「幻想工房」の雑記帳。 管理人の頽廃的でデカダンな日々を赤裸々全裸に記録
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「HGジム・コマンド」途中経過 
2006-02-28 Tue 02:40
gm-command picture

とりあえず、晒してみる。
博物館行き直前の携帯カメラの画像ですけど

シールドはまだ塗り分けられていないので未装備
あと、アンクルガードも合わせ目消しができてなくって上半身のみ

よく見ると、マシンガン(マガジン)のヒケがむっちゃ目立つな・・・
あともう一押しで完成かな?
スポンサーサイト
別窓 | 日記・雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今日の散財とか 06年02月27日
2006-02-27 Mon 22:26
やっぱ、連休は良いなぁ~
これから毎週連休だと言うこと無いんだけどねぇ

とりあえず、今日は通勤定期の更新とかをすませることに。。
「PITAPA」に変更しようとも思ったけど、発行に3週間かかるとか。
実戦投入は4月から、という訳です

その後は、いつものパターンです。
ただ、攻略本とか読み終わったライトノベルとか熟成させていた非稼働ZOIDSとか(結構良い値段だった)もろもろ処分して、15000円以上の臨時収入があったので、気が大きくなっていた所為か、いろいろ買いまくった

良いんだ、オジオンは宵越しの金は持たぬ!(お


◆今日の散財
『機動戦士ガンダムSEED-DESTINY the Edge』1~3 (久織ちまき・角川Aコミックス)
the edge
 「the Edge」=アスラン視点 と聞いたとき、
オジオン「何だ、本編そのままじゃん」
とか思っていたわけですが、全然違いました。
久織先生、ごめんなさい<(_ _)> ・・・しかも、まんだらけで中古購入だし
TV版の描写不足を補ってくれているというか、良い感じに補完できてます。
特にアスランとシンについては、圧倒的にこの「the Edge」に軍配が上がります
 良かったのが、ミネルバ内の操縦シミュレータかな。
アスランの記録を抜こうと、シンが「S.A.」の名前で、どんどん記録を積み重ねていっているのですが、アスランはシンの努力に感心しつつ、自分もちゃっかりチャレンジして記録を更新しているあたり、負けず嫌いのアスランらしいシーンになっていると思う。
 あと、TV版では挿入歌「meteor」が流れる中、ほとんどギャグキャラのように無惨に殺されてしまったハイネにもスポットが当たっています。テレビ版の描写だと、「軍の秩序に無頓着なルーズな軍人」にしか見えないですが、ちゃんとハイネを一廉の軍人として描写できている
・・・それだけに、3巻「混乱-conflict-」で見せた、ハイネ機撃墜時のキラの表情が怖い。ハイネ機を虫けらを見るように見下している
・・・やっぱ。キラってどう見ても戦闘を楽しんでいるようにしか見えないよ~
無印のころはさておき、運命時のキラはことごとくオジオンの感情移入を拒んでいるように思う。
てか、アスランが何でキラにもっと突っかかっていかないのか謎。
シンやイザーク相手なら見せる、あの負けず嫌いなところが完全に息を潜めてしまうのが納得いかなかったり。

『機動戦士ガンダムSEED-DESTINY オリジナルサウンドトラック4』(Victor)
destiny soundtrack4
 こ、これはデスティニーやレジェンドの製作意欲を向上させるためのBGMでだね (言い訳は見苦しい
まぁ、1.5割引きだったのも大きかったかも知れないけど、何より大金を手にしていたのがいけなかった気がする。反省

『Missinng 神隠しの物語』(甲田学人・電撃文庫)
missing01
名作の誉れが高かったので。
・・・が、これも中古購入。 いやはや、オジオンは吝嗇漢です。

「ガンダムカラー」アッシマー用&ガブスレイ用
 ギャプラン共々、一気に仕上げるつもりだったけど、ギャプラン用は見あたらず。あとジム・コマンド宇宙用も見あたらない。
・・・今度、日本橋に行ったときはgamersから、恵比須町まで舐めるように関連する全店舗をチェックしていくしかないのかも知れない。
別窓 | 散財 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
『ゼロの使い魔7』-銀の降臨祭- 読了
2006-02-27 Mon 10:20
『ゼロの使い魔7-銀の降臨祭-』(ヤマグチノボル・MF文庫J)  読了
zero7

