「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2007年度冬期アニメ第6週#2
2008-02-22 Fri 05:04
「灼眼のシャナII」#18 「狼と香辛料」#6 「機動戦士ガンダム00」#19 「clannad」#17 鑑賞

もう、「いまさら」というレベルではない(-_-;
なるべく簡略に 時間もないし
「灼眼のシャナII」#18
そういう訳で、千草ママンが見事にご懐妊。
いや、ここって原作だと無知故にだがシャナの大暴走が始まったりする。
普段は沈着なアラストールやヴィルヘルミナが大いに取り乱してくれたりとか、なかなかニヤニヤ出来る展開のハズだったんだが・・・ ひょっとしてその部分は全てカットされるんだろうか?だとしたら、かなり残念
ちなみに、原作でのシャナ名言集
 「貫太郎と千草は、どうやって子供を作ったの?」
 「千草一人で作っちゃ駄目なの?」
 「いつ完成するの?」
 「どうやって弟か妹か決めてるの? 両方作ればいいのに」

これを釘宮ボイスで聞くのが「II」の一番の楽しみだったのにっ!!(変態
ちなみに、一期で一番期待していたのは
 「悠二があんなムチャクチャ馬鹿みたいな量の力を注ぎ込むから!!」
 初めてだから加減がわからなかった」
という、シャナ・悠二vsヴィルヘルミナ戦でのやりとりだったが、さっくりカットされた・・・
あれはマジで凹んだ(そんなに重大か?
やっぱ、邪なことを考えていると製作スタッフに見透かされるんだろうか?
まぁ、千草ママンをお見舞いするシャナの動作が愛らしくて仕方なかったので良しとしようか

狼と香辛料#6
今回で、港町パッツィオ編が終了
で、懸案だったクロエだが・・・ あれだと、原作のヤレイと一緒やん(-_-;
 「男(ロレンス)は殺しても構わない」
と来るのなら、どうしてわざわざヤレイからクロエに変えたのか、もの凄く疑問。
まぁ、テレビでは#7が放映されないらしいので、その辺に答えが隠されている・・・のか?
いずれにしても、本性を現したホロさん無双という感じだったな~
そしてラスト。
ホロにとって、借金=ロレンスとの絆であり、あの浪費はロレンスと離れたくないという彼女なりの意思表示なんだよ!! とか思うと萌えられる・・・ よね? まぁ、そういった夫婦な二人のロードムービーが延々続くので、いける人は大丈夫だけど、ダメな人は徹底的にダメだと思う。
次回、opにも登場しているノーラさんが登場・・・するはず。

