひっくり返せる(「央華封神」の「裏成功」?)
・エルフ・・・水との親和性が高い。神聖語魔法も選択可能に?
・ドワーフ・・・火との親和性が高い。古代語魔法・精霊魔法などが選択可能に?
・グラスランナー・・・魔晶石がないと魔法行使が不可能
・ルーンフォルク・・・新種族。人造人間で、「魔法使い型」「接近戦型」に分化している
・タビッド・・・新種族。ウサギ人間で、魔法使いの適性が高い
・ナイトメア・・・新種族。各種族の「忌み子」的存在。「魔法行使時に鎧制限無し」ってマジ?
・リルドラケン・・・新種族。グラスランナーとともに追加種族扱い

■技能
・大別すると、「戦士技能」「魔法使い技能」「その他
戦士技能
・ファイター・・・武器を使った近接戦闘専門。従来のファイターと違って「射撃」は不可
・グラップラー・・・格闘専門。「SWケイオスランド」の「ファイター/アンアーム」に近い?
・フェンサー・・・従来のシーフ技能戦闘と同じ。「ファイター/ライトアーム」に近い?
・シューター・・・ミサイルウェポン(飛び道具)専門にして、戦士系では唯一の遠戦技能
魔法使い技能
・ソーサラー・・・従来通りの総合魔術
・コンジャラー・・・パペットゴーレムなど、「召喚」系の魔法中心?
・プリースト・・・従来通りの、治癒系を中心とした魔法体系
・フェアリーテイマー・・・妖精を召喚可能。攻撃中心?
・マギテック・・・魔法の銃器などを扱う技能?
その他
・スカウト・・・従来のシーフ技能(戦闘力除く)+屋外先制判定
・レンジャー・・・従来のレンジャー(戦闘力除く)+薬草・薬品類の効果上昇
・セージ・・・従来のセージ技能+戦闘での弱点看破で戦闘ボーナスがつく?
追加技能
・エンハンサー・・・自分自身を強化する技能?
・ライダー・・・騎乗戦闘じに使用する?
・バード・・・従来通りの「呪歌」が使用可能?

う~ん、やってみたいな
でも、舞台はフォーセリアというかアレクラスト大陸にしてほしかった・・・
そして、ハーフエルフが落選していることに絶望。
「前衛戦士以外は何でもok!!」とバランスが良すぎるのが嫌われたか?
個人的にはグラスランナーを根絶する方が先だと思うけどね(お
別窓 | 日記・雑記 | コメント:11 | トラックバック:0 | top↑
<<今日の散財 | 「幻想工房」雑記帳 | 憂さ晴らし>>
この記事のコメント
お初です。ここのところTRPGから離れていたので、このことを最近知ったのでコメントしました。
楽しみな反面、結局ケイオスランド・ワールドガイドが出ないまま終わりそうなのが残念。

それと仕方のないことなんだろうけど最近のSNE系の作品がF.E.A.R.チックになっているのもちょっと気になる。
軽めで(一部暗めもあるけど)ライトノベルな感じのF.E.A.R.系と渋めというかハードな感じのSNE系で雰囲気が違っていた(住み分けが出来ていた?)のがよかったのですが。デモンパラサイトとかSW2.0とか一見F.E.A.R. と間違えそうな感じですし。好みだけど。

なんか食い合いそうで嫌なんですけどね。ネトゲの方がお手軽だし衰退するのも仕方のないことなんでしょうね…
2008-03-31 Mon 04:04 | URL | ht #-[ 内容変更]
htさん、はじめまして
私もすっかりtrpgからは離れておりますので、そこはおあいこです
>>ケイオスランド編
ケイオスランドの設定はもとより、ファイターUとか、ファイターLとかなかなか面白そうな感じだっただけに残念ですよね。あと、結局イーストエンドもほとんど触れられないままに新システムで、新しい世界へ移行というのは・・・ 正直、このシステムでアレクラスト大陸を舞台にするサプリとかも展開して欲しいです。

