「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
冷静 07年06月30日
2007-07-01 Sun 01:59
冷静に歴史を振り返ると言うこと、政争の具にしないと言うこと
私は常々、「歴史は冷静に、客観的事実に基づいて語るもの」だと主張している。
大切なのは感情や情緒ではない。冷厳とした「事実」である。
ただ、この「事実」には様々な側面があり、様々な解釈が成り立ちうる、と言える。
そういう意味で、久間防衛相の発言は、決して不適切なものではないと思う。
正直、アメリカにはソ連参戦を抑止する目的以上に、実際に核兵器を使用することでデータを収集したかった、という思惑が優先していたであろうことは想像に難くない。だが、悔しいが客観的事実としてこの核攻撃が、ずるずると交戦を続けようとしていた日本のポツダム宣言受諾は早めソ連の北海道侵攻を抑止した事実は見逃せない(もっとも、ソ連は日本のポツダム宣言受諾後も千島列島で日本軍と激戦を交えている 参照)。

久間発言は、上記の歴史的事実に則っており、特段非難される類のものではない。
もちろん、感情面ではアメリカによる非情な「戦略爆撃」(無差別爆撃)は許し難い、と個人的には思っている。だが、同時に非常に冷酷な考え方ではあるが、感情を殺して客観的な事実を受け入れるのも、歴史的事実を俯瞰できる立場にある後世の人間の責務だと考える。勿論、こういった見解に対する反論はあるであろうし、それもまた歴史的事実の一面だと思う。だが、くれぐれも私たちの歴史を巡る発言・議論を政争の具とすることだけは厳に避けるよう、政治家諸氏にはお願いしたい次第である。
別窓 | 日記・雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<2007年度夏期アニメ第1週#1 | 「幻想工房」雑記帳 | バルサミコ酢~♪ 07年06月30日>>
この記事のコメント
私も言葉の意味を考えればそれほどおかしい事は言ってないと思います。
まぁ、世間で問題とされているのはそれを公で広言してしまっている所ですよね。
社会に生きる上では立場上言ってはならない事も数多くあるとは思うのですが・・・。
考えはともかくとして、後先の事に対する思慮には欠けていると思いますね。
2007-07-01 Sun 03:47 | URL | 国士無双 #RFphBmaY[ 内容変更]
>>立場上言ってはいけない
まぁ、「いけない」かどうかはともかく、言わない方が無難ですよね。少なくとも、参院選前というシチュエーションを考えれば、あまり利口な発言ではないことは確かです。
ただ、「ものの言いにくい社会」は嫌なので、客観的事実に基づく発言なら、許容されて然るべきではないか、というのが私のスタンスです。
あと、今回の件については新聞やネットニュースのタイトルにも問題があったように思います。各紙の記事も良く読んでみれば、大臣は原爆投下を無条件に容認しているわけではないので、国士無双さんのおっしゃるように「おかしい」内容ではないのですよね~
2007-07-01 Sun 19:48 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。