あ~、何です。
面白ければ何でもokじゃないと思う。
前巻ラストで玉砕を遂げたと思しかった竜騎士達が「奇跡の生還」を遂げる訳ですが・・・ 
何だかなぁ、と。
これがあるから、本来盛り上がるべきラストも何というか、やや白けてしまった感ありです。
ルイズと才人の「価値観の差」もっと言うなら「死生観の違い」にクローズアップできたのは評価できるのですが、上記のような流れですから、むしろとってつけたような感があったり無かったり。
とりあえず、シエスタが死なずにすんでよかった(お
別窓 | ライトノベル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いろいろ出来た 06年02月26日
2006-02-26 Sun 23:50
とりあえず、引き籠もっていろいろ楽しめました。

「機動戦士ZガンダムII 恋人達」(BANDAI VISUAL)  鑑賞終了
dvdz2

 あ~
確かに、あんまり「燃える」シーンが無かったというか。
戦闘シーンの台詞回しも、新規動画も
「おおぅ」と感嘆させられるような印象深いシーンがなかったのが残念かも。
前作では、MK-IIの戦闘シーンが非常によく出来ていたし、
 (MK-IIをロックオンして)
ロザミア「捕まえたよ!」
 (通信機のノイズ越しに)
クワトロ「・・・こちらもな!」
のように、見る者を痺れさせるものがあったのですが。

で、一通り鑑賞した上での感想をとりとめなく
ヒロインたち
 ふれこみではフォウがメインヒロインっぽかったけど、実はスクリーンに登場している時間だけならサラがメインか? とも感じたり。で、この二人、オリジナルから声優が変更されたことで物議を醸していたのですが、感想を
フォウ=ムラサメ(島津冴子→ゆかな)
 あまり違和感が無く、新規の声優さんの演技にも問題は無かったように思う。思い入れの強いファンは色々と思うところがあるだろうけど、声優としての演技力や技量は別問題ではないか。
 ただ、挿入歌「銀色ドレス」がお気に入りだっただけに、まったく無くなってしまっているのがちょっと・・・ 
サラ=ザビアロフ(水谷優子→池脇千鶴)
 オジオンは池脇千鶴が好きだ。
少なくとも、三次元人としてはかなり好きな方(お
ただ、サラというキャラクターに合っているのか、と言われると全くと言っていいほどあっていないし、残念ながら池脇千鶴の声優としての技量も水準を大きく下回っているものと言わざるを得ないと思う。特にサラに思い入れがないのだが、納得できない声優変更である。
ファ=ユイリィ
 声が変わったかのような印象を受けるのは自分だけか?
TV版の時は「いっぱいいっぱい」を地でいくような、ある意味余裕のない演技だったが、非常に「上手くなった」と感じると同時に、あのいっぱいいっぱいボイスがお気に入りだった身としては、非常に残念というか。新規作成部分と、旧作部分でキャラのイメージがかなり違っているようにも思うので、監督の中でファに対する見方に変化があったのかも知れないけど

細かい描写が良い感じ
 ハイザックを無力化しようとして、機体ごと爆発させてしまうカミーユに対して、ランドセルのみをピンポイントに破壊してみせるアムロ。
カミーユとアムロの技量の差を上手く描写できている良いシーンだと思うけど、TV版からカットされずに残っていたりしたのは好印象。他にも、ウォンさんがシンタ&クムに自販機のジュースを買い与えるシーンは個人的にお気に入りだったので、残っていて嬉しかったかも。

ヘンケン艦長&エマ中尉
ヘンケン「脈をつけるのが男の甲斐性ってもんだ! 」
格好いいよ、ヘンケン艦長!
とにかく、この二人の新規作画部分は良かった。
エマさんも新規作画部分はかなり気合いが入っていると思う。
この二人・・・ ハッピーエンドになるかな?


で、「Zガンダム」見ながら、プラモ作成
「HGUC ジムコマンド」
gm-command

 毎度のごとく、完全素組み+合わせ目消し+全面塗装
細部を除いて、ほぼ塗装終了

「HG ソードインパルスガンダム」
hg.sword-impulse

 赤+灰色部分(スカートとか肩部)以外は、塗装終了。
エクスカリバー対艦刀の塗装も終わってなかったっけ、確か。
あとは、脚や腿部分の付け根を削り込んで、可動範囲を広げるくらいか?
ただ、やたらヒケが多い・・・
腿部(内股部分ダボ)と、ソードシルエット基部のヒケがとにかく凄い。
サフで埋まるかと思ったら、甘かった。

・・・って、何でZものが一つもないんだろ、我ながら
別窓 | 日記・雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
明後日から連休 06年02月24日
2006-02-25 Sat 01:56
明後日から連休!!

