「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2007年度秋期アニメ第4週#2
2007-10-28 Sun 16:02
「バッカーノ!」#12 「Myself,Yourself」#4 「ゲゲゲの鬼太郎」#29 「機動戦士ガンダム00」#4
「スカイガールズ」#17 「clannad」#3 「キミキス pure rogue」#4 鑑賞
「バッカーノ!」#12
いよいよクライマックス目前と言うことで、かなり盛り上がっている
やはり何度聞いてもクレアの台詞が堪らない
 「世界は俺の者だからな!」
まぁ、間違ってはいない 古泉チックに言えば「人間原理」的な発想だね
老荘思想的とした方がとおりは良さそうだが(^^;
しかし、この作品は陽気でポジティブかつアグレッシブな奴が多くて好きだわ~
惜しむらくは、やはり時系列を同じエピソード内ではそろえて欲しかったことかな

「Myself,Yourself」#4
いきなり剣道場のシーンからだったので「バンブーブレード」と間違えたのかと焦った(^^;
そういう訳で、「子供じゃないよ」と小学生ヒロイン持田雛子が登場
 ・・・だから、何度言えば判る! その名前では萌えられないんだよっ!!
(註・・・オジオンのお袋殿の名前が「ヒナコ」)
「お約束」を忠実に踏まえたベッタベタの展開の連続だけど、ストーリーのテンポが良いので苦にならないのが素晴らしい。個人的に、今期放送のラブコメ系作品としてはもっとも楽しかったりする。
修輔に恋する背伸び少女がメインかな、とか思いきや麻緒衣の出番が多く、個人的には満足。てか、ヒロインの中だと麻緒衣が一番魅力的に見えるのだがな~
それにしても、修輔が好みのタイプとして挙げた
 1.胸が大きい 2.料理が得意 3.非暴力主義
って、そのまま麻緒衣にあてはまる件について。で、雛子が玉砕したことを考えると・・・

「ゲゲゲの鬼太郎」#29
ネコ娘しか見ていなかったなぁ~
小学生と並ぶとネコ娘が意外と上背があって、頭身が高いのに驚かされる
エンディングでも、鬼太郎と並ぶと明らかにネコ娘の方が背が高いのが判るよな~
ネコ娘に見惚れていた小学生男子の気持ちは、同じ男としてよく判る(お