「機動戦士ガンダム00#19
いろいろと大きくストーリーが進展したエピソード
後半がかなり端折り気味だったのが、もの凄く残念だった。
―抗う者 刹那―
トリニティのヨハンが「紛争根絶のために戦っている」と言い放ったのが印象的だったが、
その台詞を皆まで言わせなかったのが面白かった。
てか、普通に考えれば「錯乱した」というヨハンの評通りだが、ここまで鑑賞してきた視聴者には
 「お前たちはガンダムじゃない!!」
という台詞に、少なからずシンパシィを感じることが出来るようになっているのではないだろうか。
そして、GNファングを次々と撃墜する様は「さすが主人公」と言える奮戦ぶり。
だが、ツヴァイは残された二基のGNファングをエクシアの背後から忍び寄らせ・・・
―裁く者 ティエリア―
そして、この美味しいタイミングでヴァーチェを駆ってティエリアが登場。
ヴェーダの寵児」とも言えたティエリアはここまで人間的な言動を見せてこなかったが、ロックオンの「可愛い」という評やトリニティの面々に見せた苛立ちなどを考えるに、日頃から他のメンバーと馴れ合うことを意識的に避けてきた結果なのかも知れない。それは、ガンダムナドレの真の能力「トライアルシステム」=ヴェーダとリンクする機体を制御下に置く の使用を許された唯一の存在だということを考えれば、ある意味当然だったといえる。
 「君たちはガンダムマイスターに相応しくない・・・そうとも、万死に値する!!
ちなみに、この戦闘ではヴァーチェが果敢にサーベルで近接戦闘を行うなど、遠戦に徹してきたこれまでのティエリアとは明らかに違っていたのも興味深かった。・・・が、やはりヴェーダは既に「裏切り者」の手に落ちており・・・
―讐いる者 ロックオン―
いや、フェアプレイって、武力介入で消耗した機体相手にフェアプレイはないだろう(^^;
というツッコミは置いておいて、最後に登場するのはロックオン。
ちなみに、ロックオンの過去はどこかの日本育ちのドイツ人スナイパーに酷似している気がするが、そのへんにツッコミを入れないのが優しさだと思ったりする。ロックオンが語った「圧倒的な抑止力」というのは、考えるまでもなく青臭いというか夢物語だ。が、そういった青臭さを体現するのが「ガンダム」というMSだと思っているので、個人的にはok。そして、名文句
 「全く、お前はとんでもないガンダム馬鹿だな」
 「ありがとう、最高の褒め言葉だ」
・・・だめだ、こいつら笑えすぎる(^^;
―内通者、ラグナ―
世界各国の首脳が苦悩しまくり。
やっぱり、あの合同軍事演習はかなり厳しかった様子。
しかし、そこにソレスタルビーイングの「内通者」が各国首脳に話を持ちかけて・・・
南極基地に安置される30基の疑似太陽炉 やっぱりそうなるか
これは予想通り三大国の巻き返しというか、トリニティがあっさり撃破されそうな(-_-;
露骨に怪しいアレハンドロとリボンズ
そして、「世界が変わるならそれで良い」と自問する王留美
「ラグナ」の正体を突き止めた絹江さん と、漸くここに来て舞台が整ってきた。
・・・え、沙慈とルイス?
いや、なかなか良かったのは認めるけど、ちょっとテンポを損ねていたかな?
で、次回が楽しみで堪らない
new ms
こんな新型MSが登場するらしいけど、やっぱグラハムはフラッグに拘るんだろうな~
てか、三大国の機体はどれも格好いいので困るよな~

clannad#17
何か、頭に残っているのが「呪いなんてへのへのカッパ!!」だけというのが(え~
しかし、杏がエロすぎる というか、京アニ頑張り過ぎだろう(^^;
何というか、このまま杏フラグを立て続けても良いんじゃないだろうか、という気になってきた。そして、智代の通い妻ぶりも素晴らしい。てか、あそこまでされたら普通はいろいろときがつくものがあるだろう、岡崎よ(^^;
しかし、春原の目はやはり節穴だったな
 「よく見れば良い体してるじゃないか」
って、そんなのよく見なくても誰だって気づくだろ、馬鹿じゃないの? と真剣に思った。

・・・俺が一番馬鹿だ、判っているんだ(-_-;
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<今日の散財 | 「幻想工房」雑記帳 | ブローバック>>
この記事のコメント
>ガンダム
次回はコーラサワーが素晴らしい活躍を見せてくれます。
ある意味王道ですが、さすがコーラサワー!です^^;

ちなみに、本編はいよいよガンダム対ガンダムの色が濃くなってきました。
中佐が勝って嬉しいのは私だけでしょうか^^;

それにしても、脇役達は・・・皆殺し編ですか・・・(-_-;)

>CLANNAD
こちらも次回です。
杏はものすごく良いキャラしているのですが、やはり切られたーーー(-_-;)
と、言う感じでした。
ここにきて、一気に終わらせようという感じですね。
前半が良い感じで進んでいたのですが、やはり風子に時間を割きすぎたのがちょっと残念です。
まあ・・・ラストだけを中心に考えたら、それはそれでありなのですが。

ちなみに次回も智代は良いです(何が^^;
2008-02-23 Sat 20:28 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>>ガンダム00
見ましたよ~ #20
陰鬱な展開の中、コーラサワーが一服の清涼剤でしたね。
てか、「清涼剤」が「コーラサワー」の命名の由来・・・だったらどうしましょう(^^;
中佐は、良くも悪くも軍人ですからね。
乗ってみて、問題なければ使っちゃうのでしょうけど・・・
やっぱり人革連ならティエレンに拘って欲しかったですけどね

>>clannad
こちらも、たったいま鑑賞終了
何というか、ここまで林立させてきたフラグを次々とへし折る異音が聞こえてきそうな・・・
てか、タイトル的には
 「渚、逆転の秘策」
という感じですよね・・・ いや、俺の妄想ですけど
で、次回の智代に期待しますよ~
2008-02-24 Sun 03:21 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。