が、本日回覧されてきた社内メールによると、4・5月ごろに軽く死ねそうな
業務予定だったので、ちょっと仕事を先取りしておく必要が
ありそうなだと感じる日この頃。

「三國志11」発売日が迫っているというのに、難儀なことです。

巡回先の皆さんは「戦国無双2」を楽しんでいらっしゃるようですが、
これ以上積みゲーを増やすのもアレですし・・・
って、着実に積みプラを発生させているのはどうしたことでしょう(お

で、そろそろ積みプラを消化しないと行けないので、作業中。
「HGソードインパルス」の塗装に取りかかっております。
・・・が、関節挟み込みが地味に面倒というか・・・

通勤中は『三國志 正史と小説の狭間』(満田剛・白帝社) を攻略。
これ、想像以上に素晴らしい内容かも。
とにかく、陳寿が『三國志』編纂の際に典拠としたであろう一次資料(史書)に対する考察が鬼のように凄まじいです。何というか、タイトルで随分損をしているような印象があります。
・・・本当に何とかならなかったのだろうか
別窓 | 日記・雑記 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
『紅牙のルビーウルフ2』 読了
2006-02-25 Sat 01:42
『紅牙のルビーウルフ2』(淡路帆希・富士見ファンタジア文庫)  読了
rubywolf2

 新人賞受賞後の第2弾。
創世神・ロゥヴァースが残した自身の身体の一部「神具」。
その創世神の本体とも言われる「全知の書」が発見される件から物語が始まるが・・・
「神具」を奉ずる諸国家=神国としては、グラディウスやトライアン以外にもサルヴロースが登場。また、創世神への信仰心を持たない無神国家であるリゼリルが登場し、神国間の離間を図ろうとするなど、良い感じに世界が広がってきている感じ。

・・・だが、作品の終盤あたりは展開がぐちゃぐちゃ
もう、何というか主人公であり、グラディウスの国主であるルビーウルフの行動が致命的に軽率というか何というか。敵対国の主城に一桁の供回りで乗り込むなんて、言語道断。
しかも、主人公・ルビーウルフのグラディウス王国は、ルビーウルフ以外に王家の血統を受けつぐ人間が居ないので、彼女が横死すれば王国が乱れ、下手すれば滅亡する(前巻で、彼女の即位以前の王国の荒廃ぶりをこれでもかと描写している)。
その点に思い至れば、そういう行動はとれないはずなのだが・・・
帯の煽り文は「野蛮で結構! 最高の誉め言葉だ」なのだが、
野蛮は結構だが、国主として軽率に過ぎるのはいかがなものかと思う

個人的には、前巻からの成長がほとんど見られないので、マイナス評価。
仮に次の巻でも成長が見られないようなら、購入検討から外すつもり。
別窓 | ライトノベル | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
今日の散財 06年02月24日
2006-02-25 Sat 01:02
こんにちは、
出勤前にガンプラ購入がデフォになりつつあるオジオンです。
もうね、社会人として廃人間近というか、既に廃人というか。

◆今日の散財
「HGUC パラスアテネ」(BANDAI)
palace-athene

 ついに来たぞ、パラスアテネ。
「フル装備可能」の御利益か、結構売れ行きが良かったように思う。
まだパーツ割りとか確認していませんが、黄色の成形色が微妙かも・・・
ぶっちゃけ、調色が面倒そう(お
ジオのカラーを流用できれば良いんだけど、とりあえず積み
(またかよ

「機動戦士ZガンダムII 恋人達」(BANDAI VISUAL)
dvdz2

 帰宅後、郵便ポストに入っていました
って、おいおい、誰かにとられたらどうするつもりだ、佐川急便。
本当、いい加減にして欲しい。
いや、面倒だからいちいちクレーム電話しませんけど。
とりあえず、これ見てから第3部くらいは劇場で見ようかな、と考える次第。
別窓 | 散財 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
今日の散財とか 06年02月22日
2006-02-23 Thu 04:52
◆今日の散財
『ゼロの使い魔7-銀の降臨祭-(ヤマグチノボル・MF文庫J)
zero7

 とりあえず、シリーズ買い。
何か、急にシリアス展開になってきていますが、前フリがやや弱かった所為か、唐突な感を拭えないのが正直な印象。てか、読者(大部分は男性、のはず)は、
読書諸兄「ええい、戦争はいい! ○○たんを映せ!!」
って心境なのだろう。
○○に何が入るかは、読者それぞれ違うと思いますがけど。

追記:黒犬さんへ
 随分前にコメントを頂いていたみたいですが、今日気づきました
お許し下さい orz
ただ、次からは「comment」から書き込み頂くと、見逃しは少なくなる
(いや、それでも見逃しがちですが)ので、できましたらそちらの方からの書き込みをお願い致します。
別窓 | 散財 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『人はなぜ戦うのか』 考古学からみた戦争 読了
2006-02-23 Thu 04:03
『人はなぜ戦うのか』-考古学からみた戦争-(松本武彦・講談社選書メチエ) 読了
archeology
『人はなぜ戦うのか』 考古学からみた戦争 読了…の続きを読む
別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『煉獄のエスクード3』 読了
2006-02-23 Thu 03:02
『煉獄のエスクード3』(貴子潤一郎・富士見ファンタジア文庫) 読了
escude3