「機動戦士ガンダム00」#4
いきなり、人革連の国家主席っぽい奴の演説からスタート
・・・まぁ、プトレマイオスのクルーがナイスバディ揃いだというのはよく判った(違
総評
展開としては実に地に足がついている
各国の対応も実に「ありそう」な内容だし、キャラによる説明台詞も的確だった
・・・が、今回のストーリーはアニメ映えしないテーマだった気がする
要するにカタルシスに欠ける。番組終了後に「ガンプラが欲しい!!」と感じさせない
こういう「見せ方」は、2話以外は「上手い」と感じないのが何とももったいない
まぁ、グラハム専用機(HGで12月発売予定)は欲しいと思ったけどね(^^;
人革連
技術面でユニオン・AEUの後塵を拝しているだけに、目的は「ガンダム捕獲
状況によっては破壊もやむを得ないというか、それが精一杯ぽい気もするが、最良の選択肢が「鹵獲」だというのは間違いない。で、セルゲイ率いるガンダム対策チームに配属されたのが、opでもおなじみの銀髪娘ソーマ・フィーリッシュ少尉。
超人機関」「超兵一号」など、何とも中華の香りが漂うネーミングセンスから察するに、シリーズの伝統よろしく薬物などを投与された強化人間なのだろう。人革連の「非人間的」な部分を象徴する存在(制作陣は人革連のいMSを「人に優しくない設計」としている)となりそうだ。そして、その末路も気になるところ。狂い死にするか、あるいは改心していくのか。しかし、髪型が非常に個性的だな(^^;
アザディスタン王国
王女様の名前は、マリナ・イスマイール
ちょ、「イスマイール」って思いっきりシーア派=過激っぽい印象があるのだが(^^;
モデルになっているのは、イランあたりだろうか
 王政→議会政治、という歴史を辿ってきたのもイランに酷似している。また、イランはかつては米国の最良の同盟国として、オイルマネーにものを言わせて米軍の最新鋭の兵器を購入していたりしていた。化石燃料に依存しきっていたが、太陽光発電の実用化で価値が暴落(それでも石油化学工業には不可欠な工業原料だと思うが・・・)し、完全に国政が頓挫してしまったと
そこで担ぎ出されてきたのが、旧王政時代の王家の血を受け継ぐマリナさんという訳か
 「大国と交渉して援助してもらう」
という台詞からも、かつて先進国と良好な関係を築いていた旧王家への期待が窺える
このレンタル王女様と切れ者っぽい侍女の会話が世界情勢の解説役を果たしている
まぁ、俺は王女様を応援するぜ 好みのタイプだし(お
誰だ、「ババア」とか抜かしている奴は? 設定上24歳と、アニキャラとしてはやや高齢
タリビア共和国
こっちは、軌道エレベータ(赤道付近)ということだから南米にあるのは間違いない
ひょっとしたら、現在も反米の嵐が吹き荒れるベネズエラあたりをイメージしているのか?
艦隊の展開する様子などからは、太平洋に面する国のようにも窺えたが・・・
いずれにしろ、この国が視聴者に世界情勢を伝えるための人柱となってくれた(お
ユニオン 米国の一極支配
どうやら、ユニオンは米国とその保護国によって構成されている様子
米国はユニオン加盟諸国にエネルギー供給と安全を保障するのと引き替えに、自信の経済圏に加わることを要求しているのだろうか(「洗練された植民地政策」とも言える)。
で、そんな中には伝統的に反米感情が強いが、現実的な問題から米国の軍事・経済に依存せざるを得ない、という国情を抱える国はいくらでもあるだろうな~。そして、「軌道エレベータ」「紛争の火消し屋・ソレスタルビーイング」とカードが揃ったから、実行に移しちゃったと
ソレスタルビーイング 介入行動開始
で、CBの行動は紛争を惹起したタリビア共和国軍への攻撃
タリビア軍に主力として配備されていたのはMSリアルド。ユニオンフラッグやAEUヘリオンの前身となった機体であろうか。フラッグによく似た機体なのだが、飛行性能の差は歴然としているようで「陸戦型」と判別されているのが悲しい。
ここで、盛り上がる戦闘シーンにならなかったのが残念
そして、一方的な戦闘の結果、タリビア共和国が救援を求めたのは・・・
一番得をしたのは誰?
もちろん、ほとんど何の犠牲もなしに軌道エレベータの安全を確保できた米国。おそらく、タリビアの反米感情も緩和されただろうし、大きな「貸し」をつくったことで、今後はタリビアにより強い影響力を行使できるようになっていくだろう
「相手の方が一枚上手」というこういう描写は、結構すき
まぁ、スメラギさんもそのへんは「予報」済みだったみたいだけど
タリビア共和国の指導者もこの展開を予期していたようで、あらかじめ米国と話がつけてあった様子。上手くいけばCBを番犬代わりにして、国内で支持率上昇。最悪の場合は米国へ救援を要請して窮地を脱するつもりだったのだろう。まさに「とんだ茶番」。前線で戦わされていたタリビア兵たちは良い面の皮である
グラハム機、猛追
そして、ヴェールを脱いだグラハム機 ・・・教授、マジで一週間で仕上げたのね(^^;
改造箇所は、以下の通り
 ・ビームコーティング材の塗布
 ・関節部の強化(戦闘起動中の変形のためか?)
 ・バックパックの換装(推進力の強化)
 ・アイリス社製試作ライフルを装備(火力強化)
・・・何というか、ふつうな改造でちょっと期待はずれだったかもしれない・・・(^^;
しかし、格好いいぞ、これは  黒いカラーリングと相まって、かなり良い感じ
そして、台詞がやたらと芝居がかっていて格好いいな
 「来たな、フラッグファイター」
 「これでガンダムと戦える 見事な対応だプレジデント!!」
やっぱ。この人が変態チックで格好いいわ
・・・主人公は・・・ 影が薄いよな(-_-;)

