「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ニュースの詰合 07年06月24日
2007-06-24 Sun 23:12
お硬いニュースはこちら~
また、例によって周辺諸国について

韓国・盧大統領 「武装なくして平和守れない」 済州島の基地計画
「武装なくして平和なし」には同意できる。
いつも発言が電波な閣下とは思えなかったのだが、
>大統領は日本の軍事状況については、「軍国主義の再来」などと批判している
の部分で、ああ、いつもの閣下だなぁ、と安心した(え
日本の好影響「否定できない」 韓国有力紙 大型コラムで「等身大の評価」訴え
日本による併合が韓国人の矜持を傷つけたのは間違いないからその点は謝るしかないけど、どう考えても近代国家としての社会資本やインフラはこの時期に整備されているのは厳然とした事実だと思うのだが・・・ まぁ、日本について比較的冷静に評価できているとは思う。
・・・が、これさえ反日気違い盧武鉉大統領への当てつけかな、と勘繰ってしまう俺(お

北朝鮮資金のロシア民間銀行への送金完了
結局、北朝鮮のブラッフに踊らされてジョーカーを手放したアメリカのヘタレぶりの糾弾は置いておくとして・・・ そもそもこのゲームに参加することさえ叶わなかった日本には、それを批判する資格さえないという。国際社会において、「強制力(軍事力)を持たない」ということは、自国民の人権を保障できないと言うことだと肝に銘じるべきだろう。脳内がお花畑な方々は。
ちなみに、また冬前になると食糧とか燃料に窮した北朝鮮が瀬戸際外交を始めるのは火を見るよりも明らか。かつてチェンバレンが犯した過ちを繰り返さないためにも、独裁者には断固たる姿勢で臨むべきだと思うのだが。

ウラジーミル・プーチンとは リベラルか、独裁者か、KGBか
プーチンは2世紀くらい前の国家指導者であれば、有能極まりない人物だったと思う。
ただ、人権とか、人道とか言う21世紀的な価値観から対極的な位置にいるというか・・・ 人権とか人道とかモラルとかは、所詮平時の戯言余裕の産物でしかないのは確かだが、それがあるからこその近代国家だろう、とも思う。何せ、
露大統領 「言論の自由抑圧」で受賞
こういう人だからな~
ただ、これはエリツィン時代のチュバイスに原稿料疑惑が持ち上がった時も、スクープした記者が「謎の交通事故死」を遂げたことからも、プーチン的というよりもロシア的、と言えそうな気もする。さすが、このへんの理論は欧州的と言うより、アジアの専制国家的な色彩が濃い。そして、そんなチュバイスも今や何度も暗殺者に狙われている身ってのが・・・

自衛隊と防衛省から中国・パキスタンに留学へ
まるで防諜意識のない自衛官をそんなところに派遣したら、あっという間に調略されて工作員になって戻ってくるか、必要な情報をガンガン引き抜かれるだろうな~ 駐在武官みたいなのを派遣している暇があるのなら、他にすることがあるだろう。防諜体制の整備とか。
胡錦涛・政権が頭を抱えた「酷い工場」
さすが中共様。俺達の考えもつかないことをやってのけてくれる

・・・とか思っていたら、日本もダメダメだったりして・・・
年金保険料横領、社保庁が全国で実態調査
あのさ、「満員電車の中で痴漢をやったかもしれない」だけで実名が公表されるのに、警察屋さんとか年金屋さんとかのお偉い公務員様方はどんな不祥事があっても実名公表無しですかい? これはいくら何でもアンフェアだろう。
そして、これが社保庁の自前調査だと言うことは実態はもっと凄まじいことになっていることを覚悟せよ、ってことかな。うちの会社だと小口現金でさえ額が合わなかったら大騒動というか、必ず複数人でクロスチェックする仕組みが出来ているのだが・・・
別窓 | 日記・雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<サブカルニュースの詰合 07年06月24日 | 「幻想工房」雑記帳 | 『二四○九階の彼女 II』 読了>>
この記事のコメント
>社会保険庁
これも酷い話ですね。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070624i301.htm
>年金時効撤廃特例法案が成立すれば
そもそも社会保険庁の関係者に調べる気が無い、時効までちゃんと調べなかったという状況で時効何もないと思うのですが。
これだと法案が成立しない場合、同様のケースで、いくらでも合法的に踏み倒せますね。
時効まで知らぬ存ぜぬでいいのですから。
そしてこんなことをしておいてこれです。
http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070624/wdi070624001.htm
この期に及んで始末つけるために予算を増やそうとは、その増える予算分も国民の税金です。
もう本当に甘えるのも大概にしなさいと。
国民を愚弄するにもほどがあります。
2007-06-25 Mon 20:27 | URL | 南斗 #I4t1ZHtI[ 内容変更]
>>時効
加入者の不手際で事務手続きに手落ちがあったのなら、確かに「時効」もやむなしでしょうが、このケースは酷いですね。ずっと訴えてきた訳ですから、「時効」っていうのはもの凄く不親切です。

>>予算
・・・何て言うか、「親方日の丸」の発想ですよね。
民間企業なら、いったいいくつ首が飛ぶか(-_-;)
そもそも、予算は空から降ってくるとでも思っているので、こういうコスト感覚とか全くないですね。
2007-06-26 Tue 00:33 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。