 闇の世界の住人・魔族と教皇庁の暗闘を描く、シリーズ第3弾。
舞台は1巻と同じく日本ですが、実はメインはほとんど「夢の世界」。
西暦1209年、魔族の君主である、3人の"ロード"たちの会合がメインになりますが・・・

 おいちょっと待て、13世紀に「ミスリル」はちょっとまずいんじゃ?
「ミスリル」の初出は、『指輪物語』(エルフ語で「灰色=Mith」「輝き=Ril」 映画に登場した伝説の剣も「アンドゥリル=西方の焔」)ですから、どう考えても、20世紀までそんな言葉はないはずなのに・・・
アルフェルム様は未来人でしたのね(お

 ちなみに、今回もエロが健在。
てか、アルフェルム様がエロ過ぎるというか何というか。
でも、ホモだからな、この人(-_-)

 新キャラは・・・ ほらアレだ、ちょっと微妙すぎるというか
ただ、この「過去編」で、かなり物語の核心に近づいてきているのは確か。このまま、突っ走って欲しい。てか、ライトノベル作家なら、少なくとも4ヶ月に1冊出さないと、埋没していってしまうと思う。
高瀬彼方先生とか、定金信治先生みたいにさ
別窓 | ライトノベル | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
『アスラクライン』1~3 読了
2006-02-23 Thu 02:44
『アスラクライン』1~3(三雲岳斗・電撃文庫) 読了
asura

 ある意味ミドルティーン向けのライトノベルの王道的存在?
学園ラブコメ色が前面に出ているな、と思わせておきながら実は、意外とオカルト色というか、SF色が濃厚。
・一度破滅を迎えた後の、"二巡目の世界"
・一巡目の世界(オリジナル)に存在しなかった介入者"悪魔"
・"悪魔"との"契約"(コントラクタ)で誕生する、異形の"使い魔"(ドウター)
・科学にオカルトを加味した"黒科学"
・"悪魔"の力を黒科学で再現した異形の"機巧魔神"(アスラマキーナ)
・"機巧魔神"(アスラマキーナ)を駆る演操者(ハンドラー)
・"機巧魔神"(アスラマキーナ)の起動に必要な、"副葬処女"(ベリアルドール)
この辺は、作者の三雲岳斗先生の得意分野。まぁ、最近は『カーマロカ』とかで平将門を取り上げたりしているので、ライトノベル作家から早めにランクアップしたい様ですけど。
 SF・オカルト面でも、特に機巧魔神の設定は秀逸。現在の所4体が確認されているが、いずれも金属や鉱物の名前が冠されていて、
"翡翠"、"藍銅"、"白銀" そして、主人公智春の駆る"黒鐵"
演操者(ハンドラー)の影から召喚するシーンと言い、格好良さ申し分ない。
てか、黒いロボ=ブラックオックスです(え

 が、メインはやはり学園ラブコメだと認めざるを得ない。ちょっとぶっ飛んだ設定に目を瞑れば結構イイ線いっていると思う。
ヒロインたちの配置やキャラ立ても素晴らしいが、一番良い味出しているのは主人公の夏目智春じゃないだろうか。思春期の性欲を持て余し気味な智春の、女の子を見る視点が妙にエロいのですよ。が、非常に抑制が利いているというか。その辺のバランスが絶妙というか。

 解明されていない謎もいっぱいあるし、キャラについても色々と掘り下げられる要素が残っているので、今後に期待と言うことで。以下はキャラ別ネタバレ。

・夏目智春(主人公)
 上記の通り、非常に良いキャラ。
天才肌への兄や破天荒な母親との距離感が素晴らしい。
心の中のツッコミの鋭さも魅力かな

・水無神操緒(幼馴染み・幽霊)
 機巧魔神"黒鐵"の"副葬処女"(ベリアルドール)。
ヒロインの中では嫉妬担当か? 一応、メインヒロイン?