「スカイガールズ」#17
いきなり戦闘シーンから開始
・・・あれ、俺ってば一週間分とばしちゃったのか、と真剣に焦った(ダメ
南の島でのサバイバル生活、という訳で野生児・音羽が本領発揮
アホの子という評価が定着しつつあるのだが、持ち前のアホっぽい言動で自信を喪失していた瑛花さんをさりげなく力づけたりと、なかなか空気が読める子だということが判明。
逆に、エリーゼはダメな子っぽいというか・・・ まぁ、「敵討ち」に生きるエリーゼには、他の三人にはない強固な目的意識があり、それが悪い方に作用していた、という好意的な解釈しかできないな。少なくとも、機動兵器のスラスターで調理とか、即席の筏で救難とかまっとうな思考回路から導き出される結論だとは思えない
・・・が、可愛いので許す(お
次回、「使徒侵入」(違

「clannad」#3
やはり、アバンのクオリティが恐ろしく高いな~
少女は渚に見えるので、これって「演劇」の内容なのか?
いずれにしろ、早苗さんの出番があって、個人的には満足
ちなみにイノシシの子供は可愛いが、イノシシは可愛くないと思う
「ぼたん」というのは、否応なく「ぼたん鍋」(イノシシ料理)を想像させるのだよ(^^;

「キミキス pure rogue」#4
 摩央お姉ちゃんもいいけど、サッカー少女も良いんじゃね?
とか、考えてしまう
二見さんに冷たくあしらわれて涙目になっている相原くんが不憫ではあったが、お前にはサッカー少女がいるじゃないか、とか考えていたら同情に値しないほど恵まれた男だということに思い至った(お
二見さんのクールさがいつデレに変わるのか、を期待して待つ
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
<<season2007 ベアーズ、拙攻が祟ってライオンズに敗戦 | 「幻想工房」雑記帳 | 『灼眼のシャナ XV』 読了>>
この記事のコメント
>ガンダムOO
なんというか、キャラよりも国家間の駆け引きに重点が置かれているせいか、目立つのはそっち関係の人ばかりで、肝心の主人公たちは空気になっていますね^^;

ただ、そろそろガンダムに対抗出来そうな人たちがちらほらと出始めてきたので、盛り上がりはこれからですか。

>CLANNAD
あれは演劇の内容でないのは確かですけど、あんまりネタバレしちゃうとあれなのですが
一応幻想世界と呼ばれています。
一見ただの学園ものに見えるクラナドですが、この幻想世界との繋がりがあって・・・・て、あと思い出せないのですが^^;
公式には明確な答えは出されていなくて結構いろいろな解釈もあります。
『僕』=生まれる前の朋也説、○○の子供説
『彼女』=渚説、○○の子供説
実際のところまったくよくわからない謎の世界ですが^^;
2007-10-29 Mon 07:47 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>>ガンダム00
面白いんですが、アニメ向きのお話じゃない気がしてきました
やはり、主人公が活躍してナンボでしょう、ロボットアニメは
これだと、一部の物好きには支持されても年少者には見向きもされないような・・・
ただ、opを見るかぎり確かにグラハムとソーマがガンダムに対抗しうるパイロットっぽいので、今後の彼らの活躍に期待したいですね。・・・コーラサワーにも期待してますよ? ちょっと方向性が違いますが(^^;
主人公は、これもop見るかぎりだとマリナと絡みそうですね
見せ場はもう少し先でしょうか

>>clannad
幻想世界・・・ ますます、判らんです(^^;
もう少し見ていけば、いろいろと解釈の余地が広がってくるのでしょうけど、現状では「やたらクオリティの高い映像」というのが印象しかなかったり。
2007-10-29 Mon 10:20 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
スカイガールズ第17話 「南の島のスカイガールズ」感想トラバ受付中!新ED 片岡あづさ/Diamond Sparkle now on sale!発売記念イベントもやりますよっ!http://mp.i-revo.jp/user.php/skygirls/entry/75.html …
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。