>>FEARチック
その肝心のFEARをよく知らないという(^^;
確かに、2.0の公式イラストなどを見ている限りにおいては、FEARのイラストとよく似ている様には見えます。まだ2.0のシステムがヴェールを脱いだ訳ではないので、ライト路線なのか、ダーク路線なのか判断がつきかねるというのが現在の感想です。

いや、しかしあと3週間ですね。待ち遠しい
また、発売された時期には是非こちらにいらして感想などを頂けますと幸いです。
それでは
2008-04-01 Tue 01:20 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
横レスですけど、ソードワールド旧版をはじめとするSNEゲーがハードな感じには思えないなぁ。十分ライトノベルな世界観だし、リプレイなんかではシリアスが得意なFEARに対して、お気楽極楽なノリのSNEって感じがするけれど。

違いがあるように感じていたとすれば、時代の違いでしょうね。昔のジャパニメーションと今のジャパニメーションの違いというか。
2008-04-03 Thu 23:08 | URL | とおりすぎ #-[ 内容変更]
おや、さきほど投稿したのに消えている・・・
Gyaoも異常に重たかったりとか、どうもsleipnirが不調っぽいです(-_-;

◆とおりすぎさん
はじめまして
「ハードかどうか」は、あくまで比較論だと思います。
要するに、比べる対象次第ということで。
生活臭の漂ってきそうな洋ものゲーと比べたら確かに「ハード」とは言い難いですが、それ以外の和製TRPGシステムに比べると、ということなら話は違ってきますからね。
もっとも、私はブルーフォレストとかダブルムーンとかウィッチクエストくらいしか知らないのですが・・・
2008-04-07 Mon 02:39 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
私がハードといったのはどちらかといえばシステム面ですね。ハードというより精密とかかっちりしているといった方がいいかな?
正確にはTRPGの正統といった方が理解しやすいかも知れません。
もりろんSNE系にも軽いのはありますが、主要なシリーズはガープスとSWだと認識してるのでその辺もあります。

一方FEAR系の方はわりと大雑把なシステムが多いですし、ぶっちゃけシステムの使い回しも多いです。
たとえば”物を持ち上げるときの目標値がこのくらいで重さはこのくらいにつき+X、投げるなら距離いくらでこのくらいで~”なんて詳しい説明はあまり見かけません。あって大雑把な目安程度でしょうか。
それにステータスも上がる一方なので、近接戦闘でもたいてい高LV後衛系職>低LV前衛職となります。しLVも数十LVまであります。普通そこまでプレイはしないと思いますが。
悪い意味ではなく”細かいことはあまり気にせず大胆な冒険活劇(等)を楽しもう”って感じかな。
実際リプレイなども必ずといっていいほどシリアス要素もありますが、同時に世界観を壊しかねないようなギャグシーンもたいていあります。言ってみれば妖魔夜行やルナルのようなシリアスさとコクーン系のギャグが同居する感じと考えれば近いかと。

それとFEAR系の特徴がハンドアウトとシーン制かと思います。
ハンドアウトはあらかじめキャラ設定(君はとつぜん謎の化け物に襲われた中略その時君の目の前に現れたのは~)とおススメのクラスを設定してあるものです。
あらかじめこうすることで他のTRPGよりドラマチックな展開やシナリオを作ることが出来ます。
これはプレイヤーの自由なキャラメイクを制限しますが、その代わり職のバランスを取りやすくしたり、初心者がプレイしやすくなるといった利点もあります。
キャラクターシートに過去や目標、心の傷を書く欄やそれらのランダムチャートがある作品も多いですね。
シーンは各作品ごとに少しずつ違ったりしていますが、オープニングシーンとして各キャラごとにそのシナリオへの導入をしたり、冒険者の宿のシーンや各自バラバラに情報収集する際、各キャラに焦点をあてて一つずつ解決する感じでしょうか。中にはOP→キャラA→B…EDと各キャラごとに順番にメインシーンをやり、その中で様々な行動を行うというようなものもあります。
他にもSNE系がPL5,6人が基本なのが主流に対してF.E.A.R.系はPL4人が主流とかがプレイヤー人口が少なくなってきた今の状況にもあってるとかがありますね。

