「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
本紀一上 光武帝紀第一上 その04
2007-08-19 Sun 00:27
【原 文】
更始元年正月甲子朔、官軍復與甄阜梁丘賜戦於沘水西、大破之、斬阜賜、伯升又破王莽納言将軍厳尤秩宗将軍陳茂於淯陽、進囲宛城、二月辛巳、立劉聖公為天子、以伯升為大司徒、光武為太常偏将軍、三月、光武別與諸将徇昆陽定陵郾、皆下之、多得牛馬財物、穀数十萬斛、転以贈宛下、莽聞阜賜死、漢帝立、大懼、遣大司徒王尋大司空王邑将兵百萬、其甲士四十二萬人、五月到穎川、復與厳尤陳茂合、初光武為舂陵侯家訟逋租於尤、尤見而奇之、及是時、城中出降尤者言光武不取財物、但会兵計策、尤笑曰、是美須眉者耶、何為迺如是
【現代語訳】
更始元年(AD.23)正月甲子の一日、漢軍は再び甄阜・梁丘賜の軍と沘水の西で戦った。今度は敵軍を大いに破り、甄阜・梁丘賜を斬殺した。伯升はまた納言将軍厳尤・秩宗将軍陳茂の率いる敵軍を淯陽で破り、軍を進めて宛城を包囲した。
二月辛巳、劉聖公(劉玄 更始帝のこと)を立てて皇帝とし、伯升は大司徒に、光武帝は太常偏将軍の役職を拝命した。
三月、光武帝は別働隊の諸将と共に昆陽、定陵、郾を攻め、これらを攻略した。大量の牛馬や財物を得て、穀物は数十万斛(斛=約20㍑)を宛(を包囲攻撃中の伯升の陣)へと輸送した。王莽は甄阜・梁丘賜が戦死し、更始帝が立ったことを聞き大いに恐れ、大司徒王尋と大司空王邑を首将とする百万の兵を派遣したが、そのうち四十二万は重装兵(甲士)であった。
五月、(王尋・王邑率いる朝廷軍は)穎川に到着し、厳尤・陳茂(の軍勢)と合流した。かつて光武帝は、一族の舂陵侯家(劉敞=光武帝の叔父)のために租税未納者について厳尤に訴えたことがあり、厳尤は昔から光武帝に一目を置いていた。(光武帝によって攻略された)都市から脱出して厳尤に投降してきた者たちが「光武帝は財物を取らず、ただ軍勢を整えて軍略を練っているだけである」と報告すると、厳尤は笑って「ああ、あの髭(須)と眉の美しい男か。どうしてこれほどの大人物になったのだろうな」と言った。
別窓 | 『後漢書』備忘録 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<「ドラゴンクエストIV」 攻略日記 その01 | 「幻想工房」雑記帳 | 今日の散財 07年08月18日>>
この記事のコメント
厳尤の下に投降してきた人たちが
 「光武帝は財物を奪わず~」
と報告しているけど、よくよく読んでみると光武帝は別働隊として昆陽、定陵、郾を攻略した際に得た戦利品のうち、穀物類を兄貴の軍に贈っているのだが・・・ この解釈が自分でもよく判っていない。

また、光武帝が別働隊の首将であったかどうかも議論が分かれそうな気がする。原文では光武帝と諸将の関係は「與(与)」となっており、これは同格関係を表す。
例として『三國志』を挙げると、公孫瓉の客将として対袁紹戦に従事していたころの劉備も、田楷と行動を共にする時は「與(与)」と記されている。両者の間には明確な上下関係がなかった様子なので、光武帝も別働隊の最高指揮官ではなかったと判断した
2007-08-19 Sun 00:39 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
もはや妄想の域を出ない想像でしかありませんけど、
■財物を奪わず
>大量の牛馬や財物を得て、穀物は数十万斛
戦利品は獲ているわけですから、何も得なかったという意味ではなく、不必要な略奪行為を働かなかったという意味合いではないでしょうか。
いわゆる公的な蓄えに関しては、当然のようにいただいていたという。
でなければ、この短い文章の中で大きな矛盾が発生してしまいます。
それと、確か当時は反乱軍勢力(特に緑林や赤眉)は食料問題などにも直面していたはずですから、劉秀が都市を攻略して略奪はしなかったとしても、食料や財宝をまったく得ないということはありえない選択だったと思いますし、それでは成り立たなかったと思います。

■別働隊のでの地位
これも妄想の域を出ないですけど^^;
以前こちらで書かれていたように
http://ogionblog.blog48.fc2.com/blog-entry-1193.html#more
劉秀兄弟は皇族の血を引いているとはいっても、別に決起したら周りが黙ってついてくるというほどの力を持っていたわけではないようです。
劉秀が戻ってきてついていった理由にしても、劉氏の名声の力というよりは、劉秀の人柄であるかのように書かれています。
で、劉秀で検索かけて調べると、当時はまだ目覚しい働きをしていなかったようで、注目されるのは昆陽での勝利以降とされているのが多いいのですが、疑問なのが、都市をいくつか攻略しているのに、その時点では特別注目されていなかったように言われているのは、何故なのかということです。
つまりこの時点では劉秀一人の手柄と認識されていなかった可能性が考えられ、当時としてはそれほど特別な存在ではなかったと推測してみました。
もちろん本当のところはよくわかりません。
・・・・って、自分でも何言ってるのかわからなくなってきました^^;
2007-08-19 Sun 12:48 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>>財物を得ず
なるほど、民衆などに対しては不法な略奪をしていなかったが、漢軍は朝廷軍の貯蔵庫のものをちゃっかり頂いていたということですね。それは充分に納得のいく解釈だと思います。

>>別働隊における劉秀の地位
やはり、この解釈が自然ですね。
兄の伯升はともかく、彼自身はまだ漢軍内部でもそれほどずば抜けた地位を築いていた訳ではなかったということですから。
2007-08-19 Sun 15:25 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。