「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2007年度春期アニメ第9週#3
2007-06-02 Sat 03:47
決起の瞬間とか、やっぱ格好いいよな~

ロミオ×ジュリエット」#9 「風の聖痕」#8
「機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ」#9 鑑賞
ロミオ×ジュリエット#9
ジュリエットとティボルドのツーショットを目撃してしまい、煩悩するロミオ。
良いぞ良いぞ、もっと悩め!!(最悪だ
キャピュレット家はジュリエットを旗頭にかつての親衛隊などのキャピュレット家の残党を糾合、モンタギュー家に反旗を翻そうとするが・・・ これって2クールーものだから、このタイミングで決起しても成功するはず無いんだよな~(嫌な先読み
そんなことより、決起集会に臨んだジュリエットの髪型
 ポニーテイルですよ、ポニーテイル!! 結局それか(^^;)
キーポイントはジュリエットの守り役(元親衛隊長)のコンラットの旧友・カミロが持ち込んだモンタギュー大公のお忍び旅程。キャピュレット陣営は、この情報の真偽を巡って意見が対立することになる。
ただ、こういうのって大体、若手の武将たちが急進派で、老臣たちが慎重派というのが相場だけど、キャピュレット家では事情が異なるらしい。モンタギュー大公の暗殺を強硬に進言したのは老臣コンラット。対して、冷静沈着と言うより冷徹と言った方が良いフランチェスコはまだしも、キュリオまでもが慎重派だったのには驚き。
ちなみに、どちらの言い分にも理がある。フランチェスコやキュリオが主張する様に情報の真偽が怪しすぎるのは確かに危険きわまりない。ただ、コンラットの主張する様に大公が城外に出てしまえば容易に討ち取れる上に、決起した以上は行動を起こすのは早い方が望ましい。時を置けば置くほどモンタギューに察知される可能性があるので、一気呵成に動くのも悪い選択ではない。一般論では・・・
結局ジュリエットは「モンタギューのみを討てる」と決行を決断
だが決行寸前、憲兵隊にアジトが包囲され・・・
フランチェスコはこの事態を予見していた様子で、ティボルドに話を通し、ジュリエットを落ち延びさせる手筈を整えてあった模様 ・・・相変わらず、油断も隙もない(^_^;) やばそうなのはコンラット翁か。これって死亡フラグっぽいというか、ジュリエットたちを落ち延びさせるために殿軍を買って出そうな気がするな~
ちなみにロミオは水遊び中、大公は庭師の娘さんと郊外までお忍び旅行
・・・悪意がありすぎですが何か?

「風の聖痕」#8
短編集Ignitionシリーズから、「綾乃ちゃんの災難」
 しかし凄いな、パンチラが
・・・あれ、他に書くことがないも無い様な・・・
ロミオ×ジュリエット」を見た後だと、決行鑑賞し続けるのが苦痛(マゾいな、俺
どうでも良いけど、この作品は作画は凄く好みなんだけど、色が明らかにおかしい様な。どのキャラクターも血色が悪い気がする。てか、この顔色の悪さは、あの伝説の黒歴史アニメ銀盤カレイドスコープ」顔負けでは?
あ、原作『銀盤カレイドスコープ』は文句なしの良作だけど
三度edは「瞬きのキヲク」
・・・まぁ、今回のノリだとベターチョイスか。
次回は原作第三巻より石蕗家編。時系列的にも、「綾乃ちゃんの災難」の直後に持ってくるのは世界だと思う。gonzoとしては珍しい好判断かも。
内容的には男らしい煉くんの活躍が拝める訳だけど、ツンデレ巫女の真由美さんが綾乃の分までツンデレしてくれたらそれでいいや(お

「機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ」#9
今回は、主にフランス連合サイドから
ミラボー家の異腹兄妹がパイロット&トランスレータ。そして案の定、
ギリシアvsエジプト同様、「どっち応援したら良いんだよ?」状態に陥る俺
フランスコンビは兄妹だったが、イギリスのギガンティック・グリフィン6が宿す神像は太陽神アポロ。対するフランスのギガンティック・ディアーヌ7が宿すは月神アルテミス。奇しくも、こちらも兄妹。何とも因果な話である。
ちなみに、戦い自体は盛り上がりようがない
・・・この番組、ロボット同士の戦闘という特質を全く生かせていないよな~
いや、UNの謳い文句どおり戦いそのものは非常にフェアだったし、どちらも騎士道精神溢れた戦いぶりは見事であったと思う。最後に相打ちとなったが、負傷した搭乗者を救うべく両ギガンティックともにコックピットをこじ開けるシーンはなかなか感動できたのだが・・・
しかし、中央国敗退時同様、幕切れはなかなか後味が悪い
物語の中盤あたりでひっくり返すんだろうけど、どうなることやら
別窓 | アニメとか漫画とか | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<光の国からの使者 07年06月01日 | 「幻想工房」雑記帳 | ニュースの詰合 07年05月31日>>
この記事のコメント
>ロミオ×ジュリエット
こちら第8話です。
神父を斬れずに立ち去るジュリェットに、思わず「志村後ろ後ろ!」とか心の中で突っ込んでしまいました。
いえ、あまりにもわかりやすすぎて^^;

真面目に書くと、あの甘さが長所となるのか、短所となってジュリェットを苦しめることになるのか、そのへんも・・・かかれるのですかね、今後。

>風の聖痕
今回はタイトル的にもお笑いネタとは思っていましたが、綾乃はいつもと同じでした(え
つまり、いつもお笑い担当なので、まったく自然に溶け込んでいたというか^^;

>顔色
う~ん、微妙な色まではよくわかりませんけど、白いといわれれば白い気も。
イラストとかと見比べると、ずいぶん違う印象を受けますね。
2007-06-03 Sun 23:01 | URL | 南斗 #I4t1ZHtI[ 内容変更]
>>ロミオ×ジュリエット
あの甘さが、ジュリエットのジュリエットたる所以です
どうやら、あの世界にはキリスト教が存在しないらしい(神父たちは「女神」を崇めている)ので、「悪い奴は悪いんだ」とさっくりと割り切って殺せてしまえる様なメンタリティが一般的ではないのかも知れませんけど。
まぁ、日本人対象のアニメなのでこの辺は日本人が共感しやすい様なキャラクターにしてあるんでしょうね~

>>風の聖痕
>お笑いネタ=綾乃はいつもと同じ に笑ってしまいました。
もう、存在そのものがギャグですからね~
これは、原作にある和麻との直接対決までは続くでしょう
・・・これさえも、お笑いになってしまったらどうしようもないですけど
顔色は、やっぱもの凄く悪いと思います。
日中のシーンはそうでもないのですが、夜間のシーンは際立っている様な
2007-06-04 Mon 20:03 | URL | オジオン #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 「幻想工房」雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。