「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2007年度夏期アニメ第5週#1
2007-08-02 Thu 23:28
「ハヤテのごとく!」#18 「らき☆すた」#17 「ゼロの使い魔 双月の騎士」#4 
「もえたん」#4 「バッカーノ!」#1 「コードギアス 反逆のルルーシュ」#24・25 鑑賞
「ハヤテのごとく!」#18
アニメオリジナルエピソード、第二弾。
何というか、視聴に値する内容・出来ではなかった(-_-;)
まぁ、唯一の笑い所はニルヴァーシュカラーのランスロットが登場したくらいか
次回は、マリアさんメインっぽいのでそれに期待。
年齢ネタで弄られるマリアさんは良いなぁ~ 
 正直なところ、17歳・・・には見えないが、俺はマリアさん一筋だ、信じてくれ!!(お

「らき☆すた」#17
誕生日か・・・ そもそも、職場の人に祝って貰ったことなどほとんどないよ(-_-;)
まぁ、この歳になると誕生日を迎えるたびに憂鬱になるけどな~
ちなみに、進路指導調査では
 1.文学部 2.法学部 3.経済学部 だったオジオン。
かがみとほぼ同じ というか、文系人間だとこの組み合わせしかないという。
しかも、かがみはライトノベルオタという点でも俺と近似。
しかし、朝比奈さんフィギュアまで購入しているこなたが「ハルヒ」原作を薦められても食わず嫌いしているのが驚き。てか、ライトノベルなんてほとんど漫画みたいなものだけどね~ それだけに表現の制約が無くて、力のある書き手だと実に面白いと思うのだよ。玉石混淆だという批判もあるけど・・・これは一般の大衆小説でも事情は良く似たもの。そもそも、同じ作家の作品でも玉石混淆状態ってのはよくあること。宮部みゆき先生とか、恩田陸先生とか
閑話休題
今回の注目は、柊ファミリーのハートウォームストーリー。
しかし、サフランまで使うとは剛毅な。バルサミコ酢じゃないけど、結構高価なはず。
何で知ってるかって? そりゃ、「大航海時代」の交易でだな~(お
まぁ、何よりもツンツンしつつも責任感が強くて、そのくせ寂しがり屋でつかさが追いかけてきてくれた時に心底嬉しそうな表情のかがみが愛らしくて堪らない
しかし、マジで柊父は勝ち組かも知れない。
てか、娘は可愛いらしい子揃いで、奥さんは喜久子さんボイスだよ?(黙れ

「ゼロの使い魔 双月の騎士」#4 
ヴァリエール侯爵領家のエピソード。
ほぼ原作通りの展開だが、いろいろと省略されている背景設定のお陰で、やや薄っぺらい感じになってしまっていたのが残念。だが、アニメの1エピソードとしてはテンポ良くまとめた、と評価しても良いのかも知れない。
しかし、このエピソードでも痛感できることだが、サイトのルイズ命っぷりは異常
ルイズはぐちぐち言っているけど、サイトはルイズ一筋だと思うんだよ。周囲にあれだけ可愛いヒロインが配備されている中、本当によく貞節を守っているというか、俺だったらとっくに姫様かシエスタに走っていますよ、というか。
とにかく、サイトはボールを投げているので、あとはルイズが投げ返す番だよな~?
しかし、カトレア姉様の破壊力は想像以上だった。
ルイズは原作でもアニメでもかなりの器量良しだけど、包容力とか、たおやかさとかと無縁でとにかく自己中心的で、かつそれに無自覚という欠点があるからな~
もちろん、キャラクターとしてみた場合、そういう欠点があるからこそ愛らしいという面は否定できないけど、やっぱりカトレア姉様と比べると・・・ これは「仮装舞踏会」エピソードの伏線にもなっているので、同エピソードがアニメ化されることを祈るのみ

「もえたん」#4
三人目の魔法少女登場!!
誰かと思えば、中の人はテレビなめんなよ☆の人か(^^;)
どうでも良いけど、巨乳が地球温暖化に悪影響を及ぼしていたとは・・・ とか、何ともツッコミに困るギャグとか、超展開とか連発してくれている。真面目に視聴しているとアホらしくなってくるが、ゲラゲラ笑ってみる分には無問題
ちなみに、今回の英文
 Da Qiao and Xiao Qiao from
the Romance of the three kingdoms are extremly moe!