・嵩月奏(ヤクザの元締めの娘・巫女・"悪魔")
 炎を操る"悪魔"族の姫 普段の天然ボケぶりと、
文字通り火の出るような激しい戦いぶりのギャップがツボ。
オジオンイチオシ。てか、智春との"契約"(コントラクタ)まだ~?(死

・黒崎朱浬(機巧化少女・先輩)
 不敵かつ無茶苦茶な外面の割に、実は意外と一杯一杯な内面。
この辺のギャップが魅力か。双子の妹に紫浬がいるが・・・
双子キャラのお約束通り。てか、「水夏」第一章を思い出した。あれは良い修羅場・嫉妬の宝庫だった(死
別窓 | ライトノベル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
久しぶりに更新  06年02月20日
2006-02-20 Mon 19:07
休日なのに雨~
しかも、日が暮れてから晴れて来るというのは・・・
日頃の行いが良すぎる所為でしょうか、神様?
(天罰

とりあえず、久しぶりに「幻想工房」本体を更新
「名言」に『聖戦ヴァンデ』(藤本ひとみ・角川文庫)を追加。
第一部をupしてみたり。

この小説に登場しているニコラ・ラザール・オッシュこそ、
簡鍛子玉さんからの「歴史バトン」で挙げた「オッシュ将軍」です。
史実では、ルイ・ラザール・オッシュですが、
小説では、ファーストネームがニコラに変更されています。
何でやねん?
と思っていたのですが、台詞を整理していて把握した。
ルイだと、国王陛下と名前が被る、ってのが一番の理由じゃないか。

小説自体は、大革命期を扱ったものとしては最高峰の出来かと。
とにかく、フランス革命ってわかりにくいから。
高校生に教えたことありますが、さっぱり理解してもらえなかった(-_-)
「第一次対仏大同盟の結成とフランス軍の劣勢から、外国勢力の侵攻を恐れたフランス国民、とくに私有財産を持たない無産階級はモンターニュ派を支持し、公安委員会への権力集中によって危機を乗り越えようとした。モンターニュ派はギロチンを用いた恐怖政治の一方、封建的特権の無償廃止によって小作農に農地を分割したり、アマルガム法を制定して徴兵制を敷き、優れた下士官を高級将校に抜擢するなどしたため、全ての戦線においてフランス軍が優位に立つようになった。
だが、強権的な革命遂行に対するモンターニュ派への反感は拭いがたかった。また、モンターニュ派によって有産階級となったかつての無産階級の人々もこれ以上の革命遂行を望まなかったため、テルミドールの反動によってロベスピエール等は処刑された」

・・・判るわけ無いか、俺の説明が下手すぎるから
別窓 | 日記・雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ライトノベル汚染度チェック
2006-02-20 Mon 01:53
ここで、チェックしてみました。

因みに、以下がオジオンの診断結果です。

ランク:A
偏差値:61.3
順位:102位 (819人中)

あなたは特定のレーベルにとらわれず、多くの作品を読んでいる、かなりのマニアです。きっと、新人賞作家や、マイナーレーベルのチェックも怠らない徹底ぶりですね。 既にライトノベルを読むことが生活の一部になっていますね。今までに読んできた膨大な量のライトノベルで、部屋が傾きつつあるかも。床に置いたビー玉が転がりだしたらピンチですよ!


・・・もう、ダメぽ orz
別窓 | 日記・雑記 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
今日の散財  06年02月19日
2006-02-20 Mon 00:42
とりあえず、8時出勤~17時退勤の地獄の勤務は終わった。
普段は半夜勤であるだけに、この勤務時間はきつい・・・

明日は休みなので、ぱっーと散財してきました(お
『アスラクライン2』(三雲岳斗・電撃文庫)
asura2

『アスラクライン3』(三雲岳斗・電撃文庫)
asura3

 気まぐれで読んでいた「1」が予想以上に面白かったので、ノリで購入。
詳しくは、攻略済みの書評の方で。いや、俺は奏お嬢様さえ登場してくれば(死

『煉獄のエスクード3』(貴子潤一郎・富士見ファンタジア文庫)
escude3

 私が本気でポルノに特化した小説を書いたらこんなものじゃないぞ
と豪語してやまない、貴子潤一郎先生の人気シリーズ。何か、帯の煽り文句がイタすぎるけど。オジオンとしては、短編集の方に光るものを感じたのですが、とにかく遅筆病の重症患者だった先生が、ライトノベルのラインっぽい執筆スピードになって来つつあるのは瑞兆。
 
『紅牙のルビーウルフ2』(淡路帆希・富士見ファンタジア文庫)
rubywolf2

 前巻がそこそこ楽しめたので。
しかし、『七人の武器屋』に続編が来るとは思わなかった。あれって、どの辺が評価されたんだろうなぁ? ストーリー構成にも、台詞回しにも何ら見るべきものがなかったと思うのですが。

