「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今日の散財 07年10月03日
2007-10-03 Wed 23:45
読み始めると止まらないね~
『チェーザレ 破壊の創造者』(2)(3) (惣領冬実・KCデラックス)
ceaser02ceaser03
読み始めたらとまらない~
サヴォナローラとか、コロン(コロンブス 「大航海時代III」でもコロンで登場)とか、ダ・ヴィンチとか、言わずもがなのマキャヴェッリとか、有名人がいっぱい登場するので嬉しいかぎり。そのうち、妹のルクレツィアとか、年代的には登場してもおかしくないミケランジェロとかも・・・ と妄想が膨らむ。
そういや、ロレンツォ・デ・メディチといえば最愛の弟・ジュリアーノを「パッツィ家の陰謀」で失っているんだよな~、とか思い出してみる。ちなみに、歴史小説で「パッツィ家の陰謀」を扱った作品としては『逆光のメディチ』(藤本ひとみ)があるが、舞台設定とかは完璧なんだけど主人公のアンジェラの設定がかなりアレというか、正体がダ・ヴィンチだと思うと気色悪くなる(^^;
チェーザレも魅力的だけど、アンジェロやミゲルの方が気に入っていたり。ひょっとして、読者の方は大部分がそうかも知れないけど(^^; てか、あまりに空気が読めないアンジェロの天然っぷりが笑えて仕方ない

『BAMBOO BLADE』(1) (土塚理弘&五十嵐あぐり・YGコミックス)
bamboo blade01
とりあえず、アニメが面白かったので買ってみた。
当然、面白ければ続刊も買い続ける方向で
別窓 | 散財 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<慣れないことをやってみる | 「幻想工房」雑記帳 | 『もう一つの『三國志』―『演義』が語らない異民族との戦い―』(坂口和澄・本の泉社)>>
この記事のコメント
>チェーザレ 破壊の創造者
私もばろんさんのところで見て読み始めましたが、アンジェロはあらゆる意味で素晴らしいです^^;

ところで私はチェーザレって誰?状態で読んだのですが、普通に面白いですね。
さすがにダ・ヴィンチとかコロンブスとかの超有名人はわかりますが。
大まかに見てみると、ずいぶん短期間で活躍して、失脚したようですが、三巻最後のミゲルのセリフなんかは、チェーザレの表も裏も知り尽くしているミゲルならではのセリフでしょうか、何か今後の展開を暗示しているようでもありますが。
2007-10-05 Fri 22:36 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>>アンジェロ
確かに。こいつはおいしすぎますよね
天然で空気読めないくせに、頭は切れるという(^^;)
ただ、3巻ラストのミゲルの台詞から、最終的にアンジェロがチェーザレにとっての最大の敵になっていく、という展開も予想できます。まぁ、問題は、そこまで連載が続くのかという一点のみですけど

>>チェーザレ
日本では「破滅型の革命児」ということで信長と対比されることが多いですが・・・ 私も史料とか研究書でチェーザレを勉強したことはないですから、実はよく判っていないんですけどね(^^;)
2007-10-06 Sat 11:17 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。