指輪物語(元祖洋ゲー)→ロードス(SNE系)→スレイヤーズ(F.E.A.R.)というのが私のイメージでしょうか。
そしてこのSW2.0から漂う雰囲気は…
2008-04-10 Thu 11:23 | URL | ht #-[ 内容変更]
htさん、こんばんはというかおはようございますというか(お

>>システム面
なるほど~ 確かに精緻な方かも知れませんね。
SWは交渉ルールが全く定められていなかったりとか、いろいろと問題点は指摘できますけど、確かにそれ以外の成功判定に対してはカッチリ決まっていると思います。
「GURPS」は借り物ですから、純粋にSNE製とは言い難い部分もありますが、そういう路線の上でサプリメント群を展開していたのは間違いないと思います。

>>FEAR系システム
なるほど~
ある意味GMのさじ加減一つ、という状態なのでしょうかね
私は、コクーンが苦手な方だったのでFEAR系は厳しいでしょうか。
ロールプレイの指針という意味では、そういう「シーン」を用意するのはアリだと思いますけど、お書きになった文を読ませて頂いている分には自由度を制約しかねない弊害もあるように思います。まぁ、プレイしていないので判断がつきかねる部分もありますけど

>>PL人数
あぁ、これは顕著ですね。
かつてのSNEではパーティ6人制がデフォでしたからね。
あの戦闘に膨大な時間を要する「GURPSルナル」でも頑なに6人(^^;
少ないPL数でゲームを成立させるには、マルチクラス制をより進めるというのは合理的ですよね。で、そう考えると、確かにFEARシステムの影響があるのかも知れませんね。

まぁ、答えはあと10日ほどで出ます。
いやぁ、ルールブックの発売が今から楽しみですよ。
ちょっと勉強して久しぶりにコンベンションとかに参加してみたくなりました。
2008-04-11 Fri 03:23 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
>>FEAR系システム
>なるほど~
>ある意味GMのさじ加減一つ、という状態なのでしょうかね
>私は、コクーンが苦手な方だったのでFEAR系は厳しいでしょうか。
>ロールプレイの指針という意味では、そういう「シーン」を用意するのはアリだと思いますけど、お書きになった文を読ませて頂いている分には自由度を制約しかねない弊害もあるように思います。まぁ、プレイしていないので判断がつきかねる部分もありますけど

実際にやってみないと分からない部分が多いかと思います。コクーンはご存じのようにSNEの作品ですし、ある人の主観でFEARの作品に断片的に似ている部分があっても、何かコクーン的なるものを目指しているわけではないですから。コクーンが苦手ならGURPSコクーンを忌避すればいいのであって、ある人がコクーンに似ているところもある、と主張する他社ゲーを忌避する理由にはならないと思います。

僕の考えでは「FEARの作品は現実との合致度よりも映像的、活劇的な部分を重視している」というのは確かに言えると思います。でも、それは「ハード」ではないということではないですし(それはシナリオや世界設定の雰囲気などでしょう)、大雑把というのとも違うと思います。ルールシステム的にはFEARの作品の多くは、TCG出現後、その影響を受けているので、ルールの適用については比較的厳格といえます。つまり旧SWでは「こういうシチューエーションではこの呪文は効果がないかもしれない」ということを「GMのさじ加減一つ」で決めなくてはならないシチュエーションでも、FEARのゲームでは「ルールでこう決まってるので、状況如何にかかわらず効果がある」とした上で、「状況に適用させるための演出は自由」としているケースが多いです。この違いを一方が「大雑把」で一方が「精緻」であるとするのは単純過ぎる見方ではないでしょうか?