あと、最近フォーセリア分が不足しがちなので『牧歌の国の魔法戦士』(水野良・富士見ファンタジア文庫)が新発売されたのを機に、リウイシリーズを購入してみようと思ったが・・・ 無理だった。
何か、自分が求めている「ソード・ワールド」の世界から大きく逸脱してしまっているというか。初期の頃の雰囲気を伝える作品が出版されないものかねぇ~
てか、清松みゆき先生が『混沌の大地V』を発売しないのが全ての元凶だと思う(マテ
別窓 | 散財 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
やっちまったぜ!  06年02月18日
2006-02-19 Sun 01:10
出勤後の職場で気づいたこと。
・・・財布忘れた

ウルトラ級の大ちょんぼをかましてしまいました。
で、こういうときに限って不幸は重なるもので

ボ  ス「三宮事業所の担当者が倒れた。悪いけどフォローして」
オジオン「はい? いや、電車賃・・・」
ボ  ス「あとで請求すればいいでしょ?」

・・・とほほ。
泣く泣く、事業所長に英世一枚を借りることに。
小学生か、俺は(-_-)
別窓 | 日記・雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鵠(クグイ)だ、あたしも戦うぞ! 06年02月16日
2006-02-17 Fri 03:02
あー、今日は伏見事業所に直接出社したオジオンです。

とりあえずamazonに、例の御本を送り返してやりました。
正直、人を馬鹿にするにもほどがあると思うのですが、
 DVD「劇場版ZガンダムII 恋人たち」
は安いので、これだけは買わせて欲しい
(わがまま
「三國志11」は、適当に通勤途中にでも梅田ヨドバシで購入するつもり。
ポイントもつくことですし

『人はなぜ戦うのか』(松本武彦・講談社選書メチエ) 攻略中
 明日までには読み終わりますので、レビュー予定。
いや、何ヶ所か
オジオン「そりゃおかしいだろ、さすがに」
ってツッコミどころがあるのですが、それも愛嬌です。

ちなみに、タイトルの =白鳥の古語 です。
何でこんな話になっているかというと、南斗さんのところで
話題に上っている、ヤマトタケルからです。
いろいろと話題性のある人物ですが、彼が最期は白鳥となって天に昇ったのは有名な話。ただ、当時は「白鳥」と呼ばずに「鵠」と呼んでいたはずなのです。

・・・で、
カガリ=ユラ=アスハ
 「カガリだ、あたしも戦うぞ」(「連合vsザフト」キャラ選択時台詞)
と掛けてみました。 クグイとカガリ、語感が似てませんか?
(似てません

カガリルートって、南太平洋ステージが無茶苦茶燃えるんですよ!
何せ、敵にイージスが3機同時出現するから
(関係ない
別窓 | 日記・雑記 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
『信長は謀略で殺されたのか』 読了 06年02月15日
2006-02-16 Thu 04:09
『信長は謀略で殺されたのか』(鈴木眞哉&藤本正行・洋泉社新書y) 読了
honnouji
『信長は謀略で殺されたのか』 読了 06年02月15日…の続きを読む
別窓 | 読書 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
『灼眼のシャナXII』 読了
2006-02-15 Wed 00:37
『灼眼のシャナXII』(高橋弥七郎・電撃文庫) 読了
shana12

 まぁ、何です。結論から言うと
二巻連続でお預けはちょっと酷すぎるんじゃないか? と。
オジオンが期待していた要素は悉く不発というか、不完全燃焼というか。
とりあえず、進展したことと言えば(ネタバレ反転
・吉田さんもシャナも、吹っ切れた?
  「紅世」と関わりのない吉田さんの不利が指摘されてきたけど、
  これでシャナと対等になれたというか、シャナが圧倒的に不利か?
・オガちゃん、田中栄太と結ばれる
  よかった、本当によかった。
  モデルの緒方竹虎は池田勇人とかとの関係が深かったんだけど

何か期待していた分、失望が大きいというか。 
別窓 | ライトノベル | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
今日の散財 06年02月14日
2006-02-15 Wed 00:17
◆今日の散財
『三國志 正史と小説の狭間』(満田剛・白帝社)
seisi-engi

 簡鍛子玉さん のご紹介。
サブタイトルが香ばしすぎるので、敬遠しておったのですが、
手に取ってみればなかなかの良著っぽかったので、購入決定。

・・・が、紆余曲折があったりします。ことによると係争中?
実は、これ2/13日深夜にamazonで注文していたのです。
が、朝起きてみると
>クレジットカード会社より認証されておりません
のメールが届いていました。
 オジオン「ああ、またamazon病が発症してるよ」ヤレヤレ
金輪際amazonなぞ使うものか、と帰宅中に紀ノ国屋で購入したのですが・・・