   (三国志の大喬と小喬は激萌えだ!)
何だ・・・『三國志演義』の大喬と小喬のどの辺に萌えを感じるのか? とか、『三國志演義』の英訳として、「the Romance of the three kingdoms」(てか、三国とも「帝国」なので、kingdomはどうなの?)はどうよ? 
とか、いろいろとツッコミどころにはことを欠かないが、本当に訳が判らん。
・・・とか、深く考えたら負けなのよ、きっと。

「バッカーノ!」#1
来たよ! フィーロが、エニスが、ガンドール三兄弟が動いてる!!
OP・EDの雰囲気も良いし世界恐慌直後のアメリカ社会の様子が良い感じに描けている。基本的に主要キャラクター達は裏社会の住人ばっかで、どのキャラクターも総じて声が低いけど、そのへん「ジパング」で耐性がついたし(え
あと、バリバリにグロシーン入り
まぁ、不死人の設定上どうしてもグロくなるのは不可避だし、飛散した血肉が再構成される様子は活字で読んでいるのとはまた違った趣があり、なかなか良い
・・・のだが、やはり原作未読のファンを完全に置き去りにしているぞ、これ
普通に、フィーロやガンドール三兄弟たちが不死者になるエピソードは最初にやっておくべきだろう。原作を知らない人は多分、何のことやらサッパリ判らなかったと思う。
原作読んでいると、
 「お、シャーネっぽいのが登場してる!」とか、
 「ヴィーノ、早々に登場かよ?」とか、盛り上げれるけど・・・
作品全体の雰囲気が良いだけに、これは惜しい

「コードギアス 反逆のルルーシュ」#24・25
何というか、凄まじいまでの投げっぷりだった
MVSを装備して善戦するグロースター(ギルフォード機)とか、奮戦する藤堂と四聖剣の面々とか、激突するランスロットと紅蓮弐式とか、出撃するセシルさんとか、終始知略でコーネリアを圧倒して戦闘の主導権を握るルルーシュとか、それをものともしないコーネリアの凄まじいKMF操縦技術とか、狂気を露わにするディートハルトとか、ノリノリの玉城とか、いつになく可憐なC.C.とか、最終決戦らしさが伝わってきており、緊張感ある展開の連続だった。
・・・途中までは(-_-;)
何で、そこでルルーシュが神根島に移動するかな~
もちろん、ナナリーはルルーシュが戦う理由そのものだから、ルルーシュの行動を理解できない訳ではない。ルルーシュにとって、「合衆国ニッポン」の建国も、打倒ブリタニアの世界戦略も、全てはナナリーの為なので。何せ、キャッチコピーは
 「君のために、世界を壊す
という、究極のシスコン仮面だから仕方ない(そうか?
・・・が、全てをかなぐり捨てて挑んだこの勝負で黒の騎士団が敗退すれば、仮にナナリーを救出できてもナナリーの居場所は地球上のどこにも無くなってしまうけど・・・ そこまで冷静ではいられなかった、ということか。
まぁ、ルルーシュの行動はわかるけど、わざわざ神根島に舞台を分散させた製作陣の意図は全く測りかねる。正直、あれで一気にテンションが下がったし、終幕に向かって収束していくと思われたストーリーの盛り上がりが雲散霧消していった。スザクとの対決も、あんまり盛り上がらなかったなぁ~
贔屓のチームがずっとリードしてきたと思ったら、ロスタイムで同点に追いつかれたサッカーの試合を見ているような感じというか・・・ 本当に惜しかった。二期が決定しているので、それに向けてファンをひっぱりたい気持ちは判る。だけど、やはり「第一部」として何らかの決着をつけて欲しかったな~というのが偽らざる心境。
ちなみに、オレンジ君が復活して、意外にしぶとく活躍
てか、完全に言語中枢がイカれているのが笑えたというか(^^;) しかし、参議院選挙の直後だからか、この「オレンジ君」を見ていたら、小沢一郎氏も話題に上ったオレンジ共済事件を思い出してねぇ~ 本当にどうでもいい話だけど(^^;)
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<<第二ターム終了 07年08月02日 | 「幻想工房」雑記帳 | ニュースの詰合 07年08月01日>>
この記事のコメント
ボンソワール、国士無双です。
ハヤテのごとくは切り捨てた感があるので、口を挟めず^^;
らき☆すたについての意見は全面的に同意せざるを得ない、さすがに分かりすぎているほど分かっていらっしゃる・・・。
ゼロ魔においては敵であるルイズを苦々しく思いながらも見ています。
カトレアさんは思った以上の才色兼備ぶりでしたね。
で、私も確実にシエスタには走ってますね。
さすがにアンリエッタ王女だと色々やばいですから^^;
それか、ティファニアもかなり好きなんですけどね~。