リプレイのノリについてもシステムよりもGMやプレイヤー、書き手の問題が大きいでしょう。SNEはリプレイの世界観を尊重するが、FEARは自社のリプレイで雰囲気や世界観を壊しかねないギャグを掲載している、とするのは公平ではないですし、控えめに言ってかなり偏見のある見方だと思います。リプレイにはリプレイなりの文化というのがありますので割とどっちもどっちかと個人的には思いますね。
2008-04-12 Sat 15:06 | URL | とおりすぎ #-[ 内容変更]
◆とおりすぎさん
再び書き込みを頂いて光栄です。が・・・
う~ん、噛み合っていませんね。
私は別に「SNEルールが精緻」だと結論していませんよ?
むしろ、書き込みの一番冒頭の部分で「swには交渉ルールがない」といった点を指摘していますし、むしろこの点は完全に「GMのさじ加減一つ」状態だと思っています。

>>他社ルールの忌避
いや、別に忌避なんてしていません。
ただ、もういい歳ですしいまさら馴染みのないルールを覚えようという気力と体力がないだけでして、別に避けている訳でも「FEAR製のシステムは出来が悪い」とか一言も書いたつもりはないです。というより、そう私が決めてかかっているように主張されているのはあなたではないですか?
私は
 「かもしれない」(推測)
 「~そう」(伝聞)
 「判断はつきかねる」
と表現に注意したつもりです。何せ、ここでの伝聞情報でしか知り得ないTRPGシステムの評価など出来ようはずがありません。それをもって
 「単純すぎる見方」
 「控えめに言ってかなり偏見のある見方」
であると感じられたのなら、こちらも
 「解釈はご随意に」
としか申し上げられません。私は別にシステム論を論じたい訳ではないですし、どっちかっていうと「久しぶりにリニューアルされる馴染みのTRPGシステムをワクワクしながら期待している」だけです。どの世界がハードだとか、システムがハードだとか、正直全く興味がありませんので。
基本に立ち返りたい人は「D&D」を、重厚な世界を楽しみたいのなら「Roads to Lord」とかを、指輪物語フリークなら「MARP」をやれば、豪快な集団戦闘を楽しみたいなら「T&T」、ダークな世界観を楽しみたいなら「FF」、いろいろ転職したり痛打表を楽しみたいなら「ウォーハンマー」、いろいろ選択肢はある訳で、どのシステムが優越しているとかどうでも良いです。それこそ、あなたの仰るように運用する者次第でしょうし。
2008-04-13 Sun 01:34 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
勘違いしてるようですが、単純すぎる見方、控えめに言ってかなり偏見のある見方と評したのは、あなたの見解ではなくht氏の見解ですよ。
2008-04-13 Sun 11:43 | URL | とおりすぎ #-[ 内容変更]
それなら、引用する文章に気をつけることです。
仮に反論を試みるのであれば、どの部分に対する反論なのかキッチリ明記するのが鉄則です。あなたが私の書き込みを引用した上で論を展開されていた以上、私に対する異論・反論と捕らえるのが自然だと思いますが・・・ 違いますか?
2008-04-13 Sun 12:57 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
行き違いがあったようですね。

ただ、一貫して「SNEが精緻で、FEARが大雑把」と言っているのはht氏なので、ちゃんと読めば分かると思うのですよん。「噛み合ってない」というのは自分でも、このレスよく分からん変だな、という自覚があったのでは? そこで、ちゃんと読み直すなり、意図を確認していただいてから反撃的なレスを返していただいたほうが(お互いにとって)よかったかもしれませんね。

ソードワールド2.0は私が今もっとも期待しているTRPGです。それこそ一日千秋の思いで発売を待ち受けています。それもあって、ht氏のように他社ゲーに偏見があり、それを以て期待度を下げるような発言は残念なことだと感じています。個別の作品は属する会社や他のゲームとの類似性よりも、その作品自体で評価されるべきだと考えるからです。
それこそ「コクーンと似てる→FEARゲーは厳しいかも。」「FEARゲーと似てる→SW2.0は厳しいかも。」と取ってしまう可能性もあるわけです。今のところオジオンさんがそうなっていないのが非常に嬉しいわけですが。
ただ、オジオンさんが儀礼上のこともあるのでしょうが、表向きht氏のFEARゲーム論に(分からないわけですから、否定するわけにもいかず、という所でしょうが)迎合するような感じで受け答えされていたので、ちょっと危ういなと思って、指摘させていただいたわけです。差し出がましい脱線で、SW2.0へのわくわく感に水を差すような形になってしまって、申し訳ないです。この点について深くお詫び申し上げたいと思います。
2008-04-13 Sun 13:48 | URL | とおりすぎ #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。