帰宅したら、こんなメールが
>ご注文の発送
もうね、俺もamazonもとことん間が悪いな、と。

で、とりあえず返品メールを送りました。
受け付けられなかった場合は、仕方ないから購入するしかないよなぁ~
もし、不幸にして購入するしかなかった場合、こちらにいらしている方で、
ご希望の方にお譲り(送料までは負担しかねますけど)するしかないような・・・
どなたか、引き取ってくださいますか?
別窓 | 散財 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
いろいろとありました 06年02月14日
2006-02-14 Tue 23:58
今日は病み上がりながら、いろいろとありました。
え、カカオ由来の固形菓子について? 
  あんなもの、食する価値もないですよ!(血涙

またまたご冗談を
 部門会議@京橋事業所に参加。
・・・
で、何かのまちがいらしくて俺が事業の統括者になってますよ?
 ハハハ またまたご冗談を(AA略
何です、うちの会社って、もう事業投げてるんですか?
それとも、洒落にならないくらいの人材難に苦しんでるんですか?
俺に統括者を任せるって言うのは、
 コーエー「三國志」で糜芳に都市太守を任せる
のと同じくらい無謀なことだと思いますけど?

神の子
 会議終了後、各種打ち合わせを終えて、豊中事業所配属の先輩と
ダベりながら、西宮事業所まで移動。
 オジオン「電車内で何をしてますか?」
 先  輩「ほとんど寝てますね」
 オジオン「いや、寝過ごして終電でG山駅とかM野まで行ったことが」
 先  輩「いや、終点の出町柳まで寝過ごしたことありますよ?」
・・・強者だよ、この人 ガクガク

 で、事業所到着後、凄いことが判明した。
うちにいらっしゃった新規のお客さんが、どうも神の子らしい。
いや、オジオンの頭がイカレちゃってる訳ではなくてですね。
どうも、お父様が現役中に「神様」と称えられたあのお方だとか。
 オジオン「まじですか?」 ←かなり以前からのファン
 事業所長「俺、明日はサイン用色紙持ってくるわ」 ←この人も虎党

世の中、嘘みたいな話が本当にあるようです。
でも、うちの会社は人員配置についてはもう一度考え直した方が良いと思うぞ
別窓 | 日記・雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ここ最近の散財 06年02月13日
2006-02-13 Mon 18:28
とりあえず、錦楼くんに教えて貰うまで、気づかなかった orz
『もっけ5』(熊倉隆敏・アフタヌーンKC)
mokke5

例によって、まだ読めていません。
それに、ほぼ一年=一冊ペースでしか刊行されないから、勿体ないし。
急がず、じっくりと読んでいきたいですね。
別窓 | 散財 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
助けてください、○○○少佐!! 06年02月13日
2006-02-13 Mon 18:21
折角の休日ですが、体温37℃以上  orz

昨日から、ずっと布団の中で寝ているのですが、回復の兆しが
見られないので、布団の中から書き込み。
ああ、「HGソードインパルス」組み立てる予定だったのに・・・
別窓 | 日記・雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今日の散財 06年02月10日
2006-02-11 Sat 01:53
出勤前にガンプラを買うほど、大胆不敵になったオジオンです。
だって、今日は事業所に出勤しても上役居ないし(お

「MGネモ」(BANDAI)
mg-nemo

いよいよ、期待のネモがリリースされました。
これで、MGではメタスをのぞいてアーガマ隊がコンプ出来たことに。
しかしティターンズのMSはハイザックしかないのが・・・
箱は意外にコンパクト。
箱絵の方は何というか、近年のガンプラの例に漏れず力入りまくり。
これでもかってくらい、汚しとかハゲちょろけとか施してある。
箱絵に満足しつつ、とりあえず積み
(ダメだ

『信長は謀略で殺されたのか』(鈴木眞哉&藤本正行・洋泉社新書)
honnouji

久しぶりに、まじめ系の本を読んでみることに。
サブタイトルは「-本能寺の変・謀略説を嗤う-」・・・すげぇ、挑発的だ(^_^;)
しかし、こういった「謀略説」を真っ向から否定する著書ってのは今まで無かったんじゃ?
(少なくとも大衆向けの新書シリーズでは)
歴史談義していて時折見かけるのが、史実と自分の妄想に区別がついていない方。
まともに史料とかにあたって居ないのに、結構自信満々に主張されますからね~
あと、史料の曲解とか、その曲解した二次資料の早合点とか。
「三國志」関連なら、 「劉備は無能者」 「魏延は諸葛亮にいびられた被害者」とかね。
もちろん 史実=事実(真実) じゃないのは百も承知。
それでも、やっぱ良質史料の裏付けが無い場合は、ちゃんとそれを断った上で
「あくまで自分の妄想である」ことを断っておくべきだよな。