the Romance of the three kingdomsについてはあれです。
本場の方がそのように解釈しているのですからそうと言わざるを得ないです。
私なんて、英語についての知識はほぼ皆無ですから、下手に突っ込みを入れることが出来ません。
しかし、確かにキングダムは「王国」のはずですが、一体・・・。
おそらく欧州の背景とか矜持の部分がそうさせるのかもしれませんが・・・。
中国なんかにEmpireは使えんとか。
2007-08-03 Fri 01:09 | URL | 国士無双 #RFphBmaY[ 内容変更]
おまけですが、もえたんの例題としては大喬・小喬は有りじゃないですかね。
無双のはロリですから個人的範囲外ですが、それなりの人気を得ているはずですし、近頃では「三国志大戦」の大喬とか、こっちはやばいくらい萌えます^^;
基本的に三国志大戦の女性キャラはやばいです。本当に。
とはいえ、それを意識するにしてもちと無理がある例文ですかね・・・。
2007-08-03 Fri 01:13 | URL | 国士無双 #RFphBmaY[ 内容変更]
>>ハヤテ
原作読んでいるかぎりだと、原作者は本気でストーリーを考えたら、そこそこのものを提供してきそうな気がします。今は完全にパロディ路線ですけど。
まぁ、これも深く考えたらダメな作品ですね~

>>ゼロの使い魔
実は、ルイズは嫌いではないです。
・・・リアルで身近にいたら、ちょっと迷惑なタイプではありますが(-_-;)
安定志向なら、間違いなくシエスタかティファニアですね~
カトレア姉さんでも良いですけど。
アンリエッタは、不人気っぽいですけど個人的には共感できるのですよ

>>the Romance of the three kingdoms
何か、しっくりこないネーミングっぽいですが・・・
ちなみに、empire=帝国 とするのは日本の歴史学における「誤訳」(てか、emperor=皇帝 feudalism=封建制も正確には正しい訳語ではないとか)という話もありますので、この場合で「kingdom」でも確かに大丈夫かも知れません。
・・・が、やっぱり違和感は拭えない・・・

>>大喬・小喬
あ、私は「演義」を意図してのことだったので・・・
日本での二次創作だと、確かに萌える人はいるでしょうねぇ~
まぁ、原作通りに「未亡人萌え」とかいう人もいないとも限りませんけど(^^;)
2007-08-03 Fri 11:26 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
>ライトノベルなんてほとんど漫画みたいなもの
ある意味妄想力と文章でしか表現できないこまかな描写等もあるので、書き手と読み手の相性がひったりだと、アニメや漫画よりも面白くなるんですけどね。
で、作品によっては、ものすごく描写が淡白なのもありますけど^^;

>ハートウォームストーリー
らきすたは面白いですけど・・・・
かがみは好きですけど・・・・
あんな家族嘘だーーーっ(つД`)
・・・と、アニメ相手にどうしても思ってしまう私はもう病みきっています^^;
2007-08-03 Fri 20:41 | URL | 南斗 #leF2ecbc[ 内容変更]
>>ライトノベル
レーベルが細分化しちゃっていますが、いろんな業界関係者が試算したところによると、衰えが目立ってきている出版業界の中ではかなりの成長株だとか。
・・・最近、角川グループは株価を下げてきていますけど(-_-;)
読み手と相性の良い作品は、本当に楽しい。
漫画よりもコストパフォーマンスも良いですからね~

>>家族ドラマ
うちは、素で柊家の様な家庭でしたが何か?(お
まぁ、
 母親が美人じゃなかったりとか、
 子供が男ばかりだったりとか、
いろいろと差異があるのは認めますがね~
(そっちかよ?
ちなみに、私は自分の親父のように幸せな家庭を築く自信がこれっぽっちもありません(-_-;)
2007-08-04 Sat 20:54 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。