で、いつもの鈴木節&藤本節でバッサバッサと妄説・珍説を薙ぎ払って欲しい
別窓 | 散財 | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑
今日の散財 06年02月09日
2006-02-10 Fri 03:27
灼眼のシャナXII(高橋弥七郎・電撃文庫)
shana12

 前回、無茶苦茶中途半端なところでお預け食らっていますからね~
シャナvsフィレスには勿論期待。どっちも思い人が懸かっているのですが、
この二人の思い人は全く別人ながら、同時には成就できないのがポイントかも。
あと、これに吉田さんがどう絡むかですね。
 で、密かに気になるのはマージョリーvsヴィルヘルミナかな?
おそらくこの巻でマージョリーは坂井悠二が「銀の炎」持ちだと気づくはず。
長年探し求めてきた仇敵を前にすれば、彼女の性格からして自制は利かないでしょう。
で、ヴィルヘルミナがこの行動を看過するかどうか。
「愛娘」シャナを惑わす坂井悠二は面白くない存在でしょうが、かといって情け深い
ヴィルヘルミナが、シャナが悲しむことを判っていて、マージョリーの行動を
看過するとも思えない。 う~ん、楽しみだ

『キーリVIII』死者たちは荒野に永眠る(壁井ユカ子・電撃文庫)
kiri8

 こちらは、いよいよシリーズ最終巻のはず。
「I」から順調にクオリティが低下していっているようにかんじるけど・・・
この辺は好みの問題か?
って、「VII」未読のままだよ orz
別窓 | 散財 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『異戦・関ヶ原』七.戦国挽歌 読了
2006-02-10 Fri 02:58
『異戦・関ヶ原』七.戦国挽歌(中里融司・学研歴史群像新書)  読了
isen7
長かった「異戦・関ヶ原」シリーズもついに完結。
『異戦・関ヶ原』七.戦国挽歌 読了…の続きを読む
別窓 | 読書 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
謎の深まる木曜日  06年02月09日
2006-02-10 Fri 02:30
皆さんお元気ですか。
木曜日は非常に謎な勤務態勢であることが判明したオジオンです。

で、本日のオジオンの動き

13:30 西宮北口事業所に出勤(勤務時間は14:00より)
     本部業務
15:00 伏見事業所に向け移動開始
     電車を乗り継いで移動(=読書時間)
16:45 伏見事業所に到着
     事業所業務
22:15 伏見事業所を退勤

・・・何か、もの凄く無駄が多いような。
まぁ、読書時間が増えてオジオンとしては否やがないのですが、
問題は、ひょっとしたらこれは肩たたきかも知れない、ってことか。
仕事は大嫌いですが、失業したらオタ趣味の元手が無くなるしなぁ~
別窓 | 日記・雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
『異戦・関ヶ原』六.天下燃ゆ 読了
2006-02-08 Wed 01:55
『異戦・関ヶ原』六.天下燃ゆ(中里融司・学研歴史群像新書)  読了
isen6
『異戦・関ヶ原』六.天下燃ゆ 読了…の続きを読む
別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新年度の火曜日 06年02月07日
2006-02-08 Wed 01:13
新年度より、火曜日の業務が信じられないくらい楽になりました。

いや、本当に
オジオン「こんなに楽で良いんだろうか?」
とか思っちゃうくらい。
てか、暇になる=肩たたき とか思っちゃいそうなくらい。

それまで、自宅に持ち帰ってこなしていた業務を職場でこなせる!
これは大きいと思う。
しかも、毎木曜日は伏見事業所詰めになるので、ますます楽。

よし、これで一気に積みプラ消化を!

・・・無理っぽいけど。
別窓 | 日記・雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
無為の休日 06年02月06日
2006-02-08 Wed 01:08
下記の通り、呑み会翌日は、二日酔いにのたうち回ることになる。
頭が割れるように痛むのです。

その度に、
オジオン「次こそは、酒を飲むまい」
と心に誓うわけですが、なかなかそうはいかないのが現実。

てか、三十路が見えてきた年代で、しかも下戸でもないのに、
オジオン「お酒飲めないんです」
とか言えやしませんから。

とか、そういう状態でしたので、本を読んだりするのがやっと。
後は、パソコン仕事を延々と。

嗚呼、休日が無為に過ぎていく
別窓 | 日記・雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
呑み会 06年02月05日
2006-02-08 Wed 01:04
何日も経ってから、日記をつけてみる。

とりあえず、9時から18時まで拘束されたのが痛かった。
で、呑み会(歓送迎会)が20時~22時からだったので、余計疲れた。

呑み会自体は楽しかったし、お代も安かったので満足。
・・・だったが、オジオンは酒の弱い。
飲めないことはないけど、そのつけが一日後に巡ってくるという
別窓 | 日記・雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 「幻想工房」雑記帳 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。